2018年の暮らしぶり

吉田あきらの2018年をつづります。

メルマガ登録(解除)はmagazine●akirayoshida.comまで。
(●→@に変更してください)

Sponsored Link

2018年9月24日

今日の吉田のメルマガ、読んでくれた方はご存知かと思いますが。

→吉田のメルマガ希望の方はmagazine●akirayoshida.com(●→@に変えてね!)まで「メルマガ希望」と「お名前」をメールください。

ライブ中の『撮影』について。

TOZYさんがツイートしてました。

デリケートな時代。

TOZYさんは言葉を選んで、想いを伝えてくれました。

この類いには「答え」はないよね。

ルールは定めにくいし、マナーなんてこの時代もはや死語。

みんなで考えようぜ。

撮影される側の俺としては、

「ご自由に。ご自身の美学にしたがってください。」と。

SNSで拡散されるの、全然イヤじゃないもんね。

ただ、その撮影の仕方が下品でダサく、ムカつく場合や悪意を感じる場合は許しません。

 

2018年9月23日

神戸空港

名古屋→大阪→神戸の3連チャンライブを終えて。

カメラでたくさん写真を撮るはずが、ほとんど撮りませんでした・・。

飛行機で東京に戻りました。

はじめてのスカイマークでした。

安くない・・・けど、安いよねー!

 

2018年9月22日

3人のホーム『高架五拾七(coca57)』

神戸の高架五拾七で、TOZY・城領明子・吉田あきらでした。

高架五拾七はこの3人のホームです。

音楽は”空間”で楽しむもの。

自宅でもドライブ中でも通勤中の電車内でも、”空間”が音楽に影響を与えます。

高架五拾七で奏でる歌とギターとピアノ(と、あきちゃんのサックス!)は、高架五拾七の素晴らしい”空間”がプラスされて極上になります。

 

 

TOZYのギター、GIBSON ES-355

TOZYの自慢のギター、GIBSONのES-355を弾かせてもらいました。

ES-355とは、ES-335にビグスビーのアームがついたもの、であります。

かっちょいいなー!!

弾くのが楽しいギター。

ピッキングの強弱が付けやすい。

アームの付いてない、ES-335が欲しいなー。

もうギターなんていらないなんて、言わないよ絶対♪

 

ライブ後は・・・


3日間ご一緒だったTOZYさんの相棒ギターを眺めながら、いつも本当によくしてくれる城領明子に感謝をしながら。

次回は12月8日(土曜日)にまた高架五拾七でやろう!ということになりました。

 

2018年9月21日

城領明子

大阪梅田のサードストーンで、城領カレーなイベントにお呼ばれしました。

 

 
久々にJR天満から扇町公園を歩きました。

関テレやーん!

懐かしいなー!!!

 

 

城領明子、TOZYとの素敵ナイト。

みんなありがと!

城領カレー、美味しかった!
とてもやさしいお味でした。

ライブでは、城領明子の新曲(初披露)を一緒に演奏して冷や汗をかきました。

 

2018年9月20日

TOZY

名古屋は上前津ミュージックバーボブで、渡部裕也さんにお世話になりましたー!

ご一緒の第九(大工!)さん、TOZYさんと4人で素敵ナイトを楽しむことができました。

上前津ミュージックバーボブはベーシスト・チロリンさんのライブの時、ギタリストとしてお邪魔しました。

ソロでお邪魔したのは今回が初めて。

可愛らしい、居心地の良い空間でした!

チロリンさんと一緒に食べたうどん屋さんは休みでありました。

 

 

2018年9月19日

明日から!

名古屋→大阪→神戸→と3連チャンライブ!

先日我が家にやってきたおニューのスーツケースに荷物や機材をぶち込んで支度してました。

「どれくらいの荷物入れられるかな・・・」

ということで、色々とやってみました。

旅の極意は軽くて少ない荷物で行く!ってことはじゅーぶんわかってますが。

でも。

動ける範囲で色々と持って行くのもまた、楽しいのです。

おニューのスーツケースには、『滞在先やその辺の路地裏、公園などで歌&ギターの簡易的な同時録音が可能なモバイルレコーディングセットなども入れることができる!』ということがわかりました。

が。

体重計でスーツケースの重さを測ったら30kg近くあってガクゼンとしました。

今回はそーゆーのやめにして(旅の極意は軽くて少ない荷物!)、極力スッカスカにして行くことにしました。

何がアレって、MacBookとNIKONのデジカメがおもでかい。

今回の旅で、写真撮影の経験値を上げたいのです。

 

2018年9月18日

読書の秋。

ということで。

先日から三島の「肉体の学校」を読んでます。

それに加えて。

いよいよ『歎異抄(たんにしょう)』と『武士道』(両方とも岩波文庫!)も読み始めました。

相当ゆっくり読むつもりです。(1日半ページくらい。続けて読もうとしても、脳みそが疲れてすぐに寝落ちします。)

『聖書(旧約・新約)』と合わせて、『歎異抄』と『武士道』は人生の後半を共に過ごすことになるでしょう。

これらに付随する不朽の名著にも触れたいなー。

 

2018年9月17日

昨日と今日と、自分の新しい作品について色々と考えてました。

今後、俺の音楽制作は『創作』と呼ぶことにしました。

で。

いよいよ。

長年の構想である、

『CD付き写真集』

という”モノ”を『創作』することにしました。

写真集であり、詩集であり、インテリアでもある作品をリリースします。

 

2018年9月16日


長年愛用してきた「新改訳聖書」が新しくなった!!

それは歴史的な出来事です。

ということで、新しいやつが我が家にやってきました。

聖書はクリスチャンじゃなくても楽しめる書籍です。

久々に三島もやってきました!

もう、読書の秋ってサイコー!!

 

2018年9月15日


我が家の近所にある藤原照康刃物工芸の包丁が我が家にやってきました。

碑文谷八幡宮のお祭りの時期に半額になる、という素敵な包丁。

「切って美味しくなるモノに使ってください!」

と。

「味が全然変わりますから!」

と。

さて。

俺の味覚はいかに・・・。

 

2018年9月14日

ちょっとした締め切りに追われております。

俺が嫌いなものに、

  • 寝不足
  • 二日酔い

がありますが、もはやそれを上回る存在が締め切りです。

「時間を守れ!社会人だろ!」

「タイムマネジメントはビジネスマンに必須のスキルだ!」

などといった類いの本をたくさん読んだ30代でしたが。

40代となった今、

「だったら社会人などにならなくて結構。我に俗は不要なり。」

という気分です。

 

2018年9月13日

北海道の友人に、

「なんか必要なもの、送らせて!」

とメールすると、

「いやいや!全然被災してない!」

と安心の返信。

そして、

「むしろ、こっちが秋刀魚を送りたいくらい!」

と。

即座に感謝の気持ちと、住所をお知らせし、

「急がないから!ゆっくりでいいからね!秋刀魚大好きだからね!」

と伝えたのでした。

 

2018年9月12日

毎日ガットギターを弾いてます。

左足を足台に置き、左太ももにギターを乗せて弾くのが、オーソドックスなスタイルです。

そーすると。

明らかに腰や背中がキます。

なので、こまめにストレッチやヨガをするようにしています。

ギターで体がゆがむとしても、毎日ストレッチやヨガをすることは健康的だなーと思うのでした。

 

2018年9月11日

このところ毎日、ガットギターを弾いています。

それはつまり、クラシックギター曲の練習をしているよ、ということです。

つまりつまり、クラシックギター奏法を身につけるためのお稽古している、ということであります。

先日からウクレレにハマっているのですが、ウクレレを弾くことで「より美しくガットギターを奏でる方法」を発見しました。

その方法とは、クラシックギター奏法です。

クラシックギター奏法は、ギターを美しく演奏する奏法として”とても理にかなっている!”ということがわかりました。

ギター歴28年にして、まだまだ発見と課題があることを嬉しく思います。

クラシックギター奏法はすべてのギター(エレキもアコギも)に応用させることができます。

自分の、「歌とギターの世界」をまだまだ広くすることができる!と実感し、ワクワクしております。

吉田あきらの3rdアルバム『夜明け前』は歌とガットギターの弾き語りアルバムでしたが、アレはアレでやはり『夜明け前』だったのでしょう。

そろそろ、夜明けのはじまりです。

作詞に関しても。

ぼんやりしていた「描きたい世界」がはっきりしてきました。

そして「歌」にしたい「対象」も、とてもはっきりしてきました。

楽しくなってきた。楽しくなってきたぞ。

 

2018年9月10日

大坂なおみさんがテニスで偉業を成し遂げた!

ということを知りました。

一人の女の子が頑張った!

そして俺は涙が出るほど感動した!

強いなー。

美しいなー。

 

2018年9月9日

こんな時だから、報道番組なんて一切見たくないが、見てしまうことがあります。

SNSでは知りたくもない情報や意見を知ってしまうことがあります。

”事柄”だけが知りたいのだ。

そして今、何をすべきか・何が求められているかが知りたいのだ。

遺族のコメントいらん。

辛いし悲しいし悔しいに決まってる。

そんな気持ちをミーハーな暇人の餌にして欲しくない。

コメンテーターのしょーもない”感想”はいらん。黙れ。

被災者や被害者による、意見の相違バトルはいらん!黙れ!

国や行政の「愛なき行動」なんて今さらどーでもいい。

それぞれがそれなりに頑張れ。かっこつけんな。てめーの手柄にして調子のんな!

色んな思惑があろうが、んなもん知らんしどーでもいい。。

現場に水がないのだ。

現場に食料がないのだ。

現場は不安と疲労がピークなのだ。

メディアは今すぐ、俺にできることの選択肢を示してくれ。

募金場所や募金方法を教えてくれ!!

 

2018年9月8日


今年も!

梨をいただきました。

旬、ってすごい!!

 

2018年9月7日

毎月第二金曜日に行われている吉田あきらのソロライブ@新宿SACT!。

イレギュラー!ということで、カマしてきました。

昨日ゲットしたサスペンダーと、もはや分身と化したガットギターで。

急なライブやったけど、みんなありがとう。

ほんま、こんな感謝なことないで。

 

2018年9月6日

先日、友人の日比康造のInstagramを見ました。

(俺にとってのファッションリーダーは日比康造と、俺のCDジャケ制作やサポートライブジのステージ衣装のディレクションをしてくれるKUMIちゃんなのですが・・・)

日比康造のサスペンダー姿が「素敵やな!」と思って。

俺も真似したい!ということで、総額200円でサスペンダーをゲット。

これから、俺のソロライブで着用することにした。

写真は後日アップするわー!

 

2018年9月5日

ピン!ときまして。

もしかして・・・!と思いまして。

すべての予定をすべて棚に上げまして、ガットギターの猛練習という名の研究をしました。

あらゆる演奏方法を交互に試して、最後には

「ははーん・・・わかったぞ!」

と、ガッツポーズをしました。

自分にしかわからないかもしれないけど、独自の弾き方を発見したといいますか・・・。

ゴッホやヘミングウェイならきっと気づいてくれるはず。

俺はこれからその独自の弾き方をとことん伸ばしていこうと思います。

 

2018年9月4日

台風21号の影響で、「淀川が氾濫するかも!」というニュースを聞きました。

風が強すぎて、あらゆるモノが壊れ、飛ばされている映像も見ました。

怖いし、辛いなー・・・。

俺にできること、あるはずや。

 

2018年9月3日

ボブレンのハードケース

我が家に新しいギターケースがやってきました。

ボブレン社製、ガットギター用のハードケースです。

過去に何度もギターを破損しています。

最近も愛用のアコギが割れました。

そんなことはあってはならぬ。

ということで新調しました。

で、このケースにギターを入れて、俺は旅をするのです。

今はまだ、そんな派手に旅はできないけど、少しずつ増やして、少しずつ拡げて、俺なりのブランディングに結びつけたい!!

新しいケースにガットギターを入れると、ガットギターまで新しくなったように見えました。

ちなみに。

新約聖書のマタイ福音書9章17節には、

「また、人は新しいぶどう酒を古い皮袋に入れるようなことはしません。そんなことをすれば、皮袋は裂けて、ぶどう酒が流れ出てしまい、皮袋もだめになってしまいます。新しいぶどう酒を新しい皮袋に入れれば、両方とも保ちます。」

というフレーズがあります。

聖書の意味とは全く違いますが、新しいガットギターを作りたくなりました。

もし次回、ガットギターを作るなら、俺はスペインに行きたい!

行きたーい!

 

2018年9月2日

生きているとあらゆる出来事に遭遇します。

大きなことも、小さなことも、それらが組み合わさって人生となるのでしょう。

俺はその出来事たちをことごとく忘れるタイプではありますが、覚えている出来事の1つ1つが結びついて、「つじつまが合ってきたな!」と感じることが多くなりました。

「あの時のアレは、この時のコレに結びついている!」

といった感じ。

例えば。

俺が父親にギターを買ってもらった12歳の時。

ホントはエレキや鉄弦のアコギが欲しかったけど、父親はナイロン弦のガットギター(クラシックギター)を買いました。

「ギターの基本はコレ(クラシックギター)や。しかも、コレやと一人でも楽しめる。」

と、言いました。

確かに今、12歳の時に身につけたスキルが役に立っているし、一人でライブやってます。

今となってはあらゆるギターが与えられていますが、それぞれを弾くと「やっぱり一番夢中になって没頭できるのはガットギターだな!」と感じます。

もう1つ。

俺は30代の時に気合いを入れていたことがあります。

それは、

「いつでもどこでも、好きな時に好きなだけお金を稼ぐことができるスキルを身につけること」

です。

そんな都合のよい、夢みたいな話はない!ような気もしてたけど。

俺の様々な「スキル」が結びついて、今現在、ものすごく規模は小さいけど、その域に入りつつある感触があります。(ほんと、相当小さい規模ですが・・・)

先日、スーツケースを買いました。

明日は新しいギターケースが届きます。

これは確実に「旅の準備」です。

この準備もまた、近々「つじつまが合ってくる」と思うのです。

そーいったコトを発表・発信し、みんなと共有するのが俺にとっての理想的な『akirayoshida.com』です。

 

2018年9月1日

ウクレレが楽し過ぎて毎日弾いてます。

名曲をぽろんとやるのが面白い!

