自戒の念の備忘録『ライブ前の準備・万全を期す』

吉田あきらのライブスケジュールです。(仮)

  • 場末のBarでブルースナイト。
  • 都内の小さなライブハウスで弾き語りライブ。
  • CLUB QUATTROでバンドライブ。
  • Zeppでワンマンライブ。
  • ジョンメイヤーの前座を弾き語りで@日本武道館

この順番は、『ライブ前日までに準備すべきことの量』『万全を期すためのメニュー量』に比例しています。

  1. たくさん効果的な練習したか? 
  2. 最適化された宣伝広告はしたか?
  3. 衣装はバッチリか? 
  4. ギターや機材のメンテはしたか? スペアはあるか? 
  5. 音響・照明はバッチリか? 打ち合わせしたか?
  6. 体調は整っているか?睡眠は充分か?
  7. CDやグッズなどの物販は足りているか? 
  8. 次につなげるためのフライヤーおよびアンケートは用意したか? 
  9. 曲順、MCを覚えて、何度もゲネったか?

場末のバーでライブをやるときは、上記のようなことは考えないかもしれません。

呼ばれたので、ソコに行って、ギターを借りて歌う。みたいな。

でも、武道館でジョンメイヤーの前座に挑むときは、まさかそんな気持ちではないはずです。

上記の9項目はストイックすぎるかな?

でももし、俺が俺ではない他のミュージシャンのマネージャー・スタッフなら、少なくとも上記9項目は事細かくチェックするでしょう。本人のためにも、今後のためにも、組織運営に必要な”結果”のためにも。

では。

自戒の念をこめて、考察します。ライブ活動を頑張っているというキッズはぜひ読んでみてね。

 

 

#1 たくさん効果的な練習したか?

    ◆簡単に上達するオススメの方法↓
  1. リハスタで自分の演奏をたくさん録音し、たくさん聴く。
  2. 紙に書き出した歌詞に、赤ペンでチェックを入れ、改善。(ここでシャクっている/ここのピッチが悪い/ここの滑舌が悪い/ここがいつもモタる/ハネすぎている/…etc)
  3. 脱力!ヘタクソ野郎はだいたい無駄に力が入っている。(自戒の念!)

#2 最適化された宣伝広告はしたか?

ライブは集客、動員数がもーれつに重要です。

スカスカのライブハウスでライブをし続けると、『このひと、人気ないねんな・・・』というイメージを抱かれつつ音楽を聴いてもらうことになります。

スカスカのライブハウスでライブをする、ってことは経験値としては価値がありますが、”し続ける”のは毒です。害です。(吉田あきらが良い見本です。)

広告ではまず、自身を知ってもらうことから始まり、興味を持ってもらい、YouTubeやSNSなどで自身の音や人となりを確認してもらい、ライブの日にスケジュールを確保してもらって、チケット予約をしてもらって、会場までの交通費は自腹で来てもらわなければなりません。

ライブを楽しんでもらって、アンケートに記入してもらって、記念やご好意としてCDやグッズを買ってもらって、お家に帰ってHPを見てもらったりメールでのお知らせを確認してもらったりしつつ、次のライブにも来てもらわなければなりません。

乳児幼児や100歳を超えるような高齢者はターゲットではないはずです。どこの誰になぜ来てもらいたいのか、をはっきりさせて、的確な広告を打ちます。

ネット広告だけでもこんなにあります。どれが良いかは、すべてやってみて、細かく改善して、を繰り返して数字を見てみないとわかりません。

(自戒の念ー!!!)

  • リスティング
  • リマーケティング
  • ソーシャルメディア
  • ネットメディア
  • データベース型
  • アフェリエイト
  • リワード
  • ネイティヴ
  • アドネットワーク
  • DSP
  • 純広告
  • メール広告
  • プレスリリース
  • ホームページ

#3 衣装はバッチリか?

見た目は極めて重要です。その場にあった服装、自分の音楽性に合った服装をチョイスしたいところです。(スタイリスト募集 by 吉田あきら)

#4 ギターや機材のメンテはしたか? スペアはあるか?

チューニングが合わない、ノイズがひどい、なんて言語道断です。プロの音屋ならスペアくらい用意するべきです。持っていないなら、レンタルをしましょう。

(ココは、吉田はクリアしてます。)

そもそも、その楽器や機材自体が、自分の音楽性に合ったものですか?ってところも重要です。

ギターで例えると。

自分のギターのことや、ギターの音について、意識してますか??そのギターは、なぜそのような音が鳴っているのか知っていますか?

