【制作ノススメ】音楽制作で使っている機材

興味がなくても苦手でも好きでなくても。

音楽ソフトを使って自分の音楽を作ることができるってことは必須だと思いまして・・・。

Sponsored Link



当たり前、のこと

昔に比べたら音楽ソフトや機材は実に安価、かつ多くのモノが揃っています。

こんな時代に音楽ソフトが使えなかったり、データでのやりとりができないのは、自分にとっては怠慢です。

  • 機材を調べ、揃える
  • 自ら調べ、勉強し、使いこなせるようにする
  • 曲作りを学び、アレンジを学び、ミックスを学ぶ

これらのコトをやりたかったし、楽しめる自信が自分にはありました。

自分の音楽を作るための機材を持っていて、PCで音楽制作ソフトが扱えるのは当たり前のこと。

その取り組むは自らを成長させるために必要で、取り組んで当たり前のこと。

今まで知らなかった曲作りやアレンジ、ミックスを学ぶことは当たり前のこと。

当たり前のこと、のはず。

「よし。全部自分でやってみよう。」

と思ったのは28歳くらいの時だったかなー、と思います。

その時使っていたソフトはProTools LE8です。

なつかしーなー。

 

SLEEP FREAKS

作詞作曲をするのは当たり前。

楽器の演奏をするのは当たり前。

一人でクオリティの高い音楽を作ることができて当たり前。

そーなってはじめて、「色んな人との共同作業」が楽しくなり、かつお互いにクオリティを下げあわなくて済むという話です。

その過程において、調べたり勉強したり研究したり、機材やソフトをいぢりまくったりする時間は必須です。

とても勉強させてもらって、本当に感謝しているサイトはSLEEPFREAKSです。

■SLEEP FREAKS
http://sleepfreaks-dtm.com/

機材やソフトの使い方がわからない時。

基本的なミックスのコツを知りたい時。

とてもとてもありがたい存在となります。

Sponsored Link



愛用しているモノ

俺のシステムです。(2017年9月現在)

  1. 1.MacBook Pro(メモリは16G)
  2. 2.Steinberg CUBASE
  3. 3.RME BABYFACE PRO
  4. 4.RODE NT2000
  5. 5.Shure 57beta
  6. 6.WAVES GOLD/SSL4000 Collection
  7. 7.Native Instruments KOMPLETE ULTIMATE/KOMPLETE KONTROL
  8. 8.AKG K240 studio
  9. 9.BOSE 121
  10. 10.thomann S-75mk2

1.MacBook Air

MacBook Air

PC/Macは”えーやつ”を使ったほうが絶対にいいと思います。

以前はMacBook Airを使っていました。

頻繁に持ち運びをするし、MacBook Proじゃなくてもじゅうぶん動くと思っていました。

が。

N.I.のKOMPLETEをサクサクとストレスなく快適に動かすにはちょっと足りないなー、と感じました。

買い換えるタイミングでMacBook Proにした、というわけであります。

でも、仕事レベルでバシバシ使うのではなく、自身のデモを作るため、または使うトラック数が少ない、という方はMacBook Airでも問題ないと思います。

メモリは8G以上あったほうがいいと思います。

2.Steinberg CUBASE

STEINBERG ( スタインバーグ ) / Cubase Pro
STEINBERG ( スタインバーグ ) / Cubase Pro

Cubaseは俺にとってなくてはならないソフト。

実に使いやすい。

使い方がわからなくなってもすぐに調べられます。

それだけユーザー数も多いということです。

3.RME BABYFACE PRO

RME ( アールエムイー ) / Babyface Pro
RME ( アールエムイー ) / Babyface Pro

RMEのオーディオインターフェースはサイコーすぎます。

音が隅々までよく聞こえる感じ。

サイズも小さく邪魔にもならず、持ち運びもラクラク。

オーディオインターフェースを迷うならユニバーサルオーディオかRMEでしょう。

4.RODE NT2000

RODE NT2000
RODE NT2000

価格のわりによくできたマイクだと思います。

俺は10年間コレを使ってきました。

確かに”RODEならではの特徴”がありますが、その”特徴”は”特徴”であり、短所でも欠点でもありません。

真空管コンデンサーマイクとマイクプリ、を新調して、部屋のアンビエンスを整えたら5thアルバム制作スタートです。

5.Shure 57beta

SHURE ( シュアー ) / BETA57A
SHURE ( シュアー ) / BETA57A

正直、このマイク1本だけでもそこそこの作品を作る自信があります。

それくらい、とっても素晴らしいダイナミックマイク。

こいつ1本を極めることは財産となるでしょう。

サウンドハウス

6.WAVES GOLD/SSL4000 Collection

WAVES(ウェーブス)
WAVES(ウェーブス)

WAVESのGOLDとSSL4000は、もはや手放せない相棒です。

ミックスやマスタリングをそこそこのレベルまで自分でやりたい場合は必須ではないかと思います。

WAVESのセール時を狙ってゲットしましょー!!

7.Native Instruments KOMPLETE/KOMPLETE KONTROL

Native Instruments ( ネイティブインストゥルメンツ )
Native Instruments ( ネイティブインストゥルメンツ )

作家としても活動していくことを決めた時に購入したKOMPLETE KONTROL。

まーいわゆるNative Instruments製品に特化したMIDIキーボード。

KOMPLETE KONTROLを購入すると”KOMPLETE SELECT”ってヤツが無償でプレゼントされます。

”KOMPLETE SELECT”にはMASSIVEをはじめとして、『使えるソフトシンセやその他たくさん』が入っています。

そして、こいつの何が便利か、って。

音が選びやすいのです。とても。

”KOMPLETE SELECT”を使ってみて、「えーがな」となったらアップグレードしてくのが定番です。

 

8.AKG K240 studio

AKG ( アーカーゲー ) / K240 Studio
AKG ( アーカーゲー ) / K240 Studio

10年以上愛用してきたモニターヘッドフォン。

完璧&サイコーのヘッドフォンだと思います。

SONYの900stじゃないヤツ、ならコレ一択ではないでしょーか。

9.BOSE 121

BOSE121

20年近く、こいつで音楽を聴いてきました。

モニタースピーカーとしてはちょっと使いにくい特徴がありましたが、スピーカーケーブルとパワーアンプを交換したらサイコーのモニタースピーカーとして変貌をとげました。

とはいえ、違うモニタースピーカーが欲しいと思っています。

パッシブで、30インチくらいの、ありのままの音を素直に鳴らしてくれる素敵なモニタースピーカーが欲しいです。

10.thomann S-75mk2

thomann S-75mk2

賛否両論を巻き起こす、プロケーブルさんで購入しました。

http://procable.jp/products/s_75.html

抜群です。ぶったまげーです。

パワーアンプでこんなにも音が変わるんだ・・・と驚きました。

パワードのモニタースピーカーが主流の昨今。

俺はずーっと好きじゃなかった。

ヤマハの10Mも違うなーって思ってた。

プロケーブルさんの情報は、俺には信ぴょう性があります。

BOSE121をモニタースピーカーとして使い続けるつもりはないので、またプロケーブルさんにお世話になろうかと思っています。

こーいったオーディオマニア的なハナシは何かとムズカシイのですが、『高額=高品質ではない』のがオーディオの世界です。

Sponsored Link



Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail
akira yoshida
吉田あきら ギタリスト・ソングライター・シンガー 毎月第二金曜日 ライブハウス新宿SACT!でワンマンライブを行っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です