ギターではなくウクレレでやると、わざとらしさがなく、ぎこちなさがいい感じだな、と思うのです。

吉本新喜劇のネタも、ウクレレでやるから面白い!

で。

動画に撮ってみて、思ったこと。

やっぱり、波の音が足りてないねん。

波の音、が必要や。

 

2018年8月31日

必要と愛着のないものは手放そう。。

ということで、どしどしメルカリ畑で放牧しておりますが。

部屋の片隅に置かれているウクレレくんと目が合いました。

「ん?ウクレレか。楽器は手放さぬぞ。案ずるな。」

と言ってやりました。

しかし、このところ全然弾いてない。

「ちょっと、弾いてみよか。」

と、ケースから取り出しウクレレの音を鳴らすと・・・。

そこには驚くほどの広大な景色が広がっていたのでした。

音楽は楽しい。

楽器を奏でることはとても楽しい。

そういう初期衝動をはっきりと思い出させてくれました。

小さいのに、やるじゃないかウクレレくん!

俺のウクレレは、神戸で暮らしていた時に衝動買いしたフェイマスのFS-5です。

FAMOUS (フェイマス) FS-5 ソプラノウクレレ
FAMOUS (フェイマス) FS-5 ソプラノウクレレ

中古でかなり安く買いました。

もし、「ウクレレやってみよーかな」と思ったら国産のフェイマスをおすすめしますよ。

FS-1ってやつでもじゅーぶん!

FAMOUS (フェイマス)FS-1 ソプラノタイプ
FAMOUS (フェイマス)FS-1 ソプラノタイプ

ウクレレ部作りたい。

不真面目に、笑えるネタのみを演奏するねん。

 

2018年8月30日

9月のライブはガットギターでヤるぜ!

ということで。

ちょっと本気でガットギターに向き合いました。

ストラップをつけて、立ってアルペジオを弾くということがものすごく「むずかしー!」と感じました。

練習不足だな。

毎日練習しよー。

2018年8月29日


Apple Musicでジャックスジョーンズのビデオを観ました。

いやはや。

音楽ってサイコーです。

常に「自分って何?自分の音楽って何?」みたいなことを考えてしまう俺ですが、クリアになりつつあります。

そう、俺は正しいよ。

あなたが正しいようにね。

 

2018年8月28日

ソングライター

エドシーランのドキュメント映画を観ました。

素敵やなー!

 

2018年8月27日


コンビニで水ゲット。

おっと。

ミッキーではないか。

2018年はミッキーマウス誕生90周年なんだと!

「必ず夢は叶う!」、よね。

これからも頑張れよ、ミッキー!

 

2018年8月26日

ピッカピカ

所有しているギターの弦を変えつつ、フレットやボディをピッカピカに磨いている今日この頃。

本日はガットギターの弦交換&ピッカピカを行いました。

家や部屋、車などの「掃除」は運気をあげると言います。

自分の道具・相棒であるギターをピッカピカにして練習するのも、運気があがりそう。

「えーことあるで!絶対あるで!」

と期待しながら頑張ります。

しかし、ものすごく痛感するけど、

「エレキ」「アコギ」「ガット」は、同じギターでも別の楽器です。

「エレキ」でも、テレキャスとフルアコは全く違います。

ギターとエフェクターとアンプの組み合わせでまた、違ってきます。

ギターって楽器は奥が深いなー。

 

2018年8月25日

韻シスト@代官山LOOP

「MAHOROBA」「宇田川別館バンド」のドラマーGOLTAと、韻シストのライブに行きました。

めっちゃ素敵やったわー!!

ほんと、音楽って最高。

 

2018年8月24日

20代の頃に買った水着を着て、久しぶりにプールで泳ぎました。

水着のウエストはキツくなっていて、

「ま。軽く平泳ぎでも・・・」

と泳ぎ始めるも全然進まず、すぐに息が上がってクタクタ。

こんなにも落ちるものなのだな。

老いを認めつつ、このままは嫌やな、と思いつつ。

日々、修行いたします。

 

2018年8月23日

今年は本当に台風が多いなー。

台風から逃げ帰るように、奈良から東京へ戻ってきました。

奈良も東京も素敵な街やと思う。

静かーな暮らしがしたいなー。

 

2018年8月22日


帰省がてら、久しぶりに東大寺へ。

興福寺といい、猿沢池といい、奈良公園はかっこいい。

日本の文化や歴史を知りたいと思いました。

実家で、祖母の八重子が生前描いた作品を発見。

「稽古しよう!」

と、思いました。

 

2018年8月21日

俺には「沈黙」や「謙虚」というものを重んじたい、という性癖があります。

「とらわれない」「ひけらかさない」も合わせて重んじたいという気分が高まっております。

 

2018年8月20日


Amazonプライムで、映画「はじまりのうた」を観ました。

とても楽しい映画でした。

ニューヨークのいろんなトコロでゲリラ的にレコーディングをするのですが。

もし俺が日本でやるとしたら・・・。

とてもワクワクしました。

やりたいなー。

素晴らしい音楽を”どのように作るか”、そして”どのようにリリースするか”、という『企画』って、大切やなーと思いました。

 

2018年8月19日

午前中。

図書館に行って、普段絶対読まないような本をパラるという趣味を楽しみました。

 

2018年8月18日

午後9時になるとめっちゃんこ眠たくなり、ごろん。

「あー、よく寝た!」

と時計を見ると、午前01時30分。

「えー!」

と、無理やり寝て、

「あー、よく寝た!」

と時計を見ると、午前03時30分。

ここんとこずっと、そんな感じ。

やれやれ。やれやれ。

 

2018年8月17日

新しい国産スーツケースが届きました。

スーツケースを買うのはめっちゃんこ久しぶり。

スーツケースを買ったのは言うまでもない。

機材と物販を入れて、自分の足であなたに会いに行くために買ったのだ。

「ライブツアーのためにスーツケースを買う」ことと、

「スーツケースを買ったからライブツアーにでも行こう!」は、

俺にとってはもはや同じ意味を持つ。

そう、ロンドンに行きたいねん。

あ。

沖縄と石垣島にも行きたいねん。

 

2018年8月16日


マンガの「歎異抄」を読みました。

色々と考えさせられた!

あなたは自力派?それとも他力派?

自力でできることを他力でやりたい?

他力でできるのに、自力でやりたい?

俺はクリスチャンなので、

「神に委ねます。御心のままに。」

というスタンス。

自力か他力か、でいえば、

「神の力に導かれたい」

ということ。

他力、という表現が正しいかどうかは別として、「自力ではない」のは明らかです。

それは、

「阿弥陀さまに帰依します。(南無阿弥陀仏)」

と同じだなーと思ったのでした。

まったく同じだな、と。

キリスト教がイエスだろうが、仏教がブッダで、真言宗が空海で浄土宗が法然だろうが、神にとってそれはどうでもいいことかもしれません。

『神』は『神』でしかありません。

ちなみに歎異抄は「たんにしょう」と読むらしく、「たんいしょう」ではない。

でも、俺のUSタイプのMacBook Proでは「たんいしょう」と打たないと「歎異抄」にならない。

 

2018年8月15日

ご近所のお友達宅でバーベキュー。

呑んで食べて、呑んで呑んで。

「たった一人でもファンがいるなら、君はもう成功者じゃないか!」

とはげましていただきマシタ。

 

2018年8月14日


所有しているギターの弦を交換するついでに、コレでフレットを磨いています。

フレットを磨いてピカピカにすると、とても良い気分になります。

 

2018年8月13日

View this post on Instagram

アコギのケツにヒビ入る盆。

A post shared by Akira Yoshida (@akirayoshida0615) on

ヒビ?クラック?

2002年製のアコギのケツにヒビが入っておりました。

クラックっていうのかな?

音に直接影響は出ていない・・・と思うので、これ以上ひどくならないように処置をすれば大丈夫と思いますが。

やっぱりねー。

大事にしているモノや思い入れのあるモノが痛む、というのは辛いものです。

数年前。

俺が音楽活動を一切やめて神戸で社会人やってた時。

久しぶりにギターケースを開けたら、ギターの弦が切れていたというコトがありました。

その時の、なんとも言えない「見殺し感」に似た感情がわきました。

少なくとも俺にとってギターは道具であり相棒であり、音楽制作の必需品。

大事にしよう。

そうそう。

Macの外付けハードディスクが逝かれました。

やれやれ。

そういう時期でしょ。

 

2018年8月12日

久しぶりに「書き物シゴト」に没頭しました。

書いて書いて書きまくり。

ほぼ、熟睡しながら書きました。

吉田のシゴトは主に、「歌う」「弾く」「作る」「書く」なのです。

 

2018年8月11日

昨夜のライブがサイコー過ぎて。

帰宅してベッドに入ったのが朝の7時過ぎ。

修理をお願いしていた代官山のお店から、「万年筆が仕上がりました!」という連絡が入っていたので、

「お昼過ぎに取りに行こうかな!」

なんて思いつつ寝て。

「お。寝た寝た。」

と思って時計を見たら夕方の4時でありました。

たまには、いいよ。こんな日も。

 

2018年8月10日

日比康造 TOZY 吉田あきら

TOZY 日比康造@新宿SACT!

題して、

「エグミグミのアクしかナイト」

プロローグを奏でました。

また3人で楽しい夜を過ごせたら。。。

この日、もっともツカんだのはきっと、日比康造が歌う「モスキートウォー」という名曲だったのではないかと思います。

 

2018年8月9日

台風13号来んのかい。

来んのかい思て こっち来ーへんのかい 来んのかい思て こっち来ーへんのかい 来んのかい思て こっち来ーへんのかい

・・・

来ーへんのかい!

 

2018年8月8日

8月10日はTOZYと日比康造と3マンライブです。

一緒にセッションするで、ということで、TOZYさんの歌をたくさん聴いてます。

康造くんの歌を聴いた時と似た、でも明らかに違う”感情が湧く”と言いますか・・・。

なんというか。

本当に心がどん底に落ちてしまって、

「あかん。もう、あかんかもしれへん・・・」

っていう経験がある人なら、彼らの歌がとても響くのではないかと思います。

そういう経験ある人がほとんどですよね。

なのでTOZYと日比康造は、聴き手が望むと望まざるにかかわらず、もっともっと多くの人を励ますことになるでしょう。

「大丈夫だ!俺がついている!」

と、これからもずっと歌い続けることでしょう。

俺の音楽は確かに、彼ら二人の音楽に励まされ、肯定されています。

 

2018年8月7日


台風13号が影響しているのか、とてもとても涼しい東京。

夏休みらしく、いわゆる児童書を2冊読みました。

おもしろかったし、感動した。

俺の中にある、俺だけの童心は大切にしていこう。

 

2018年8月6日


Amazonで映画『パディントン』を観ました。

今、『パディントン2』がロードショーなんよねー。

テディベアとダッフルコートが欲しくなりました。

ロンドンにも行きたいなー!

 

2018年8月5日


お酒を呑みながら自宅で映画『ラ・ラ・ランド』を観ました。

シンプルに、「自分を信じて、少しずつ自分を成長させていこう」と思いました。

 

2018年8月4日

思うところあって、作曲コンペに参加するための制作時間をすべて、自身の練習や自身の制作に充てることにしました。

直感に従った、ということです。

 

2018年8月3日

消費を減らす

俺が大学生の頃は、

「オアシス派?それとも、ブラー派?」

みたいな時代でした。

久しぶりにブラーを聴いて、「なつかしーなー」と感じておりました。

そんなブラーのベーシスト、アレックスは現在酪農家としてチーズなどを作っているそうです。

彼がナビゲーターを担当しているドキュメント映画『スローイング・ダウン ファストファッション』を観ました。

アワード受賞作「Slowing Down Fast Fashion」では、英国のバンド、ブラーのベーシストであり、環境活動家、そしてチーズ酪農家でもあるアレックス・ジェームスがナビゲーターとして出演。世界のファッションの生産状況や様々なアパレル繊維の現状、生分解性、埋め立て地問題、安全性に関する利点や問題点について紹介する内容になっています。

※引用HP→https://www.hearst.co.jp/whatsnew/corp-171101-Slowing-Down-Fast-Fashion

多くのことを考えさせられました。

→ブログ参照
http://akirayoshida.com/diary/thankyou

 

2018年8月2日

お湯割り

お湯割りがトマラナイ

夜。

ピチュチャピュと音を立ててウイスキーをレロレロ舐める俺ですが。

最近、お湯割りでヤってます。

暑い夏なので、ロックやハイボールなど冷たくしてグビっとヤるのもいいのかもしれないけど、あえてお湯割り。

ソレが俺には合っているのか、お湯割りが止まりません。

常温のお水と半々で割るのもいい感じですよ。

お湯にしても水にしても、俺はまず『お湯(水)』を入れてから『ウイスキー(スコッチ)』を入れてます。

こだわり、ですね。

 

2018年8月1日

映画『間奏曲はパリで』

先日パリを旅した、ということもあるかもしれないけど、そんなことは全く抜きにして、とても好きになった映画です。

ものすごく多くを感じることができました。

 

2018年7月31日

素晴らしいスピードで7月が終わります。

早いなー。

最近ますますハマっている、「不用品とさようなら」な儀式を今日も行いました。

ものすごく物持ちが良いコトが自慢の俺ですが、「ソレを今もまだ気に入ってるのか?」の問いには「I’m not sure.」だったりします。

そーゆーモノとはことごとく「さようなら」をします。

今日は20年愛用していた冬服とさようならしました。

写真撮ろうかな、と思ったけど、「その必要はないな」と判断いたしました。

これで、新しい冬服を買うという楽しみが増えたのであります。

 

2018年7月30日

海外行って帰って、翌日名古屋行って・・・。

疲れちゃったんだ、たぶん、気づいてなかったー♪

朝の4時に目が覚めて、ギラギラしてたら朝の9時に未体験スケールの睡魔にヤられて、15時まであの世で豪遊してました。

ダサいぜ、そんなの。

ちゅーわけで。

このところヤっているデブ回避の筋トレに加えて、日々の体温や体重や体脂肪などなどをノートに記録することにしました。

まずは1週間継続させよう。

それができたら、2週間やってみて・・・。

3日坊主にならないように頑張ってみます。

ちなみに、本日の体重は61.7kg。

スポーツをやっていた頃のベストは62kg。

今の自分にとってのベストは57kgくらいだと思っています。(身長は165センチですわたし。)

でも。

筋肉つけると体重増えるよねー。

 

2018年7月29日


昨日、東京を出て名古屋に着いて、名古屋から帰宅するまで一度も傘を使う事はありませんでした。

夕方。

軽井沢のお土産ということで、おフランスのパン屋さんのヤツをいただきました。

パリ帰りにまさかの『ビゴ』・・・!!!