ギブソン、フェンダー、マーティン、などなど、ブランド名でサウンドイメージ持ってませんか?

憧れの誰かが使っているからという理由だけで、その楽器や機材を使っていませんか?

ギブソンのJ−200よりもデカい音が鳴るマーティンのO-18があるのをご存知ですか?

西野春平のガットギターは、100万円するスペイン製手工ギターを上回るほどのレベルであることをご存知ですか?

(西野ギターは、ギタリストの西川進さんやSaigenjiさんにも愛用されています)

PGMのギターは、100万円するフェンダーのヴィンテージを上回るほどのレベルであることをご存知ですか?

(PGMのギターは桑田佳祐さんや斉藤和義さんに愛用されています)

#5 音響・照明はバッチリか? 打ち合わせしたか?

SHOWとしての完成度を高めるために、音響&照明は凝るべきポイントです。ステージに立ってピンスポットをあびて歌うだけで成立するライブ、もあるかもしれませんが。

事前に音響・照明さんにライブの曲順や雰囲気がわかる音資料を渡して予習しておいてもらうべきです。それが音響・照明さんの仕事であり任務です。逆に、音響・照明さんは、自分が担当するアーティストに『事前に音ください』とお願いするくらいの気合が必要でしょう。そんな音響・照明さんは絶対に必要とされ、用いられるはずです。

音響・照明を含め、ライブ進行のノウハウはイベンターさんに相談するのも勉強になるでしょう。また、多くのライブを観るのもいいでしょう。

#6 体調は整っているか?睡眠は充分か?

二日酔いで、ストレッチもしないで、いきなり本番に臨むことが多いというウタウタイもいるでしょうが、Zeppや武道館でのライブとなると、そんなわけにもいかないでしょう?

(そもそも、立ったこともないお前が言うな、な件。)

#7 CDやグッズなどの物販は足りているか?

今後の経費を捻出しないと、制作やツアーができません。

スポンサーに頼るもよし、アルバイトをするもよし。でも音屋は音を売るのが商売です。肉屋は肉を、魚屋は魚を売ります。

(販売する!という意識はとても重要です。むしろ健全です。販売センスを磨くべきです。ええ、自戒の念!!)

#8 次につなげるためのフライヤーおよびアンケートは用意したか?

ご来場いただいたお客様の連絡先を伺わない、なんて失礼です。ありがとうを伝えたいし、新しい情報などをお知らせさせてほしいし、次回のライブにも来てもらいたいし。

はじめて観て、『あんまり好きじゃないな・・・』って思ったお客さんがなんと!アンケートに連絡先を書いてくれた、として。

何度か連絡をすることで、徐々に好意を持ってもらえるようになることがあります。そういう法則もあるくらいです。

(我ながら自戒の念。せめて、「ありがとう&これからもよろしくね」、は伝えたい。)

#9 曲順、MCを覚えて、何度もゲネったか?

ライブ当日のリハーサルは必要です。自分自身はもちろん、機材、音響・照明のトラブルを未然に防ぐことができます。設営は問題ないか?お客さんを迎え入れる体制は整っているか?をチェックするべきです。

当日、自分の仕事やアルバイトを本番ギリギリに終わらせて、そのままステージに立つ、なんてことがふつーにありますが、『なめてんのか』です。

(もっとも強い自戒の念!!)

本番直前の自分のコンディションを確認するべきです。もし不具合があったら、本番までに改善できるかもしれません。

当日のリハに加え、前日までに何度も何度もリハーサルを行うべきです。曲順を決め、MCを覚え、衣装に着替えて鏡の前で何度もゲネりましょう。

(自宅でも鏡の前で練習しましょう。これ、吉田はクリア。)

 

 

まとめ

ちゅーわけで、自戒の念&備忘録として書かせてもらいました。

プロ意識は一瞬で身につくものです。

そしたらすぐに行動、実践です。失敗を繰り返し、経験として仲間とシェアしたいです。

音楽はサイコーです。それはわかってましたが。。。

音楽活動ってヤつ、これがまたサイコーなんです。

 

 

Junior Sweet

CHARA/JUNIOR SWEET
CHARA/JUNIOR SWEET

 

18歳か、19歳くらいの時にアホなサルのごとく聴き倒した名盤。

先日、偶然我が家にて発見され、救出され、現役復帰されたこのCDはCHARAのJunior Sweet

これほどまでにALL NEED IS LOVEにあふれ、ありったけのLOVEがにじみまくっているアルバムが他にあるだろうか。。。

ってくらい、歴史的にLOVEなアルバムだと思います。

 

