【感動】BOSS TU-3Wのバッファーがとても素晴らしい!

マルチも使うしシステムも組むけど、アナログ系エフェクターを直列につないでギャーンと弾くほうが楽しい!

そんな時、このBOSS TU-3Wというチューナーを最初にカマすと、出音がものすごーくえー感じになってとても感動しました。


Sponsored Link



おすすめチューナー!!BOSS TU-3W

自宅でチャラーンと弾くだけなら、

『チューナーなんて、チューニングができればなんでもいい!』

です。

しかしライブとなると、そういうわけにはいきません。

  • 見やすい!
  • 踏みやすい!
  • 壊れにくい!

これらの条件をクリアするモノとして、俺は今までKORGのDT-10を愛用してきました。
 

 
大きくて頑丈で使いやすいヤツでしたが、10年以上踏まれ続けて先日ご臨終。

また同じ、KORGのDT-10を購入してもよかったのですが。

「もしかしたら、生涯最後のチューナーを買うことになるかもしれないな。」

と思って、色々と調べて、BOSSのTU-3Wをセレクトしたのであります。

BOSSのTU-3でも良かったのですが、せっかくなので『W』にしました。

価格の差がものすごくあるのですが、実際に使ってみて、その『差』にとても納得しました。

 

BOSS TU-3Wのおすすめポイント

TU-3Wの仕様はBOSSのホームページをご覧いただいて。

ここでは個人的なおすすめポイントを紹介したいと思います。

おすすめポイント①.見やすいどころじゃない

どんだけ光るねん?

っていうくらい、ガンガン光ります。

野外でもライブハウスでも問題なく安心して使えます。

 

おすすめポイント②.反応が良い

チューニングは素早く完璧に行いたいところ。

BOSS TU-3Wはソレが可能。

ピタっと反応してくれるので安心感があります。

 

おすすめポイント③.壊れる気がしない

新品購入の場合、もれなく『5年間保証』されます。

これはつまり、「壊れませんけどね。」というBOSSの自慢です。

「壊れないんだろーな」、って思います。

 

おすすめポイント④.何より、音がクリアになる!!

コレには驚きました。

バッファーとトゥルーバイパスを切り替えることができるのですが、その差は音に出ていて、はっきりとわかります。

音は好みなのでアレですが、個人的には圧倒的に『バッファーの音』が好きです。

感動しました。

ペダル直列派にはたまらない安心感があります。

 

そもそもバッファーとは

バッファーについては、それこそネットにたっぷり転がっているので、ここでは詳しくは省きますが、そもそもエフェクターペダルに接続すると、それだけで音は『変化』します。

OFFにしていても、接続している以上は『変化』します。

それを『劣化』と言う人もいます。

その『劣化』を防ぐために、バッファーというヤツをエフェクターペダルに組み込みます。

各ブランド・メーカー・モデルによってバッファーの種類や質が違うので、音色も違ってきます。

「俺、BOSSのバッファーの音、好きじゃないんだよね。」

「やっぱり、FREE THE TONE(フリーザトーン)のバッファーはいいね!」

なんて会話が交わされます。

確かに、BOSSのバッファーは「いまいちだな・・・」と感じることが多かったのですが、このTU-3Wは違います。

BOSSのバッファーが好きじゃない!という人も、

「これはいいね!」

となるのではないかと思うのです。

 

トゥルーバイパスとは

エフェクターにギターを接続すると、OFFの状態でも音質が『変化』『劣化』すると説明しましたが。

「OFFにしている時は、接続されていないこととする!」

なのが、

トゥルーバイパス

と呼ばれるタイプのヤツです。

例文としては、

「俺のチューナー、トゥルーバイパスやから音の劣化がないねん」

「音の劣化が気になるなら、トゥルーバイパスのエフェクター使えば?」

です。

 
Sponsored Link



 

バッファーとトゥルーバイパス、どっちがいいの?

この類いの二者択一論は常に議論されているところですが、

「音が良ければ、いいんじゃない?」

が正解です。

『バッファーはダメで、トゥルーバイパスが良い!』

なんてことはありません。

BOSSのTU-3Wはそのバッファーとトゥルーバイパスを選択できるのです。

なんと素晴らしい。

「お好きな使い方をどうぞ!」

です。

「他にお気に入りのバッファーペダルを持っている」、なんて方や、「バッファーの音が嫌い!」という方はトゥルーバイパスに設定すればい良いというコトです。

 

エフェクター直列派は先頭にバッファーを

音は好みですので、『正解』はありません。

が。

エフェクターペダルをたくさん直列に並べると、悪い意味で音が『劣化』します。

例えば、

  1. ハリやコシがなくなる
  2. ノイズが多くなる
  3. ボリュームが小さくなる

といった症状が表れます。

それを防ぐために、世には「バッファーペダル」なるものも存在します。

接続の先頭に(ギターに最も近い場所に)バッファーペダルを置くのが一般的です。

「男ならエフェクターペダルは直列で!」

という古き良きギターキッズにバッファーの導入をおすすめします。

 

チューナーとバッファーを兼ね揃えている

BOSS TU-3Wはチューナーでありながら、バッファーペダルとしての役割も兼ね揃えています。

そーゆータイプのチューナーはBOSS TU-3Wにもたくさんあるようです。

「チューナー、新しいヤツを買おう!」

「バッファーペダル、使ってみようかな!」

なんて方は一度、BOSS TU3Wを使ってみて、それを基準に他の色んなヤツを試してみてはいかがでしょーか?

BOSS TU-3W
BOSS TU-3W

 

関連記事

アナログ系エフェクターとデジタル系エフェクター
http://akirayoshida.com/diary/analog-digital-effector

アウトボードとプラグインソフト
http://akirayoshida.com/diary/outboard-plugin

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail
akira yoshida
吉田あきら ギタリスト・ソングライター・シンガー 毎月第二金曜日 ライブハウス新宿SACT!でワンマンライブを行っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です