またパリに行こう。

 

2018年7月28日

名古屋・今池BL CAFE

ソロでは初!

名古屋でソロライブ!

台風直撃で、電車が21時で運休するというのに、みんな本当にありがとう。

とても嬉しかったし、心強かったです。

次回の名古屋は9月20日@上前津BOBで決定です。

■上前津MusicBarBOB
『平日の皮をかぶった最高の日vol.10』
open18:30/start19:00
3000円(D別)
【出演】TOZY/吉田あきら/渡部裕也/OA

 

2018年7月27日

帰国・・・。

翌日の準備をして、即死しました。

 

2018年7月26日


セーヌ川から街並みを楽しみました。

川沿いでは全世界からカップルが集結し、それぞれの『ジュテーム』を楽しんでおられました。

 

2018年7月25日


パリを歩き倒していると、本屋に出会います。

読めないけど欲しくなります。

オペラ座にも素敵な絵と、楽譜と思われる大量の書籍がありました。

オペラ座

欲しくなります。

 

2018年7月24日


PAIN PAINというパン屋のバゲットを食べながら、歩く歩く歩く。

ボンマルシェという老舗のデパートでトイレを借りて、ついでに店内もぶらり。

とにかく店員スタッフさん達はおしゃべりに夢中。

接客や仕事よりもおしゃれり優先です。

大好きなオルセー美術館を堪能。

晩鐘

このミレーの『晩鐘』(ばんしょう)という、何とも言えない絵がとても好きです。

 

2018年7月23日


宿の近くにあるムーランルージュ。

いわゆる、老舗かつハイレベルなキャバレー。

ま・・・1人では行かないわなー。

また、いつか。

 

2018年7月22日


日曜日、パリ・ラスパイユのビオマルシェを歩きました。

獲れたての野菜や果物が並んでいます。

2年前もここで長い時間を過ごしました。

パリではキッチンのある宿に泊まります。

その方が圧倒的に節約できるし、新鮮な食材での朝食はサイコーです。

いつか、フランスの農村地帯をロードバイクで走ってみたいなー。

 

2018年7月21日


朝、モンマルトルを歩きました。

靴がぶら下がっている光景を数回見ました。

バケットをかじりながら颯爽と歩く男のフランス人に声をかけられました。

ゲイ、と間違えられたのかなー。

フランス語がわからなさすぎる。

 

2018年7月20日


フランスはパリの、ムーランルージュの近くにある小さなホテルに到着しました。

2016年ぶり、2回目のパリです。

7時間の時差があり、早速ボケています。

パリはパリでも、色んなパリがあります。

東京に新宿や渋谷、浅草があるように。

大阪に難波や梅田、天王寺があるように。

ホテルの前の通りでは、大爆音でレゲエが流れていて、アフリカ系のヤバそうなにーちゃんがケンカしてます。

映画みたい。

そして部屋は数匹の”蚊”が飛んでいます。

日本みたい・・・。

明日はしっかり眠たいと思うけど、たくさん歩きます。

ギターも弾くで。

 

2018年7月19日

ダイアンバーチ@ビルボード東京

素晴らしいライブでした。

大満足のギターレスな3ピース。

とてもキュートでセクシーなダイアンバーチ姫を至近距離で堪能できたのもサイコーでした。

2018年7月18日

ちょいちょいインスタにアップしていますが。

最近実に”安モンのスコッチウイスキー”にハマっています。

もちろんラフロイグやタリスカー、マッカランが大好きです。

でも3ケタの価格で購入できるスコッチも場合によっては大満足です。

棚にボトルが並んでいくのも、「コレクター魂」をくすぐります。

 

2018年7月17日

たくさんの人がごちゃっと集まる場所は苦手やけど、美しい夕暮れと風情は好きです。

そこで楽しげにはしゃぐ人を見るのも好きですねー。

 

2018年7月16日

爪を磨いて喜ぶ人と、爪を磨かれて喜ぶ人と。

昨夜の主役である有原さん(クラシックギタリストで、元楽器屋のおやじ)を中心に、下北沢の都夏で、CURIOのKASSAIさん(→http://mclangur.com/)や、セカイイチの岩崎慧(→https://twitter.com/keiiwasaki)たちとワイワイしました。

仲間がいるって素晴らしい。

俺もがんばろう!って思った夜でした。

 

2018年7月15日


20年のお付き合いである、有原さんのクラシックギターリサイタルを堪能してきました。

ゲストのはせがわかおりちゃんともお久しぶりーしました。

http://hasegawa-kaori.com/

俺のアコギを作ってくれた西野春平さん、そしてエレキギターを作ってくれたPGMの吉田社長も来られてて、お久しぶりーのご挨拶。

有原さんがギターを弾く場所には、俺がお世話になっている方々がたくさん集まります。

えー夜でした。

 

2018年7月14日

語るほどの読書家でもないけど、俺はそれなりに読書が好きで、よく読みます。

懐古主義ではないつもりですが、夏目・太宰・芥川・谷崎などの作品が好きです。

いや、作品はもちろん、文豪の「変態さ」が好きなのかもしれません。

文豪の何が凄いって、やっぱりその病的なまでの変態レベルですからね。

ど変態もど変態。

ど変態も甚だしい。

それでいて、「先生」と呼ばれている。

素晴らしいですね。

音楽仲間でユニット「ヨビ」の相棒、日比康造は俺を「歌う谷崎」と言いました。

谷崎とは、谷崎潤一郎のこと。

『痴人の愛』『春琴抄』『卍』などなど、ぜひチャレンジしてください。

青空文庫、などを利用するのもいいかもしれません。

そして俺と、アブノーマルについて語り明かしましょう。

 

2018年7月13日

新宿SACT!でソロライブ!

ES-175とBLUESCUBE、そしてディレイ&ルーパーでカマしました。

いつもみんな、ほんとにありがとう。

ライブ後。

次回7月28日@名古屋・今池でのライブの『曲順』について話をしました。

夏らしいカバー曲でツカミを狙います。

 

2018年7月12日

横浜の某イタリアンで絶品をいただきました。

ワインをボトルではなくグラスで注文できるというナイスなお店。

「ワインはお任せします」

ということで、極上ワイン×3と極上グラッパで仕上げていただきました。

最初はフルーティなやつ。

で、ややしっかりしたやつ。

ってな時にパスタが。

こうやって、太るのねー。

で、ラストのフルボディ。

デザートとしてのグラッパ。

イタリアンが一番好きやな。

ごちそうさまでした。

 

2018年7月11日

久しぶりにハマった曲。

それは細野晴臣さんの「恋は桃色」です。

俺にとって、「中毒性のある歌」です。

※カバーしました(2018.07.13)

 

2018年7月10日

腹回りがデブってきているので、久しぶりに本気のヨガをやりました。

俺がはじめてヨガにハマったのは25歳。

バリバリ毎日、数年間やってました。

ここ数年、全然やってないけど、久しぶりにやると、その効果効能に驚かされます。

 

2018年7月9日

スコッチは激安を!

ラフロイグやマッカラン、タリスカーが大好きな俺ですが。

まー。

金しかない俺が言うのもアレやけど、

「ちょっと高いよね!?」

ってことで。

激安スコッチに手を出しつつありまして。

お高いスコッチと比べると、確かに「水くさくピリ辛い」のですが、それはそれでナシではない、といった感じ。

気を使わずガブガブ飲めるのでいい感じ。

  1. ティーチャーズハイランドクリーム
  2. エンシェント クラン
  3. ホワイトホース
  4. ジョニーウォーカー
  5. バランタイン
  6. ファイネスト
  7. テンガロンハット
  8. クレイモア
  9. タリスマン
  10. マッカーサー
  11. ロングジョン
  12. グリーンプレイド
  13. ベルスコッチ
  14. デュワーズ

などなど、調べたら安いスコッチはたくさんたくさーんあるようです。

なかなか楽しそうです。

 

2018年7月8日

ヘッセでっせ!

「小説家になりたい。でなければ、何にもなりたくない」

でおなじみ、ヘルマンヘッセの小説を読んでいます。

とくに「デミアン」は読んだことがなく、とても俺好みなテイストなので、はあはあ言いながら読んでます。

 

2018年7月7日

夜想曲

カズオイシグロ氏の小説を読むのは2冊目!

音楽にまつわる短編集。

『音楽と夕暮れをめぐる五つの物語』、ってだけで読んでみたくなります。

彼はミュージシャンとして活動していた時期があるんだとか!

低ーいレベルで、俺も小説を書きたい!と常々思っているのです。

でも、それは一生に1つ書けたらいいかな、とも思っています。

そんなわけで、「歌詞は小説のように仕上げる」、を意識することが多いのかもしれません。

 

2018年7月6日

凶悪事件の刑が執行された、と報道で知りました。

法律と倫理を改めて考えました。

大雨のせいで、各地で大きな被害が出ている、と報道で知りました。

自然を前に、人は無力であることを改めて考えました。

そして何より。

そもそも報道とはなんだ!?

報道陣とはなんなのだ!?

報道にこそ、法律と倫理が必要で、報道こそ”当事者を救えない無力さ”を知るべきだと思います。

 

2018年7月5日

「とりあえず、お見積もりだけ。」

ということで、ずっと壊れっぱなしの万年筆を修理に出しました。

「壊れているものを持っていると運気が下がるので処分すべき。」

と言われたことがあります。

「修理できないものはできるだけ持たない」

ってのが好きな俺です。

運気は上げたり下げたりするものではなく、上がったり下がったりするものだ。

委ねるものだ。

 

2018年7月4日

ちょっとした待ち時間に。

アマゾンプライムで映画「ボーダーライン」を観ました。

なかなかヘヴィーな映画でした。

麻薬組織の現実、を伝えたい映画なのかなー。

世の中には、

「それが現実ですので・・・」

といった”現実”がありますよね。

”現実”、はきっと2種類あります。

知らないほうが良い”現実”と、知るべき”現実”と。

個人的には、「知らなくて良い現実が多い」です。

経験や知識が多いことのメリットもあるけど、経験や知識少ないほうが”楽しみが増える”という場合もあるし、独自の発想が生まれることもあるし。

俺は、経験や知識によって何度も救われてきました。

でも誰かを救ったことがあるかどうかは、わかりません。

 

2018年7月3日

日本とベルギーの試合を自宅のテレビで観戦しました。

ワールドカップの時だけ応援するミーハーなヤツ、と笑うヒトがいますが。

もし、家族や友人がワールドカップに出場してたら絶対応援するっしょ?

俺と同じ日本人が”日本”を代表して世界と戦う時、応援したくなる気持ちはミーハーとは違うで。

試合を観戦し、感動をいただきました。

日本人として誇らしい。

 

2018年7月2日

着々と不用品を処分しておりまして。

売れるモノはメルカリでじゃんじゃん売ってます。

そしていよいよ、自分で買った不要な本を処分するというタイミングがやってきました。

淡々と死ぬ準備を進めております。

 

2018年7月1日

マッターホーンというお菓子屋さんでモカソフトなる絶品をパックンチョしました。(写真撮り忘れました)

http://matterhorn-tokyo.com/

 

2018年6月30日

ギターのセンセーをしてました。

俺が教えようとしていることは、言うなれば「独学の方法とコツ」です。

「ギター弾けるようになりたい!」

な方、連絡ください。

 

2018年6月29日

5thアルバム『heritage(ヘリテージ)』の弾き語りバージョンをレコーディングしました。

リリース云々は未定ですが、聴き比べて楽しんでもらえたらなーと思ってます。

 

2018年6月28日

日比康造ライブ@原宿クロコダイル

日比康造くんのニューアルバムリリースパーリーで歌ってきました。

康造くん、輝いてましたー!!

ミルベゼもサイコーでした。

日比康造とミルベゼ、多くの人に聞いてもらいたいなー!!

 

2018年6月27日

ハコ

写真はCUBASE6のハコ。

CUBASEとはキューベースで、俺が使っている音楽制作ソフト。

CUBASE6は2011年くらいに買った・・・のかな??(2018年現在はCUBASE9.5)

ProTools Le8から乗り換えて、「こんなにも素早く、しかも楽しく音楽が作れるぞ!」と感動しました。

他にも、様々なハコがあり、俺はそれらハコとせっせとサヨナラしているのであります。

 

2018年6月26日

今年の雪駄

通算何足目になるかしら。

今年の雪駄を買いました。

俺の夏や。

 

2018年6月25日

メルカリで不用品を処分しています。

6月20日にも書きましたが、すごいスピードで売れる。

不用品処分にハマる人がいる、って聞いたことあるけど、メルカリでならハマるかも!!

郵送がメンドクサイっちゃーメンドクサイけど、とは言うもののやっぱり簡単便利!