このアルバムに漂う愛は何度触れても心地よい。20年近く経った今でも色あせない愛のカタチ。心からの愛から生まれたアルバムは流行を無視する、ってことを証明していますね。

愛は不変です。愛こそすべて。すべては愛。愛さえあれば何もいらない。

愛、ですね。ほんと。愛ですから、全部。

※JUNIOR SWEETの収録曲で、俺が好きすぎるランキングトップ3!
  1. 愛の絆(二人の愛・・・っがねー♪)
  2. Junior Sweet(私以外はなにもないんだから・・・!!)
  3. しましまのバンビ(もっと遊んで欲しいのに・・・!!)

#9 YURARI

歌詞は経験をもとに書きますか?

それとも想像で書きますか??

そーゆー質問には、『わかりません』と答えます。

作詞の方法を体系化できれば、商品として販売したいくらいです。

YURARIというウタの歌詞はどーやって書かれたのか??

それは秘密です。

経験と想像とは違う、パクったりしたわけでもないスペシャルな”技術”を使って書きました
続きを読む →

#7 からっぽ

Blowin’ in the WindLike a rolling stoneを歌詞に入れました。

風にふかれて、コロコロと転がっていたいです。

そのためには頭をからっぽにしなきゃ。

そしたら恐れを楽しめるような気分になり、

一歩前へ進もうとする歌として、勝手に仕上がっていました。

おそらくメロディのネタはずいぶん前からあったんだと思います。

3rdアルバム『夜明け前』に収録するにふさわしいフォーキーチューンだと思います。
続きを読む →

#6 さあ行こう

上京する時に書いたウタです。なので2002年だと思います。

俺はほんとにごちゃごちゃと考える野郎でした。(今もか・・笑)

文字通りごちゃごちゃとあれこれ考えるんです。その思考をたどってそのまま紙に落として、少し整えました。

とにかく”行こう。さあ行こう。”という気持ちだったのです、あのころも。

続きを読む →

#5 空は青

どーしていつも、しょーもないことを考えてしまうのだろう。。。

それは誰かに背中を押してほしいから?誰かに認めてほしいから?

こんなに自由な世の中で、何を不自由に苛まされているの??

全部自分で決めちまえ。誰のための人生だ??

『あーあ。どうしよう・・・』なんてつぶやている時、

くそでかい空はただただ青い。ただただ青い。ちっぽけな悩みや不安は捨てちまえ。

そんなウタです。空は青。

続きを読む →

#4 生きてさえいれば

2013年から1年半過ごした神戸を描きました。

とてもお世話になった神戸。ずっと暮らし続けても良い!と思えるくらい素晴らしい街だった。

俺が暮らしていた垂水(たるみ)。坂道だらけの街。毎日海を見て過ごした。夜な夜な、とぼとぼ路地裏を歩いて3万円のワンルームへと帰った。まったくギターにも触れず、音楽も聞かず、ただただお金のためだけに費やした1年半といっても過言ではない。

でも、なんやかんやあって。家族の暮らす東京へと戻ることに。そしてライブ活動を再開させることに。

いろいろ考えたけど・・・。ま、どーでもいっか、生きてさえいれば!

そんなウタです。

続きを読む →

#2 いるかとかもめ

カーティスメイフィールドの曲をテキトーに弾いてたら勝手に生まれたウタ、それが『いるかとかもめ』です。

キュートで人懐っこく、自由に大海原を泳ぎ回るしたたかないるかと、いわゆる”カモ”で、溺れ死んだ水夫の魂が姿を変えたと言われるかもめを対比したウタ。

 

続きを読む →

エレキde弾き語り_『ボリュームとトーンの話』

様々な種類のエレキギターがあり、それぞれに異なった音色を持っています。

エレキギターは、アンプにつないで音を鳴らしますが、アンプにももちろんそれぞれの音色があります。

エフェクターという機材を使って音色を変化させることもあります。

ピックで弾いたり、指で爪弾いたりすることで音色を変化させることもあります。

その中で。今回は。

ギターにくっついているボリュームとトーンについてのお話です。
続きを読む →

エレキde弾き語り_『シロタマを揺らせ』

ギターでの弾き語りといえばアコギです。

が、もちろんエレキでもできます。

エレキのほうが、カンタンで雰囲気が出しやすいです。

かつ、”エレキ弾き語りスト”はとても少ないです。

カッコよくやっているのは吉田あきらくらいのもんです。
続きを読む →