すごいねー。時代やねー。

『そういう時期でしょ!!』

 

2018年6月24日

ベースの録音をしました。

3日間でギターとベースを弾いた時間は、30時間といったところ。

昨日は、「生楽器は、弾けば弾くほどよりよく鳴る」と書きました。

俺は、楽器を弾けば弾くほど、より弾けるようになります。

 

2018年6月23日

アコギの録音をしました。

ヤイリのアコギを使いましたが、弾き始めと弾き終わりで音が違いました。

生楽器は、鳴らせば鳴らすほど、より深く豊かになるようになるはずです。

 

2018年6月22日

愚直

ちょっとした弾き語り音源(歌とギターの同時録音)を行いました。

アレもコレもヤりたがりの俺なので、アレやコレやな音楽を作りますが、愚直に「歌とギターのシンプルな世界」を追求するのもアリなのかもしれません。

弾き語り、はいつも、大切なものを教えてくれます。

 

2018年6月21日

随分前・・・15年前くらいかな。

俺は”リフレクソロジー”についてものすごく調べたことがあります。

かつ。

あぐらをかいて本や雑誌を読む時、またはAmazonプライムなどで映画を観る時、足の裏をツンツンする習慣があります。

ので。

頻繁に足の裏を見ています。

で。今日。

昨日は絶対になかったはずの”ホクロ”を発見。

足の裏にホクロ、です。

さー。

どうしよー。

 

2018年6月20日

「1日1個、捨ててこー!」

ということで、どしどし死ぬ準備をしております。

メルカリデビューをしたら、1時間後には2つのモノを郵送し終えたのでした。

メルカリ、ってすごいね。

すごいスピード感。

すごい時代。

 

2018年6月19日

『ハシゴとおまわりさん』について、メルマガでお知らせしました。

俺、メルマガやってます。

無料です。

登録を希望される方は、magazine●akirayoshida.com(←●は@に変更してください)までお知らせください。

 

2018年6月18日

ダニー・コーチマー and Immediate Family@ビルボード東京

歴史的ギタリスト、ダニー・コーチマー師匠のライブを堪能しました。

Mr.いなたい!、なサウンドはまさにクーチ!(←ダニーコーチマーの愛称)。

使用アンプは俺がライブで愛用しているヤツと同じでした。(自慢)

BLUES CUBE愛用してます
http://akirayoshida.com/diary/bluescube

ダニー・コーチマーの足元のペダルは、20,000yen以下で購入できる国産BOSS(ボス)のマルチでした。

BOSS ( ボス ) / GT-1
BOSS ( ボス ) / GT-1

エレキギターって、楽しい楽器やなーと思いました。

下手くそでもかっこいいし、むしろ下手くそだからかっこいい場合もあるエレキギター。

練習なんてしてはいけません。

しかし、この人。(この博士。)

BOSS ( ボス ) / GT-1を弾いてるけど・・・しろーとじゃないわー!!

 

2018年6月17日

大黒屋

いつもお世話になっているボスにご馳走していただきました。

http://daikokuya-syouten.jp/

2018年6月16日

たこ焼き

やはり、定期的に食す必要があります。

 

2018年6月15日

鎌倉 長谷寺

この時期、去年も行ったので、今年もふらっと散歩に出かけました。

紫陽花って、クールで気の強い感じがするのは俺だけかしら。

 

2018年6月14日

ついつい・・・

サントリーのウイスキーは「オールド派」ではありますが。

このところ、サントリーホワイトをぐびぐびやってしまいます。

 

2018年6月13日

コスパ最強?

料理用に、近所のマイバスケットで「コスパ最強」の赤ワインを買いました。

一口飲んでみたけど・・・。うーん。

ワインは美味しいヤツが好きですねー。

 

2018年6月12日

「5thアルバムの弾き語りver.」をレコーディングすることにしました。

今までの吉田とこれからの吉田は同時進行させていくほうがいいだろう、と思って。

レコーディングしたら、みんな・・・聴きたい??

俺はもちろん聴いてもらいたいと思っています。

いわゆる真骨頂、ですからねー弾き語りは。

CDにするか、配信にするか、カセットテープにするか。

もし希望があれば教えてください。

参考にさせていただきます!

 

2018年6月11日

「RADWIMPS」のボーカル、野田洋次郎さんが謝罪した件。

この件を知り、野田さんや世間に意見するという意図を全く持たず、自分の考えを記録すべく、ここに記します。

自身が作った作品で、誰かを傷つけたなら。

自由意志を持って、謝りたければ謝ればいいし、謝りたくないなら謝らなくてもいいと思います。

野田さんが謝ったことに対して、「野田クンは謝らなくてもいい」と発言する人もいるけど、俺は「野田さんの自由意志を尊重する」という意思表示として、黙って支持します。

野田さんのような影響力を持つミュージシャンは何かと大変でしょう。

知らず知らず人を傷つけることがあるのかもしれない。

もし傷つけてしまったのなら、謝りなさい。

でも、そんなこと、俺にはどーでもいい。

俺は野田さんの音楽を聴きたいから聴きます。

今までも、これからも。

 

2018年6月10日

包丁を研いでもらう

近所の公園で、おっちゃんに包丁を研いでもらいました。

おかげでスッパスパ!

トマトを無駄に細く切ってテンションあげあげ。

道具は手入れして長く快適に使いたいものです。

 

2018年6月9日

夏場の腕時計

夏に腕時計をすると、汗をかいて不快な気分になりますよね。

そんな時はこのように。

革ベルトの痛みを防ぐことができます。

これは、俺のCDジャケや衣装のコーディネートをしてくれるKUMI ENDOのアイデアをパクったもの。

とても気に入ってます!

 

2018年6月8日

SACT!でソロライブ

第二金曜日ってことで歌いました。

西野春平さんのアコギと、ギブソンES-175でヤりました。

日比康造くんが遊びにきてくれたので、ヨビとしてもヤりました。

みんないつもありがとー!!

 

2018年6月7日

ツイキャスでカセットテープ録音

カセットデッキに向かって、ぶっとーしで4時間弾き語りしました。

 

2018年6月6日

ヘインズ

ヘインズのTシャツを買いました。

オールシーズン、こればっかり着ています。

 

2018年6月5日

カセットデッキ!

心ある方のご好意で、新品のカセットデッキをお借りすることができました!

ということで。

吉田あきらの4曲入りカセットテープ企画を遂行いたします。

ご予約くださった方へは、カセットテープはもちろん、同時録音した音源をCDRにも焼いてお届けできたらと思っております。

カセットはカセットでも、やっぱりスマホや車で聞きたくなるっしょ!?!?

※同録していたICレコーダーが動作不良となってしまったので、カセットテープのみのお渡しとなっちゃいました。すいません。ツイキャスの動画を観てくださいm(_ _)m

 

2018年6月4日

サダハルアオキ

昼下がり、サダハルアオキでお茶カマしました。

徹底的に完璧を求める職人の作品には、ジャンルに関係なく共通点があるものです。

俺の音楽にはソレがあるだろーか・・・。

 

2018年6月3日

カニエウエストの新作「ye」を、たっぷり聴いてみた!

何がスゴくて、何が新しいのかを言葉にすることはムズカシイけど、カニエをはじめ、人気のトラックメーカーのサウンドは想像力を刺激してくれます。

俺自身にたくさんのアイデアを与えてくれるってところが、すごいなーって思うのです。

「あいつと話すと、なんか元気になるよな!」

とか、

「あいつと会うと、どうしてテンションが上がるのだろう!」

とか。

そーいった感覚に違いような気がする。

俺の音楽にも、そーいった感覚を与えるものが含まれていたらいいなあー。

 

2018年6月2日

RESTAURANT SANT PAU(レストラン サンパウ)

お誘いいただかないと、足を踏み入れることはないであろうお店で絶品をいただきました。

http://www.santpau.jp/

 

2018年6月1日

パスポート更新

10年間お世話になるパスポート。

新たに更新してきました。

旅行しよー!!

 

2018年5月31日

アーモンド

夜遅く、代表的な「止まらへんヤツ」でおなじみ、アーモンドの扉を開いてしまいました。

 

2018年5月30日

ギターの調子が悪い、ということで。

いよいよ自分でメンテナンスできるようになったろか、という気分が高まってきました。

「餅は餅屋」

というように、やはり専門の職人がばっちり調整したギターは最高です。

それはわかってる。

でも。

やりたくなってきた。

 

2018年5月29日

竹林と竹やぶ

近所の温水プールの、駐車場にそびえる竹をパシャり。

とても古風でかっこよく感じました。

さて。

竹林と竹やぶの違いをご存知ですか。

そしてこの写真の竹たちは、竹林でしょうか。それとも竹やぶでしょうか。

 

2018年5月28日

2018年5月27日

安酒

サントリーのウイスキーの、小さなボトルのラベルを剥がし、ブルーノマーズのステッカーを貼ったら飲みすぎました。

 

2018年5月26日

チューナー問題

いろんなチューナーを使い潰してきました。

が。

いよいよ、俺は今後これでいきます。

これでいく、というよりも、「これに戻りました」ですが・・・。

 

2018年5月25日

マーカスミラー@ブルーノート

まさにレジェンド。

世界最高峰のベーシスト、マーカスミラー様のライブ@ブルーノートに行ってきました。

プレイ、サウンド、佇まい。

すべてが「マーカスミラー」でした。

バンドメンバーも素敵でした。

トランペットのマーキス・ヒルと、サックスのアレックス・ハンによるコンビネーション&バトル、そしておちゃらけたところなど、とても楽しかった。

キーボードのブレット・ウィリアムスのファンキーでジャジーで、ユーモアのあるプレイも聞き応えたっぷり。

アレックス・ベイリーのドラムはとても若々しく、今っぽさとトラディショナルな部分が融合した感じがしました。

アレックス・ベイリーはベースもかっこいい!!

何より今回のライブを観て、マーカスミラーバンドとしてかなり”仕上がっている”印象を受けました。

こんな感じで、マーカスミラー様は若手にチャンスを与え、自身の経験を継承させているのかもしれないなー。

スペシャルゲストに、あのMISIA(ミーシャ)さんが登場。

ぐわっと会場を盛り上げてくれました。

ライブ後、ブルーノートの外に出ると、そこにはT-BOLANの森友嵐士さんが。

「おー!嵐士さん!」

と、少し立ち話をしました。

やっぱり、観たくなるよねーマーカスミラー。。。

嵐士さんとバイバイしたあと、ブルーノートの近所にあるお気に入りのバーでHOMAGE TO CALEDONIA(オマージュ・トゥ・カレドニア)という、アルコール度数60.7度のスコッチを飲みました。

世界最高峰のライブを観たあとに、ぺろぺろ嗜むスコッチは極上タイム。

やっぱり、音楽はサイコーだ。

ベース、たくさん弾きたくなりました。

 

2018年5月24日

Trilian®が欲しいけど!!

ベース音源として、おそらくナンバーワンの評価を得ているであろうTrilian®が割引してーるー!!

Trilian®(USB Drive ) Early Summer Sale 30%OFF
http://www.minet.jp/brand/spectrasonics/trilian/

コンポーザーの全員が持っているんじゃない??ってくらい超メジャーで、「めっちゃ使える!!」というベース音源。

知ってるよーもちろん。

でもねー。

俺は決めている。

「リアルなベースは俺が弾く。」

ってね。

リアルなベースは絶対に俺が弾く。

だから、この素晴らしいベース音源「Trilian®」は欲しいけど買わない。

持ってていたいけど、持たない。

何度も買おうとしたけど、買わない。

コレに30,000yenを出すのなら、ゼロを足して300,000yenのジャズベを買う。

 

2018年5月23日

覚悟の差

日大のアメフト選手の会見を観て、涙が出そうになった。

という人は多かったのではないかと思いますが。

俺もその1人。

何が俺をそうさせたかって・・・。

「守ったろーや・・・。」

であります。

選手が覚悟を決めて、すべてを背負うつもりで会見に挑んだのだとしたら。

日大アメフト部の監督やコーチ、日大広報部の人間の、「生き恥の晒し方」に覚悟が足りない。

と思った。

覚悟、だ。

選手の覚悟と同等の覚悟が俺にあるか・・・??

 

2018年5月22日

燃え尽き症候群

5thアルバムの制作を終えて、3連チャンのライブを終えて、

「さーこれからもガンガンいくでー!」

というタイミングで。

ちょっと、休憩したくなりました。

1日くらい、いいよね。

休憩しよう。

 

2018年5月21日

シズル感

3連チャンのライブを終えて、日比康造と俺は結局同じホテルに泊まり、翌日はイオンのスタバでお茶するというラブラブぶり。

そこで康造くんから興味深いことを教わった。

「あきら、シズル感を出していけ!」

と。

シズル感・・・。

シズル感・・・。

シズル感・・・。

実に興味深い、シズル感・・・。

 

2018年5月20日

7周年@ハングオンカフェ

大阪は枚方のアメリカンダイナー「ハングオンカフェ」の7周年ライブパーティではぁはぁしてきました。

ご一緒したのは、枚方が地元の”旅するシンガーソングライター”の大柴広己くん。

そして俺の親友でユニット「ヨビ」の相棒である日比康造にいさん。

2人とも「さすが!」のステージで、おかげでお酒がススムくん。

打ち上げ後も、そのススムくんがムズムズしてましたが、「ホテルで寝る」という強い意志でススムくんをぶん投げました。

が。

さすが日比康造にいさん。

ススムくんと肩を組んで、飲み屋へと消えて行きましたとさ。

 

2018年5月19日

能ある鷹の爪

神戸は高架57という素敵すぎるお店で、昨夜に引き続き城領明子とTOZYとの3マンライブに参戦しました。

サイコーの夜だった、ってことは言うまでもないけど・・・。

俺は知っている。

ちゃんとわかっている。

しっかりと、見透かしている。

TOZYというオトコの爪は、鷹の爪に勝る魅力があるってことを。

彼の魅力あふれる”人格”と、ダンディズム溢れる”謙遜”にダマされてはいけないよ。

彼の音楽的な実力と、彼の情熱や底力は並大抵ではない。

自らの手柄にせず、尊敬の念を持って接し、人のために生きることができるTOZYの魅力を俺がそこまで知っているというのなら、俺がそれを証明してもいい。

TOZYが作る音楽の素晴らしさをみんなで分かち合いたい。

8月、東京に呼ぶわ!

 

2018年5月18日

心斎橋は強い雨

素晴らしい歌うたい、城領明子との2マンライブに参戦しました。

リハなし打ち合わせなし、曲順も聞かされず、吉田あきらはハモりとギターで城領明子に食らいついていました。

彼女の歌はいつもステキです。いつも。

とくに雨の日は、彼女の歌が聴きたくなります。

名曲「大阪ニューヨーク」は、多くのファンを魅了しただけでなく、多くのミュージシャンをつなぎ合わせました。

そして彼女は、彼女だからこそ歌える名曲を今も書き続けています。

 

2018年5月17日

よく頑張った!

俺の足に踏まれて悦んでいたこのペダル。

踏むと、10回に1回くらいの割合で

「ぶおー!!」「ぐあー!!」

と喘ぎます。

修理に出すか・・・。

新しいのをゲットするか・・・。

いずれにしても、長年たくさん踏まれてよく頑張った!!

ありがとう。

戦力外通知、です。

 

2018年5月16日

フューチャリング!

チロリンさんのアルバム、吉田あきらがフューチャリング!

ガットギターを弾きまくっています!!

ぜひぜひ聴いてー♪

https://itunes.apple.com/jp/album/shaoshao-feat-%E5%90%89%E7%94%B0%E3%81%82%E3%81%8D%E3%82%89/1384264880?i=1384264895

 

2018年5月15日

カセットデッキ・・・

先日、故障が確定したカセットデッキ。

「いや、コレで直るんちゃう??」

と期待しましたが、無理でした。

残念。

カセットデッキ、えーやつ買うわー!!

リクエストしてくれたYOU&YOU、もう少し待っててねーm(_ _)m

 

2018年5月14日

甘んじない!

5hアルバム「heritage(ヘリテージ)」でのミックス作業で、俺は様々な気づきを得て、自分なりのノウハウを発見をしました。

自分史上ナンバーワンの作品である5hアルバム「heritage(ヘリテージ)」ですが、きっと来年にはまた、ソレを上回るだろう・・・と確信しています。

ということで。

より良い音楽を作るための、新しいプラグインソフトを8割引きでゲットしました。

Scheps Omni Channel

普段からWAVESにお世話になっている人間なら、これが3000yenで売られてたら逃さずに買わなければなりません。

このプラグインで来月、日比康造くんの作品のミックスやります。

ビビって待ってろー世間♪

 

2018年5月13日

久々に締め切りシゴト。

俺は、自分が好きな音楽にまつわることを「シゴト」と言わないことにする。

やっぱり、自分にとってのシゴトは、「つまらないからシゴト」なのかもしれません。

音楽はシゴトにならねー。

 

2018年5月12日

自分のお気に入りの場所、というところがいくつかあって。

それらのどれもが、等しくお気に入り。

でもやっぱり。

一番のお気に入りの場所は自宅であって欲しいし、自宅の中でも「プライベートスタジオ」がもっとも居心地のいい場所であって欲しい!

と、思いながら、お気に入りの公園を歩きました。

いやー。

音楽ばっかり作って、たくさん聞いてもらいたいなー。

 

2018年5月11日

新宿SACT!でソロライブでした。

エレキギターで、ルーパーを使って、シンガー:ギタリストの割合が6:4くらいのライブだったと思います。

今まで応援してくれてた人や、今現在応援してくれている人、そしてこれから応援してくれるであろう人のところに、自らが赴いて、自らのパフォーマンスを披露したい!と思いました。

 

2018年5月10日

俺の5thアルバムを聴いたミュージシャン仲間が、

「じっくり聴いたよ!おつかれさま!」

と、連絡をくれました。

いただいた感想と労いに、

「おー。ありがとう・・・。」

があふれました。

心から「ありがとう」、という気持ちになりました。

シアワセなことです。本当に。

 

2018年5月9日

有働さん!!

有働さんって、素敵な人ねー!!

 

2018年5月8日

ジャズのスタンダード

どちらかというと俺は、「プレイヤー」というよりは「コンポーザー」だと思っているので、どちらかというと「かっこいい演奏をする!」よりも「かっこいい音楽を作る!」に興味があって。

まー。

どちらも同じくらい興味ある・・・か。

かっこいい音楽を作るためには、素敵な曲をたくさん聴き倒すこと(インプット)はとても有益ではあると思います。

それと同じくらい有益で、俺にとって効果的だと思うのが・・・!!

まったく知らないジャズのスタンダードの譜面を見て、自分なりに解釈して、自分なりに演奏してみるってこと。

しかも楽しい!!

ジャズって、ほんとシンプルで美しいと思うわー。

 

2018年5月7日

5月5日に配信スタートとなった5thアルバム「heritage(ヘリテージ)」。

発売から3日経って、アルバムがダウンロードされた数はなんと・・・。

「2」

です。

「2」

・・・です。

これが現実ですよ。ええ。

配信初日は、ゼロと報告されています。

ストリーミング再生された回数は、3日間で約1500、とのこと。

現実ですねー。

たくさんの人に聞いてもらえるように、頑張るわー!

 

2018年5月6日

『ギター以外の楽器や機材を使ってライブをしよう!』

ということで、少しずつ実験開始。

自分にとっての「新しいこと」は、とても楽しい!

乏しい自分のアイデアが、ほんの少し”マシ”になる時、『生命』を感じます。

 

2018年5月5日

5thアルバム「heritage(ヘリテージ)」の配信がスタートしましたー!!

■ itunes
https://itunes.apple.com/jp/album/heritage/1378876720

CDの販売・郵送は5月16日以降です。

ご予約・お問い合わせ、お待ちんぐー♪
→heritage@akirayoshida.com

 

2018年5月4日

横浜

ぶらっと横浜を散歩しました。

天気が良くて、とてもさわやかで気持ちがよかった。

そして。

神戸での暮らしをぼんやりと思い出したのでした。

 

2018年5月3日

ぐへへへ。

肉、いただきましたー。

 

2018年5月2日


5thアルバム「heritage(ヘリテージ)」。

配信ダウンロードの手続き&お支払い終了!

2018年5月5日から世界配信。

地球上で聴かれることでなるのだよ、きみ。

 

2018年5月1日

吉田あきら5thアルバム「ヘリテージ」

5thアルバム「heritage(ヘリテージ)」。

CDプレス屋さんにお支払い完了。

あとは100万枚の納品を待つのみー。

あっチュー間に売り切れちまうぜー。

 

2018年4月30日

がんばったー

吉田あきらの5thアルバム『heritage(ヘリテージ)』のデータが入稿されました。

これにて、制作は終了!!

おめでとう、俺!

そして。

楽しみにしてくれているあなた!!

あいらびゅーありがとう!!

配信ダウンロードは5月5日前後。

CDの郵送は5月16日以降。

ライブ会場でのCD販売スタートは5月18日から!!

という予定です。

がんばったー、俺!

というわけで。

今夜は国産第一号のウイスキー、”ホワイト”とともに、1人家飲みで打ち上がるわー!!

 

2018年4月29日

どたんばの悪あがき・・・。

ということで。

吉田あきらの5thアルバム「heritage(ヘリテージ)」の完成間近にまさかの録り直し!!

がんばれーおれー!!

 

2018年4月28日

5thアルバム『heritage(ヘリテージ)』ミックス終了

自分の5thアルバム、「heritage(ヘリテージ)」のミックスを終えました。

あとは、曲の”はじめ”と”終わり”を決めて、曲間の時間を決めて、CDにするためにデータを変換して、整えて、CDの盤のデザインをして、プレス屋さんに出して、終わりです。

誰に頼まれたわけでもなく。

締め切りがあるわけでもなく。

ただただ、自分が作りたいがために作りました。

たくさんの時間とお金と精神力を使い、虚しさや申し訳なさも感じつつ、それでもめっちゃ楽しく、とてもとてもとても頑張ったと思います。

きっと、今までの”音楽活動”の中で一番頑張った。

頑張ったー!!

アレンジやミックス、選曲で迷ったり悩んだり、違和感がまとわりついた時は、

「それはheritage(ヘリテージ・継承)か?」

と自問自答しました。

俺が今までたくさん聴いてきて、たくさん影響を受けた音楽を継承しているかどうかを最も重視しました。

制作において、セルフプロデュースをしていると、

「おらおらー。こんなこともできるぜ。こんなことも知ってるぜ!」

という部分を入れたくなるものです。

でも、その多くが音楽的ではありません。

この5thアルバム『heritage(ヘリテージ)』は音楽であり、俺によって演奏され、俺によって作品とされた音楽です。

ぜひ。

楽しんでもらえたら嬉しいです。

詳細はまたHPやSNS、メルマガでお知らせしますが、手作りジャケでCDを販売します。

配信も行います。

CDはライブ会場で購入していただけます。

または郵送にて承ります。(送料は500yenいただいてマス)

9曲入り2800yenです。

「CD買うよ〜!」な方は、ご一報いただけたら助かります。

(ジャケを手作りしますので・・・)

ご予約やお問い合わせは、

heritage@akirayoshida.com

までよろしくお願いします。

info@akirayoshida.comなどですでにご予約していただいている方は必要ありませんので!!

さー。

明日起きて、チェックして、おっけーやったら入稿作業やー!!

 

2018年4月27日

5thアルバムのラフミックスをスマホ&イヤホンで聴きながら、近所を散歩。

たっくさん気になるところ発見。

んで。

録音し直すことにした部位もありつつ。

 

2018年4月26日

吉田あきらの5thアルバムはミックスに突入!!

のはずが。

やっぱり・・・。

どーしても気になるところが・・・!!!

ということで。

めんどくさいし、きりがないのだが。

やっぱりやっぱり。

録り直すことにしたった。

そして録り直したった。

録り直してよかった、と思った。

今度、ミックスの段階でどーにもならない!と思ったら。俺は楽器屋へとダイブし、すべてのベースとすべてのドラムを買う。

 

2018年4月25日

自分のアルバムの録音を終えて、さーミックスだー!

もっとも苦手な、でもめちゃ楽しいミックスタイムだー!

 

2018年4月24日

大柴広己さんとTOZYさんが近所でライブ!ってことで。

ちょいと遊びに行きましたー。

音楽って人柄やなーって思って見てました。

写真録ってないー!!

 

2018年4月23日

懲りもせず、ボーカル録音。

えー感じのウタが録れると、それに付随していろんな部分が気になりだす。

とくにベース!!

ベースってほんと大事ねー。

プレベしか持ってないので、プレベ以外の音を出すためには打ち込みでまかなうのですが。

やっぱり自分で弾きたいわー。

その方が早いし、その方がより音楽的やし、何より俺はベースが好きなのだー!!

ジャズベが欲しい。

ふつーのやつ。

ふつーのジャズベが欲しいぞー。

 

2018年4月22日

昨日に引き続き、ボーカル録音。

もう、ボーカル録音をし続けて一生が終わるのではないか・・・。

というくらい、果てしなく、終わる気がしない。

 

2018年4月21日

自分の5thアルバムのための、ボーカル録音をしてました。

喉がらがら・・・。

今までの自身の作品の中で、もっともえー感じの音質で録音できてますよ!

 

2018年4月20日

アストン・マイクロホンズ / AST-HALO

アストン・マイクロホンズ / AST-HALO

自宅でのボーカルレコーディングで、もしかしたら最も必要なギアがコレではないかしら。

というくらい、もの凄い効果的なヤツ!!

コレ、すごい。

驚いた・・・。

なんで、こんなエリマキトカゲみたいなやつがいるのか・・・というと。

自宅って、歌うと響くのですよ。

部屋で手をパチーンと強く叩くと、「パチーン」と音がなったその直後に、「・・・ひーん」という残響がしませんか?

その残響が極めて邪魔なんですが、このエリマキトカゲによって、ボーカルの録り音がまるでレコーディングスタジオのボーカルブースで歌ったかのようなクオリティとなるのであります。

いやーほんとすごい。

かなりすごい。

革命的にすごいわ、これ!

絶対すごい。

もし。

自宅でのボーカル録音で何かとお悩みならぜひ導入を検討されてくださいませ。

この感動は分かち合いたいわー。

AST-HALO

 

2018年4月19日

そして俺は自らの歌声を「音」ではなく「音楽」にするために。

自分が所有し、愛用するにふさわしいマイクとマイクプリアンプとシールド、その他もろもろの備品などなどを調べに調べ上げ、1つずつポチりはじめたのでありました。

はあはあ。

はあはあ。

 

2018年4月18日

環境破壊甚だしいとある国の緑化政策とは。

広大な砂漠に緑色のペンキをばら撒いて、航空写真を撮ること。

俺のボーカル録音はまさにそれに近いものがある。

緑色の航空写真を見ながら、

「もうちょい薄い緑のほうが、っぽくね??」

と言っている。

そんなことを、俺は自分の声を使ってやっている。

やめよう。やめやめ。

やめるー。

 

2018年4月17日


5thアルバムの制作、がんばってます。

どーやっても。

何度やっても。

ボーカルが全然キマらない。

声、って、奥深い楽器やわー。

 

2018年4月16日

近所の家具屋がなんと、カラテ道場に・・!?

道場の入り口の案内には、

「東京オリンピックの正式種目にもなりましたし・・・」

といったことが書いてあって、

「へー」

と思って読んでいると。

オトコマエのにーちゃんが、

「ちょっと、見ていきませんか??」

と声をかけてくれたので。

おじゃましてきました。

カラテ、か。

武道って、礼儀礼節がカッコイイよねー。

 

2018年4月15日

戦前ブルース・・・?

ラジカセを使って、直接ウタとギターを録音してました。

えー感じに楽しくヤってたら・・・。

壊れました。

何かをやろうとすると、壊れるんですー。

どーしよー。。。

 

2018年4月14日

ボーカルブースを作ろう!

自宅のクローゼットを改造して、ボーカルブースを作ったろー。

ということににしました。

 

2018年4月13日

ソロライブ@新宿SACT!

久しぶりに、アコギ&マイクで弾き語りライブしましたー。

とても楽しかった!

俺は自分の弾き語りスタイルが好きです♪

本番前、楽屋で声出してました。

ぜひ聞いてー聞いてー!!

 

2018年4月12日

ブルーノマーズ LP

ブルーノマーズワールドツアー!!

行ってきた!

感動した!

ノリノリでめちゃ楽しんだ!

声枯れといた!!

 

2018年4月11日

もはや俺はその類いのハナシに興味はありませんが、よくあるハナシの1つに、

「打ち込みなのか、それとも生演奏なのか」

の議論があります。

打ち込み、とは・・・??

ウィキペディアにはこう記載されています。

『打ち込み(うちこみ)とは、主にドラムマシンやミュージックシーケンサーなどに前もって演奏情報を入力しておいて(打ち込んでおいて)、それを再生することで演奏を実現させる技法、またはその結果としての音楽のこと。』

生演奏、とは・・・??

楽器を実際に演奏することです。

で、打ち込みと生演奏を比べて、「どちらがより優れているか」を比較することがよくあります。

多くが「やっぱり生演奏ってリアルでいいよね!」「打ち込みっぽくなっちゃってダサいね!!」、というオチになりがち。

俺は実際に生演奏をしているし、その良さを約30年感じて生きてきました。

でも。

最近は『打ち込みも生演奏である』、と強く感じています。

打ち込みでもかっこいい音楽はたくさんあるし、生演奏よりもずっとステキな打ち込みをするミュージシャンもたくさんいる。

打ち込みや生演奏は音楽を作るための「手段」です。

「手段」が音楽のクオリティを決めるのではない、と。

ええ。

こーゆー考えもまた「手段」であり、ごちゃごちゃ言わず黙ってかっこいいと思う音楽を作っておればいいのですよ、そこの俺。

 

2018年4月10日

メロを作る時や、アレンジをする時。

ギターやピアノなどで音を出しながら色々とアイデアを探ることがあります。

が、やっぱりここ最近は。

アタマの中である程度「構築」してから、実際に楽器に触れて音を出す方がより”良い”気がしています。

アタマの中で鳴らす音は果てしなく自由。どこまでも自由。

「想像力」や「妄想力」によって、その自由さは無限大です。

すごいねー、人間って。

 

2018年4月9日

自分の作品、5thアルバム「heritage(ヘリテージ)」の歌録りと、チロリンさん楽曲のギターアレンジデモ録音に勤しんだ1日でした。

そう言えば去年も、チロリンさんと同じタイミングでアルバム制作してたなー。

 

2018年4月8日

5thアルバム「heritage(ヘリテージ)」をリリースしていないのに、6thアルバムがぼんやりと見えてきました。

こんな感じで、ずーっと制作意欲に湧く音楽人生を歩み続けられますように。。。

 

2018年4月7日

ドラマー KISHI-YAN

やっぱりドラマーはステキ

ドラムとは素晴らしい楽器であります。

ガシャーンとか。

どかーんとか。

ある意味「雑音楽器」やのに、美しいグルーブとビートはまるでメロディを凌駕するかのようです。

ドラマーのキシヤン、チロリンさんレコーディングで大活躍でしたー!!

 

2018年4月6日

何かをやろうとすると、何かが壊れる。

それが俺です。

今日は、ティファールの電気ケトルが壊れましたー。

 

2018年4月5日

気がつけばあともう少し・・・

5thアルバムに収録するための楽曲の、録音すべきモノは8割程度終了しているようです。

ミックス、が問題やなー。

一番経験が少なく、一番知識がなく、一番苦手な行程。

ミックスエンジニア、という職業が成立するくらいの専門分野です。

でも、それを自分で行えるって、サイコーの経験ですぜ。

 

2018年4月4日

5thアルバム「heritage(ヘリテージ)」の、CDジャケット用アイテムが我が家に到着しました。

デザインとコーディネートは、前回4thアルバムで「絵」を描いてくれたkumiちゃんにお願いしました。

めっちゃオシャレやからー!!!

めっちゃ期待しててー!!!

1つずつCDを包装して、心を込めてお届けするからー!!!

5月中旬には。。。。

 

2018年4月3日

近所で工事が・・・

自宅で歌とアコギの録音をする!

って時に。

自宅の隣りで新築工事です。

ほんま・・・。

信じられへんわー。。。

 

2018年4月2日

毎日、あれやこれやと制作をやっていると、新たな知識を身につけることになります。

知らなかったことや、わからなかったことを理解すると楽しいし嬉しいので、「もっと知りたい!もっとわかりたい!」と、新たな知識を求めるようになります。

これ。

本末転倒にならないようにしないとアカンのですよ。

例えば。

ある機材や、あるプラグインソフトなどをいじっていると、

「うおー!!こんなこともできるのか!すごい!」

と驚くのですが、「それは今、自分が作るべき音楽に必要なのか??」

ということを考えて時間を使わないと、いつまでたっても作品が仕上がらないのです。

バランス良くやらないとね。

2018年4月1日

タリスカー

「もう」と「まだ」

さー。

軽く家飲みでもしたろー。

と思って、棚のウイスキーに手を伸ばす・・・と。

俺が好きすぎるお酒の中で50000本の指に入る名酒『タリスカー 』が、

「もうこれだけしかない!」

のであった。

いや。

「まだこんなにもあるじゃないか!」

というべきか。

・・・といった類いの「たとえ」をしばしば聞く。

時間やお金のハナシでよく聞く。

そんなもんでネガティブやポジティブを計らないでいただきたいものだ。

いずれにしても、俺はこう叫ぶだろう。

「時間とゼニは使うためにあるしやなぁ、酒はなぁ、飲むためにあるんじゃい!」

 

2018年3月31日

3月の最終日。

桜を愛でる時間を犠牲に、「one more time」という曲のアレンジをシッコリと行いました。

よかったら試聴できるので、聴いてねー。

akirayoshida.com/diary/5th-rec

去年、4thアルバムを作りましたが、その時から比べると、随分と成長したな!と思います。

でもそれはある意味当たり前。

俺の好奇心と向上心が、俺を成長させてくれているのだと思います。

そしてもう1つ、自らを成長させるために必要なことにも気がつきました。

それは。

楽しいかどうか。

「楽しい」、に素直になる、といいますか。

楽しもう、とするんじゃなくて。

楽しい状態で取り組んでいれば、必ず成長する。

そしてより独創的になると思います。

 

2018年3月30日

毎日シコシコと音をイヂっていると、だんだん「耳」が良くなってくる・・・ような気がします。

アタマの中で思い描く「理想的な音」を、実際に響かせるまでの時間(スピード)が日々早くなっていると思うのです。

音に模様が見えるんですよねー。

うまく説明できない感情やけど、映画「グランブルー」のジャックな気分・・・かなぁ。

 

2018年3月29日

桜と満月

桜と満月がサイコーに美しい、春のひととき。

永遠に美しく、本当に素晴らしいものは、すべてすべて無料なのですね。

 

2018年3月28日

「沈む」という曲のアレンジに大没頭。

死ぬか、というほどに没頭しました。

諸々を承知で、立場をわきまえずにあえて言いますが、”殿下”ことPRINCEの死因はとても理解できます。

作り始めると、途中で中断なんて絶対にできないからです。

 

2018年3月27日

「ポケットの手紙」という曲のアレンジに没頭。

A → F#m → Bm → E

ってだけの、シンプルな楽曲なので、とても悩み迷いながらのアレンジでした。

今回の5thアルバムのコンセプトは、『自分が影響を受けた素晴らしい音楽に対する「感謝」と、素晴らしい音楽を「継承」する』なので、アレンジに迷ったら「名曲」からヒントを探ります。

→ http://akirayoshida.com/diary/5th-recにデモがあるので、聴いてみてー。

 

2018年3月26日

めっちゃくちゃ天気がよくて、絶好のお花見日和でしたが、実にシコシコと制作してましたー。

今日はストリングスアレンジとか、ミックスとか。

アレンジャーやミックスエンジニアという職業があるくらいなので、アレンジする時はアレンジャーに、ミックスする時はミックスエンジニアにお願いすると、とてもハイクオリティの作品が生まれます。

1つの作品にいろんな人が携わると、意外なアイデアと出会うこともあります。

が。

ストリングスアレンジやミックスという、とても楽しくて夢中になれることを自分でやらないなんて、そんなのもったいない。

俺は「全部やりたい!」というよりも、「たっぷりと音楽を楽しみたい」からオールアローン作品をリリースしようとしているのです。

「より良い作品」「より売れる作品」も大切やし欲しいけど、単純に楽しみたいね。

「あー!楽しい!!」

って思いながら音楽を作りたいと思います。

 

2018年3月25日

ひったすらベースを弾きまくって、指先に水ぶくれです。

やれやれ。

つい、張り切って弾いてしまうのですよ。

 

2018年3月24日

ちびっこたちの音楽会を観に、表参道のカワイへ行ってきました。

歌ったり弾いたりしている子どもたちを見ながら、多くを学びました。

緊張しまくってたり、親や先生を気にしたり、自分の世界に没頭して楽しく演奏したり。

みんなそれぞれの個性があって、ちっとも飽きない時間を過ごすことができました。

ああ。音楽は素晴らしい。

俺も練習するぞー!

 

2018年3月23日

必要すぎるモニタースピーカーをなんと!!!いただけることになり、本当に嬉しくて心からハレルヤー!!!なんですが。

そのモニタースピーカーのために、相応のパワーアンプが必要なのですよ。

もちろん、ソコソコの値段がするのです。

でも、せっかくいただけるスピーカーだから、やっぱり正しく使いたいし、なー。

5月には新しいアルバム出したいし、ミックス頑張りたいしなー!

明日、道端に1500万円くらい落ちていますように。

500万くらいポケットに入れたら、ちゃんとお巡りさんに届けるからぁ、、、、!!

 

2018年3月22日

自宅スタジオのモニター環境を整えるべく、エレクトロボイスのパッシブスピーカーであるTX 1152の導入を検討しているのである。

TX 1152

そーとーデカいぞ。

 

2018年3月21日

雪と桜

「さー。桜が五分咲き!春が来たー。」

というタイミングで降る雪。

それでも桜は満開を目指して咲こうとします。

 

2018年3月20日

何かをやろうとすれば、何かによって邪魔されます。

先日はモニタースピーカーが逝きかけました。

もーえーわ・・・と挫折しそうになりながらも、なんとかしがみつくのです。

なんとか、しがみつくのですよ。

本能と直感と、天才的な才能に。

 

2018年3月19日

先日、カズオイシグロ著の「わたしを離さないで」を読了しました。

なんちゅーか・・・。

すごいわー小説って。。。

映画も観たいと思いました。

 

2018年3月18日

ヨビ

夜、音楽仲間の日比康造が「近所で飲んでるし、どう?」と誘ってくれましたのでー。

久しぶりに、かるーく一杯。

面白いコンセプトの、素敵なお店でしたー。

茶割り
https://chawari.owst.jp/

2018年3月17日

今日の夕方。

近所をチャリンコで道路の左側を走っていると。

右側通行でチャリンコをぶっ放すおっさんが、俺の方に向かって直進してきました。

そして、

「危ないなー!チャリンコは左側通行だ!」

とブチ切れながら俺に叫びました。

春やなー。

さて。

「沈む」という曲のアレンジをスタートさせました。

イメージ通りの楽曲を見つけてしまいました。

えー感じに仕上げたいなー。

 

2018年3月16日

「Don’t Change Your Mind」、「Morning Sun」という2曲のアレンジを終えました。(多分・・・)

あー。

死にかけながら、俺は生きている!!

 

2018年3月15日

最近、メルマガを発行していないのですよ。

書くのが苦になったわけでもなく、書くネタがなくなったわけでもなく。

何か具体的な理由があるわけでもなく。

自分の中で何か、バランスを取ろうとしていると思うのですよ。

 

2018年3月14日

自分の作品のための音作り&アレンジに没頭しております。

いやー。あっという間に時間が過ぎる。

俺は音楽制作がほんとに好きなんだな・・・と呆れております。

でも、ものすごく好きなことがあって、好きなことにものすごく没頭できる自分は幸せ者です。

おかげさまです。

ありがとう。

 

2018年3月13日

朝から晩まで、ひたすらシコシコと”モノ書き”をしておりました。

カタカタ、カタカタと書きまくることはまるで苦ではなく、「むしろ向いているぜ」、と思っています。

ひと段落して、お次は自分の作品のための音楽制作タイム。

「自分のための作品」、となると、その没頭レベルは”モノ書き”の比ではありません。

吉田あきらの5thアルバムは5月上旬に配信リリースできると思います。

もちろんCDも用意しますが、こちらはCDそのもののプレス以外は「ハンドメイド」で行います。

ぜひぜひお楽しみに!!

 

2018年3月12日

朝。

自分の新しいアルバムのタイトルを決めました。

えー感じ。

自分にとって、必要なアルバムやし、必要なタイトルです。

そして何より、今までのアルバムと比べて「一番自分の好みの音楽に近い」と思います。

CDが売れない時代。

音楽データとジャケデザイン1枚あれば配信ストリーミングできる時代に、わざわざCDとして販売しようとしています。

少なからず買ってくれるという人がいてくれる。

だったら、「もの(物)」として価値のあるものを用意したい。

単純に、「このもの(物)が欲しい」、って思ってもらえるような「もの(物)」を届けたい。

「かっこいいから欲しい」「かわいいから欲しい」という理由で、その「もの(物)」を買ってもらいたい。

「CDを売る」って、きっとそういうコトなんちゃう??

ほんで。

肝心の音楽はというと、「俺が今まで聞いてきた音楽へのオマージュ」であります。

 

2018年3月11日

日本中の人が7年前を思い出し、お祈りをしたことでしょう。

生かされているものとして、天命をまっとうしたいものです。

 

2018年3月10日

寄生虫館

目黒寄生虫館

吉田あきらの4thアルバムのジャケットのために「絵」を描いてくれたKUMI ENDOが大阪から東京にやって来た、ということで。

「次回の5thもお願いします!」、な打ち合わせをする前に。

とりあえず、目黒寄生虫館へ。

サクセスストーリーは寄生虫から始まります。

http://www.kiseichu.org/

 

2018年3月9日

毎月第2金曜日は新宿SACT!でソロライブ。

リハーサル映像をYouTubeにアップしました。

■Don’t Change Your Mind

■ONE MORE TIME

 

2018年3月8日

551蓬莱

551蓬莱

ハズレなし!

のお土産、蓬莱の豚まんをいただきましたー。

http://www.551horai.co.jp/

2018年3月7日

近藤勇と土方歳三

新撰組のお墓

ちょっとしたアレで板橋へ。

板橋駅前に「近藤勇の墓」なるものがありました。

新撰組でおなじみの、幕末の武士です。

俺は日本史を知りません。

古いお寺だらけの街で育ち、司馬遼太郎氏の母校で知られる高校に通っていたのに。

ですが近頃、とても興味があるのです。

 

2018年3月6日

おかげさまで、5月は関西でソロライブ3連チャンです。

自分にとって新しいコトや、「音楽が好きだ!」という方々に楽しんでもらえる音楽をカマしますので、お待ちんぐー!!!!!

◎5月18日(金)@大阪心斎橋 bar PARKA HOLIC
「城領明子×吉田あきら」
open 19:00 / start 20:00
料金 : ¥2,500 (別途1DRINK)

◎5月19日(土)@神戸 高架伍拾七
「TOZY×城領明子×吉田あきら」
start 19:00
料金 : ¥2,500

◎5月20日(日)@大阪枚方(ひらかた) ハングオンカフェ
「大柴広己×吉田あきら」
start時間 料金 未定

 

2018年3月5日

冬季五輪で金メダルを2つゲットした高木菜那選手に、日本電産の永守重信会長が4000万円を渡す!という話を聞きました。

京都出身の永守会長はオラオラの昭和満載な経営者。

「すぐやる!必ずやる!できるまでやる!」、とか。

「一番以外全部ビリ!」、とか。

「大ホラを吹け!そしてそれが中ホラ、小ホラとなって、夢になるんや!」、とか。

今でも1日16時間働くという73歳の永守会長を知って、何も感じないような不感症の俺ではないぜ。

 

2018年3月4日

我が家で飼育中のメスの子豚2匹を連れて近所の公園へ。

アホ丸出しのアクロバティックな遊びに、親ながら呆れ返っておりました。

8歳のMと4歳のCがお互いの名前を呼び合いながら、ぜーぜー遊んでいる時。

同じ公園で遊んでいた可愛らしい姉妹とおしゃれなママが不思議そうに近づいてきました。

話を聞くと、その姉妹は5歳のCと3歳のMだと。

名前が同じだ、と言うのです。

漢字も同じだ、と言うのですよ。

いろんな「偶然」を経験してきましたが、上位に食い込む「偶然」レベル。

すごいなー。

 

2018年3月3日

ひなまつり

Googleトップページがお雛様でした。

女子のすこやかな成長をお祈りいたします。

 

2018年3月2日

マイヤーズラム

マイヤーズラム

ジャマイカのダークラムで、お菓子作りにもよく使われるマイヤーズ。

久しぶりに自宅で飲みました。

上京当時、吉祥寺の飲み屋でコレばかりを飲んでいた時期があります。

その時をモーレツに思い出し、「あれからもう15年経ったのかー。」と、しみじみ酔っ払ったのでした。

 

2018年3月1日

満月

とても大きな月を眺めていました。

月を見るとテンション上がります。

 

2018年2月28日

コーヒー

ハワイ人にコーヒーをいただきました。

コーヒーを飲みながら、本を読むのが好きです。

いや。

コーヒーを飲みながら本を読むことができる「時間」を贅沢に過ごすことが、好きなのです。

 

2018年2月27日

バター

バターをいただきました。

なにかと料理に使ってます。

今一番作って食べたいヤツは、バター醤油なきのこのパスタです。

 

2018年2月26日

死ぬ夢

死ぬ夢をよく見るのだよ。

最近。

 

2018年2月25日

鴨川 アミーゴ

ハンバーグ

千葉県民スタッフさんのおすすめで、チロリンさんにハンバーグをご馳走していただきました。

 

2018年2月24日

鴨川シーワールド

チロリン温泉ツアー

ベーシストでシンガーソングライターのチロリンさんと、チロリンファンのみなさん24名で千葉は鴨川へ行ってきました。

まずは鴨川シーワールドへ。

アザラシ

イルカやシャチのショーはアクロバティックでとても楽しかったのですが、俺の好みは「のそー」「だらー」「ぐてー」とした奴らを「ぼー・・・」っと見ることでした。

イルカ

セイウチのコンビが延々とコントしてました。

 

午後はホテルへ移動して、アコースティックライブの準備。

ライブ後はみんなで宴会・・・。

そしてみんなが寝静まるころに、海の音を聴きながら温泉。

温泉後、バンドメンバーたちはラーメン餃子を喰らいに出かけましたが、俺は堂々と部屋でゆっくりとくつろいだのでした。

チロリンさん、水田くん、タカちゃん、ともやくん、そして24名のみなさんにはたくさんお世話になりました。

また来年、温泉ツアーが企画される、とのことです。

 

2018年2月23日

バッカスチョコレート

バッカスチョコレート

チョコの中にブランデーが入ってまっせ、というやつ。

いただきましたー。

 

2018年2月22日

巻き寿司

巻き寿司

ほおばりました。

んぐんぐと。

 

2018年2月21日

アインシュタインファクター

天才・・・?

オリンピックの素晴らしい結果に感動をもらっています。

メダリストも、そうじゃない選手もみんな、想像以上の練習をされているのだと思います。

(本人の自覚はわかりませんが・・・)

彼らの身体的な能力はもちろんすごいのですが、精神力や哲学も素晴らしい。

なんてことを考えて、天才の名が付いているタイトルの本「アインシュタイン・ファクター」を読みました。

 

2018年2月20日

クロワッサン焼く前

冷凍・・・のクロワッサン

朝食に、ということで、冷凍のクロワッサンをゲット。

オーブンで焼いたら・・・なんと。

美味しいやーん!!

冷凍クロワッサン

 

2018年2月19日

Rolandで弾き語る!

この感じ。

このサウンド。

に、吉田あきらの弾き語りをプラスさせたライブがやりたいのです。

もちろんこんな、バキバキのテクノ系じゃなくて。

無機質な機械音と生楽器&生歌はかなり相性良いと思う。

 

2018年2月18日

セッション

映画「セッション」

先日ライブでご一緒したTOZYさんのTwitterで、「セッション観ました」という投稿を読みました。

俺もコレ、映画館で観たのよねー。

で。

さっき、Amazonプライムで観ました。

好きやわー、この映画。

 

2018年2月17日


ギターをポロロンとしながら、とある曲の制作をしていました。

ギターとスマホしかない時は、スマホに入れてある『KORG Gadget』で簡単なビートを作って、それに合わせてポロロンすることが、ここ最近多くなりました。


http://www.korg.com/jp/products/software/korg_gadget/

それぞれの楽器や機材のサウンドに触発されて、アイデアがぐんぐん出てくるのです。

あー楽しい。

 

2018年2月16日

枯れたり茂ったり

時間潰しに近所の公園を歩きました。

「いよいよ、かもしれないな。」

冷静に、落ち着いた気持ちで、しみじみと現状を受け止めつつ、救いや慰めを期待して木に包まれていました。

木は黙って空を見上げ、木は黙って”その時”を待ちます。

少しずつ少しずつ根を広げながら。

「枯れても腐るなよ!」

そう。

春は必ず訪れます。

望むと望まないにかかわらず・・・!!!!!

 

2018年2月15日

50% off HALion 6 and HALion Sonic 3

愛用のCubaseで使っているHALionが半額やってー。

もー、めっちゃ欲しいやーん。

 

2018年2月14日

バレンタインデー

愛とカカオに満たされた時間を過ごされましたでしょうか?

俺は3Cと言われる「コーヒー(coffee)」「チョコレート(chocolate)」「シガー(cigar)」が好きです。

この3Cにウイスキーがあって美女が側にいればもっと好きです。

ビジネス界での3Cとは「Customer(市場・顧客)」「Competitor(競合)」「Company(自社)」だそうです。

吉田あきらの音楽活動を3Cで表現すると、

「Chill(落ち着く)」「Chick(おんなのこ)」「Creep(変態っぽい)」

でしょうか。

「Cooooool(かっこいい)」

を加えて4Cとしておきましょう。

お後がよろしいようで。

 

2018年2月13日

東京へ

神戸でのんびり過ごして、東京へと戻りました。

兵庫駅から、泊まっていた神戸ルミナスをぱしゃり。

また5月戻ってくるでー!!(たぶん・・・!?)

兵庫駅から三宮駅へ、そして三宮からバスで伊丹空港へ。

その時。

OPAが閉店することを知りました。

時間というものは止まらずに、確実に進むのですよ。

俺はあなたと、あと何回会えるのでしょうか。

 

2018年2月12日

もう一泊・・・!!

昨日は高架57でライブ。

そして翌日に東京へ戻ろうと思ったのですが。

もう一泊カマすことにしました。

そしてホテルの部屋でシコシコとシゴトしました。

数年前、暮らしていた神戸。

またいつか、再び神戸で暮らすことになるような気がしていて、そんな気分も味わいながらシコシコ。

お昼、めちゃ吹雪いたしなー。

みんなの街は、雪降ってますでしょーか??

 

2018年2月11日

TOZYと城領明子

高架57ライブ

TOZYと城領明子、そして俺の3人で一緒にライブやりましたー!!

単純に音楽が好きで音楽活動を継続している数少ないミュージシャンとご一緒できて、俺は実に誇らしい。

集まってくれたみんな、ほんとにありがとう。

日本には、そして世界には、「単純に音楽が好き」な人たちがきっとたくさんたくさんたーっくさんいると思う。

俺たちは1人でも多くの、「単純に音楽が好き」な人たちと出会いたいと思っています。

 

2018年2月10日

荷造り

明日は神戸でライブ!

というわけで荷造りを。

機材と物販グッズを入れたらパンパンになるコロコロ。

バッグはやっぱり「大は小を兼ねる」に限るぜ。

今年はえー感じの大きなコロコロをゲットするぞー!!

 

2018年2月9日

ES-175 BLUESCUBE

ソロライブ

歌とギターのソロライブをよりえー感じに楽しみたい!

そのためにはサイコーの音色が必要です。

今回チョイスしたES-175とBLUESCUBE、そしてRK-5という組み合わせはめっちゃアガるサウンドでした。

 

2018年2月8日

壊れる時期

最近、愛用品が細かく壊れ始めています。

これ、パターンなんです。

再生、の。

何かが新しくなろうとしているのですよ。

何かが変わるんやで、きっと!

 

2018年2月7日

エリザベスタウン

車でひとり旅がしたいなー、と思って思い出した映画をぼーっと観ました。

『人生はいつだって、何度でもやり直せる』

って、よく聞くフレーズ。

でもこれは、失敗したり挫折したりしない人生を選んで生きている人にはまったく感動しないフレーズかもしれませんね。

そして何より、失敗や挫折そのものよりも、変化を恐れチャレンジしないこと自体が”失敗”ではないか、とも思います。

もちろん、それもこれも人それぞれですが。

 

2018年2月6日

芳香剤

いただいたコーヒーが空っぽに。

瓶に保冷剤とアロマオイルを入れてえー感じ。

 

2018年2月5日

ラリーカールトン

ラリー・カールトン@ブルーノート

過去最大級に感動しました。

「エレキギターって、こんなにも素晴らしい楽器なんだ!!」

と改めて感じました。

やっぱり素晴らしい音楽って、神様からのギフトだと思うわー!!

http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/larry-carlton/

公演後、本人のギターを目の前で見て、写真を撮らせてもらったぜ。

ありがとー!!

 

2018年2月4日

みかん

お向かいさんから、みかんをたくさんいただきました。

 

2018年2月3日

アップルパイ

夜、南青山でアップルパイをいただきました。

GRANNY SMITH
http://grannysmith-pie.com/

 

2018年2月2日

20年以上前に購入したHIWATT(ハイワット)というブランドのギターアンプ。

知人がイギリスから輸入したのを、格安で譲ってもらった思い出のアンプ。

俺のバンド時代にめっちゃ使ってて、レコーディングでも大活躍だった自慢のアンプ。

「サイズ大きいし重たいし大爆音やし、しばらく使わないし・・・」

ってことになり、ずっと後輩ギタリストにレンタルしてました。

10年以上も。。。

時は過ぎ、後輩もそのHIWATT(ハイワット)というギターアンプを長らく使ってないし、置く場所にも困っていると連絡がありました。

「お互いに使わないなら処分しよか・・」

という話になりかけましたが、やっぱりやめて、再び俺が所持することにしました。

直感が働いたのです。

処分したらあかんで、と。

持っておいたほうが絶対にいいで、と。

またガンガン活躍するタイミングがくるから、と。

俺が使わなくても、それを使いたがるやつはたくさんいるから、と。

HIWATT(ハイワット)は大好きなアンプ。

しかも俺のHIWATT(ハイワット)は40年前に作られたとても古いものなので、現行品よりも”えー感じ”なのです。

きっちり修理して、自分の5thアルバムのレコーディングに使用しようと思いました。

壊れたらまた修理して、ずっと使っていこうと思いました。

あとどれくらいの間ギターが弾けるのか・・・。

わからないけど、「これからギターを弾くことができる時間」よりも、「今までギターを弾いてきた時間」のほうが長くなりつつあるのです。

なので、その両方の時間をもっと大切にしたいと思ったのでした。

●HIWATT(ハイワット)
https://www.ishibashi.co.jp/hiwatt/

 

2018年2月1日

ジェットストリーム

外出先で書くものがなかったので、コンビニで買ったボールペン。

しかしこのジェットストリームだけはほんまに好きです。

1000円でも買う。10000円でも買っていい。

それくらい好きすぎる。

 

2018年1月31日

皆既月食

素晴らしいショーでした。

 

2018年1月30日

ペリカンM-320

接着剤を使うか・・・

外れた部分、接着剤でやっちゃおうか。

やっぱりちゃんと、メーカーに修理に出そうか・・・。

 

2018年1月29日

ファスナー壊れる

20年近く着まくっているPatagoniaのR4フリースのファスナーが壊れましたー。

もう、たっぷりお世話になりました。

 

2018年1月28日

万年筆

以前から壊れたままの万年筆。

キャップにペン先がくっ付いたまま、胴部分が取れていました。

キャップからペン先を抜くには、ペン先と胴部分を接着剤などでくっ付けて、回して抜かないといけません。

が。

今日、久しぶりにその万年筆を見た時。

「おーい。外せるよ。回してみて!!」

という声のようなものを聞きました。

直感、かなあ。

ペン先と胴部分を合わせて、回すと取れました。

ペン先と胴部分をしっかりとくっつけないと回せないはずのソレが回ったのです。

奇跡ですぜ、奇跡。

「よっしゃー!」

ということで、水に浸けて一晩おきます。

明日、乾かして、自分で付けてみたろかな、と思ってます。

最近、奇妙な夢ばかりを見ております。

左右のこめかみに後ろから四角い印鑑をぎゅーっと押されたり。

二人の女の子に見つめられながら、「どんなもんじゃい、この青い空は!」と叫んでみたり。

なんやろなー。

良い前兆やったらいいけどなー!!

 

2018年1月27日

このイントロは・・・??

ギターのせんせーしてました。

ギターとは、ジョジョに少しずつ上達することもあるかもしれませんが、だいたいが”急に上達する”ものです。

その日まで、その瞬間まで、少しでもいいので毎日”触る”ことが大事です。

さて。

このイントロ、何の曲でしょーか???

 

2018年1月26日

キーボードのカバー

毎日使うパソコンのキーボード。

ギトっと汚れるの嫌やし、コーヒーなどをこぼすのも嫌やし。

ってことで、キーボードカバーなるものを付けてみました。

めっちゃ使いにくい!!

めっちゃんこ使いにくいぞ。

これ、使いにくすぎるぞー!!

 

2018年1月25日

つらら

激さむの富山市にて、ギター弾いてきましたー。

歩道はつららがつらなっておりました。

東京も寒いわー。

2018年1月24日

ライ麦畑でつかまえて

ライ麦畑でつかまえて

同じ作品を違う訳者で読む。

そして、いつか原書でよめたらなー!!

 

2018年1月23日

雪の朝

めっちゃんこ積もってるやんけ!な朝。

ズボっと雪に差し込んだら手首以上の深さまで!!

今日は雪だるまをいっぱい見たぜ。

日中はとてもぬるーく感じる気温でした。

いただいたコーヒーをいただきました。

 

2018年1月22日

雪の東京

昼過ぎには降り始め、夕方には「お、積もってきたな」な東京。

夜には、ズボっと突き刺せば俺の手首くらいまでしっかり積もっておりました。

東京16年生の俺やけど、こんなたくさん積もったのは初めてじゃないかなー。。。

 

2018年1月21日

ソロライブのパフォーマンスを考えています。

音楽って、音楽そのものはもちろんやけど、リスナー・オーディエンスに「どう見せるか」「どう表現するか」「どのような印象を抱かせるか」も同じくらい大事よね。

リスナー・オーディエンスとしてもそう思う。

そこで『バンド』という選択肢が出てくるんやけど、ソコがどうも自分なりにしっくりこない。

もちろん『バンド』は大好きやし、やりたいし、しんどいことも多いけど楽しいってことは知ってるし経験してきたし。

でも、どうせやるなら誰もやってないことがやりたい。

今まで自分がやってきたことの半分は残して、もう残りの半分は新しいことがやりたい。

「新しいことをやる?いやー。もう、やり尽くされてるよ。」

なんて、俺は思わないのよねー。

 

2018年1月20日

コーヒーとチョコレート

いただきましたー!いただきまーす!

 

2018年1月19日

40代初ライブ!

新宿SACT!で初ライブ

今年最初のライブ。そして40代初のライブを新宿SACT!で行いました。

DJっぽいアプローチをガンガン試していきたいと思っているのです。

 

2018年1月18日

明日のライブ、どんな感じにしようか考え中。

「ギターでの弾き語り」というスタイルは大切に守りつつ、より自身のルーツに寄せたサウンドや、新しいスタイルへのチャレンジもやりたいのですよ。

せっかく売れずにここまで来れてんで!?

やりたいこと、いっぱいあるでー。

 

2018年1月17日

マンゴー!

マンゴーをいただいたので、いただきました。

 

2018年1月16日

ソロライブのアイデア

今後のソロライブの”やり方”をいろいろと吟味しています。

選択肢がありすぎて迷っています。

 

2018年1月15日

試聴できます

吉田あきらの5thアルバムについてのブログです。

【最新版】吉田あきらの5thアルバム制作記録
http://akirayoshida.com/diary/5th-rec

下書き音源が聴けるので、お時間あったらぜひ!

「完成するまでは聞きたくありません!」という方は聞かないでねー!!

 

2018年1月14日

内なる情熱

時期がくればどかーんと一斉に咲く。

そのためにはじっと黙って、待つ必要があるのですよ。

俺はいつもそれを冬の木から学びます。

葉を枯らしながら、強く地面に根を張る木。

そして。

いつも変わらずかっこいいのが空の青。

 

2018年1月13日

彼には見えるんだと・・・

友人でダンサーで画家のBOXERが個展をやる!ってことで、五反田は不動前にあるカフェへ行ってきました。

じーっと作品を見ていると、思考がファンキーになるので好きです。

しかし、脳みそどうなってるのかしら。

「見えるんだよねー」

とBOXERはしみじみ訥々と語るのでした。

 

2018年1月12日

ガットギターの弦交換

いつも使っている弦ではなく、ガットギターを弾き始めた時くらいによく使っていた弦に交換。

次回のソロライブでリズムトラックを使うなら、ガットギターでやろうと思ってます。

ガットギターの弦は馴染むのに数日かかります。

弦を変えた初日は、チューニングが1曲もちません。

すぐ狂うので、クレイジーカオスな演奏となるのです。

 

2018年1月11日

腕時計の電池を交換した!

近所の時計屋さんで電池を交換しました。

http://ogura-shouten.com/

ま。

使う頻度は少ないと思いますが、それでも、「止めてはならない時計」というものがあるのですよ。

男には。

ええ。

 

2018年1月10日

寒い時の重曹

寒い冬はお風呂に重曹をぶち込んで、瞑想するに限ります。

 

2018年1月9日

久しぶりに自分のクルマに乗りました。

いまだに神戸ナンバーです。

毎日、海沿いの国道二号線を走り、明石海峡に沈む夕日を見ながら下唇をかんでいたのです。

夜は二十年来の知人に会いました。

変わるもの。

変わらないもの。

変わりようのないもの。

大切にしたいこと。

色々と考えさせられました。

確かなことはただ1つ。

いずれ死ぬのです。

 

2018年1月8日

天馬空を行く(てんばくうをゆく)

はずだったのに、止められてばかり。

でもまあ。

馬だってこうしてのんびりと、じっとすることもあるか。

近所の公園でぼんやり、馬を眺めてうなだれました。

そんな時期もあるか。

俺、うまどしです。

雨はいつかやむ。

そしたら俺は、赤兎馬になるよ。

 

2018年1月7日

春の七草

いただきましたー。

 

2018年1月6日

テーブルのメンテナンス

リビングのテーブルにオイルワックスをヌリヌリしました。

ツヤが出て、木も喜んでいます。

冬場はどうしても乾燥するから、メンテナンスは大事ねー。

俺の顔もガサガサなので、オイルワックスをヌリヌリしよう。

 

2018年1月5日

地震速報

久々に鳴り響いた地震速報。

でも、東京は全然揺れませんでした。

「誤報だった!!」などとディスる人がいるようですが、いやいやいや。

揺れなくてよかったではないか。

 

2018年1月4日

リーバイス1年目

39歳でいただいたリーバイス501が1歳に。

変化するってところが、ジーンズの最大の魅力だと思うのですボクは。

 

2018年1月3日

やってみた!四柱推命

「やってみてー!おもしろいよ!」

ということで。

■マニアック四柱推命
http://www.koufuku.ne.jp/cgi-bin/unseiall.cgi

をやってみました。

こちらのサイトはとても人気で、プロの占い師さんも多数利用されているらしいです。

四柱推命の自動計算が楽チンなのかしら・・・??

せっかくなので、記録・備忘録という意図も含め、吉田あきらのソレを記してみます。(もちろん、えーところと思われるトコロだけ!)

 

歳運

歳運とは今年(2018年)の運勢。

どんなものか見てみると・・・!!

  1. 年齢→40歳
  2. 天干→戊
  3. 地干→戌
  4. 通変星→偏財
  5. 十二運→養
  6. 関係→空亡

どーしよー。むずいぞ四柱推命。

関係→空亡ということで、俺は今『大殺界』にいるようです。。。

 

特殊星

運命をみる時に参考とされる、吉凶を暗示するモノだとか。

さっそく自分の星を見てみると・・・!!

1.文昌貴人

文学の才能あり。

知識が深く尊敬をうける星。

2.月徳合

謙虚になり美徳を備えるようになる。

結婚生活が幸福になる!

3.天厨貴人

災難時にも食べ物に困らない食の守り神。

蓄財もできる星。

肥満に注意!!

4.大極貴人

先祖は富貴な血筋。

社会的な地位を得たり、成功する力を受け継いでいる!

人にも恵まれる幸運星。

5.天徳貴人

祖先の徳を受け取る幸運星。

災難から守られる。

成功に導かれる。

「奉仕の精神」を忘れると吉作用は半減する!!

6.天徳合

5.天徳貴人と同じく・・・。

祖先の徳を受け取る幸運星。

災難から守られる。

成功に導かれる。

「奉仕の精神」を忘れると吉作用は半減する!!

7.福星貴人

財運が強い!

事業で苦境に立たされても乗り越える力がある!

家庭運にも恵まる!

 

五行

五行とは、木火土金水の五つの性質のことで、四柱推命ではこの5つのバランスを重要視するとか。

俺の五行は・・・。

 

五行は『木』

意味は『自然界に例えた性質』だと。

気質は、

おおらかで、高くそびえる巨木「甲(きのえ)」の性質を持っています。

探究心、執着心が強いです。やや保守的な面があります。個性的な才能と美的センスの持ち主です。

外見は消極的で、何事も人より遅れがちですが、内面ではしっかりしたエネルギーを持っています。

 

だそうで。

長所は、

こころが清らかで、正直で、正義感が強いでしょう。情が厚く、頼られるといやといえず、周りからは頼られます。

ほんで、

考えが、一方的過ぎたり、嫉妬心が強いところがあります。また、人に偏見を持ちやすい面があります。

ってのが短所。

五行のバランスとしては、

悩みや取り越し苦労が多くなり、優柔不断になりがちです。

ですって。

年柱、月柱、日柱、時柱ってのもあって、

  • 年柱=生年(1978年)
  • 月柱=生月(1月)
  • 日柱=生日(2日)
  • 時柱=生時(16時)

を意味する、と。

それぞれを要約すると・・・

 

年柱=生年(1978年)

    強さ→傷官-病
    意味→祖父母
    適職→弁護士、仲介、古物商、外科医、通訳、コンピュータ関係、芸術家
    金銭運→自分の能力で財産を手に入れるタイプ。適職を選び投入することによって大きく発展。人間関係のトラブルには注意。

 

月柱=生月(1月)

    影響→成人してから中年期までの運勢、社会運、恋愛運
    強さ→偏印-沐浴
    意味→父母を意味する
    性格→何事にもこだわりたがる。周りからみれば、あまりの執着心に、少し変わり者とも思われが。芸術や学問など、特殊技能の持ち主で、一匹狼的なところあり。テキパキと物事をこなしますが、ムラがあり、気が変わりやすい。

 

日柱=生日(2日)

    影響→生涯の性格、運勢、結婚相手のタイプ
    強さ→沐浴
    意味→私または妻を意味する
    納音→海中金(かいちゅうきん)

 

海中金(かいちゅうきん)とは・・・?

直感的で衝動的で閃きで行動する人。

質問より答が早く、潔癖でありながら、どこかおっちょこちょいなところあり。

俊敏で小回りのきく行動力を持つ。

親兄弟との縁が薄く、人生に波乱が多い。

英知が深く学問・芸術・技術・語学等 の才能あり。

離婚率が高く、配偶者運は余り良くない。

結婚相手は頭が良くてしっかりしていて、自己中心的な面がある人。

自分から思いやりをもって尽くしてあげるとよい。

 

時柱=生時(16時)

    影響→65歳以降の晩年運、子孫への影響力
    種類→偏印-絶
    意味→子孫を意味する
    適職→芸能界、料理屋、医者、マスコミ、美容師、デザイナー、占い師
    金銭運→独特の才能によって大金を得る事がありますし、サイドビジネスも得意です。ただ金銭よりも趣味が大事といった面があり、浪費も多いでしょう。

 

で・・・今年の運勢は???

人情で判断してしまいやすい。

重要な決定や、冷静な判断が必要なときには、自分一人で判断せずに、信頼できる人に相談するよう心がけよ。

人の良さが裏目に出やすい。

世のため人のためと思ってしたことが、結果的に自分で自分の首を絞めてしまうこともあり。

これまでがんばって貯めた貯金を、いっきに使ってしまうことのないよう、くれぐれも注意して。

人間関係から災いがもたらされるとき。

やさしさだけではなく、人に対する厳しさも必要になる。

思わぬことが起こりやすい時期です。

占いのまとめ

つまり、2018年の吉田あきらは・・・どうなの??

答えは今年の大晦日に発表いたします。

※上記占い結果の多くは『マニアック四柱推命』というサイトから引用させていただきました。
http://www.koufuku.ne.jp/cgi-bin/unseiall.cgi

 

2018年1月2日

カチカチ刻む40代スタート

時に残酷ですが、止まらずに進むのが時間です。

俺はすべてを受け入れたい。

今日からまた、残された人生を、与えられた試練・才能とともに歩みます。

なりたい自分は多々あれど、「これからどうなっていくんだろう、俺」と俯瞰するのもまた人生の楽しみ方です。

いずれにしても、頑張れ、俺。

大切に刻んでいこう。

 

2018年1月1日

吉田あきら

あけましておめでとうございます

流れに身を委ねて、楽しく生きていたいものです。

明日から俗に戻り、新たな人生を歩み始めます。

2018年もどうぞよろしくお願いします。