2019年をつづります。

Sponsored Link

【2019年10月21日】

昨日、有楽町スバル座が閉館した・・・ということを知りました。

「今後の映画興行事業の展望や施設の老朽化等を総合的に判断した」、というのが理由だとか。

今後の展望と老朽化、か。

身の引き締まる思いです。

 

【2019年10月20日】

ラグビーW杯の準々決勝。

南ア×日本の美しい試合をラジオで観戦しました。

なんとも、ラグビーというスポーツは涙を誘います。

何が、彼らをあんなにも突き動かすのでしょうか。

俺をこんなにも感動させるのはなぜなのでしょうか。

感動は、俺が生きる源です。

 

【2019年10月19日】

父は去年の今頃、

「ガンです。まもなく死にます。」

と、医者に言われました。

「まもなく死ぬのか。」

と、覚悟した母と、

「おれは死なない!」

と、覚悟した父。

二人はそれなりに力を合わせて生きて、一年が過ぎました。

一番驚いているのは母でしょう。

まったく驚いていないのは父でしょう。

今日は父の誕生日。

息子らしく電話をしたら、

「今、テレビを観ているから。」

と、数秒でガチャ。

父との関係を鑑みると、この会話は『最後の会話』にふさわしいかもしれません。

 

【2019年10月18日】

20歳の頃、どーしても欲しいモノが2つありました。

「迷ったら2つとも買え!」

なんて言う島地勝彦さんみたいなクレイジーもいますが、

(※参考→https://akirayoshida.com/diary/know-sadness-know

現実的には、

「そんなん無理っす。」

って場合が多いです。

なので、欲しいモノの1つを買って、もう1つは諦めました。

あれから22年が経とうとしている今日この頃。

あの頃買ったモノは今も宝物として俺の手元にあります。

諦めたもう1つのモノは生産が終了となっていて、この世には中古しかありません。

・・・だったのですが、近頃復刻されて、再び市場にカムバック。

迷いに迷って、馴染みのお店に電話をし、お願いをして特別に「取り置き」してもらいました。

絵に描いた”したり顔”を浮かべた時、腕時計のベルトが切れました。

おー。

腕時計も自己主張をしてきたのかー、と思いました。

腕時計も、欲しいヤツが1本あるんですー。

読書の秋。食欲の秋。睡眠の秋。物欲の秋。

哀愁を浮かべたキンモクセイが香っています。

 

【2019年10月17日】

ラジオで流れていた『キスをする』という歌にたまたま出逢い、佐藤千亜紀さんという人をはじめて知りました。

安藤裕子さんの雰囲気に似た哀愁と色気を感じながら、個人的にとてもとても引き込まれながら、路肩にクルマを停めて聞き惚れておりました。

そういえば、ハナレグミの『家族の風景』をはじめて聞いたのもクルマの中。

「ん?ん?ん?誰だこのヒト!?」

と、驚いたことを思い出しました。

ラジオ、好きやわー。

 

【2019年10月16日】

■ショーンメンデス@横浜アリーナ

イケメンだけじゃない!

カナダはトロント出身の21歳。

名実ともにスーパースターである、ショーンメンデス@横浜アリーナに連れて行ってもらいました。

SNSで「ショーンメンデス」と検索すれば、映像がたっぷり転がっているので、興味があればぜひ。

「ファッションモデルのカナダ人、ショーンが歌うよ!」、というノリでキャーキャー騒ぐギャル&ボーイズと、「素晴らしいミュージシャンであるショーンはモデルもやってるんだ!?」、と捉える大人との割合は『7:3』くらいだったかなー。

二人組の女の子が

「きゃーカッコいい!」

と叫ぶものの、一緒に英語で歌えない惨めさ。

それでもショーンは、とても優しくスイートな笑顔で投げキッスをするのでした。

 

【2019年10月15日】

シゴトで少し世話になった知人が、流行の『あおり運転』をして、おまわりさん宅へさようなら。

ダサすぎるぜ。

オトコというくだらない生き物は、脅したりビビらせたりするのが好きである。

「お前より、俺の方が強い」

と、誇示しがちである。

しかし、それはそれで「弱さ」でもある、と思いますね。

イラっとして、カッとして、ムカムカーっとした時の”それぞれの対処法”は必要だと思う日々です。

 

【2019年10月14日】

本日、チロリンさんの誕生日。

チロリンさんと出会ったのは、彼がまだ30代の頃。

つまり俺は20代。

吉祥寺のライブハウス曼荼羅でソロライブを終えたあと、初めましてをしました。

それから、本当に様々なことを教わりました。(良いことも悪いことも。)

たくさんの大切なことを経験させてもらいました。(良いことも悪いことも。笑)

先輩ミュージシャンの中で一番お世話になっています。

華やかなキャリアを持つチロリンさんですが、俺は今のチロリンさんが一番カッコいいと思っています。

「今が旬!」

ってのが、一番カッコいい。

そういう意味で、俺は『カッコいい男』でいたいと思います。

 

【2019年10月13日】

懸念していた台風の被害は、運良くゼロでした。

しかし。

道路が冠水して車がダメになったり、自宅が床上浸水したり、川の氾濫による被害を受けたりした友人・知人がいます。

今回のような防ぎようのない災害。

その規模は大きくなり、回数も増えると考えられます。

人ごとだとは思わず、できる範囲で地球に良いことをしたいものです。

そして、減災への正しい知識を増やし、有事の際に備えておかなければ、と強く実感したのでした。

 

【2019年10月12日】

とても危険な台風が・・・。

そんな時。

「こんな日にも夕刊が届きました。」

とツイートした毎日新聞グループホールディングス取締役の小川一さん。

「もちろん従業員の方の安全を考えたうえで、それぞれの販売所長さんが判断された結果だと思います。ただ阪神大震災の時の神戸新聞、東日本大震災の時の河北新報はじめ東北の各紙は震災の日も新聞を発行し読者に届けました。それは新聞同人の矜恃でもあります。ご理解ください。」

ともツイートされていました。

「従業員の方の安全を考えたうえで、」

か。

「新聞同人の矜恃(きょうじ)でもあります。ご理解ください。」

とも。

安全??

矜恃(きょうじ)??

フォローやめました。

 

【2019年10月11日】

毎月第2金曜日は恒例のソロライブ@新宿SACT!。

久しぶりに、アコギをガシャ弾き。

ストラップをつけて、立って歌いました。

リハ前に弦を交換しました。

弦が錆びまくっています。

こんなになるまで交換しない、ってのは、パンツを1年間履き替えない!ってくらい、ギタリストとしては終わっていますね。

精進いたします。

 

【2019年10月10日】

土曜日にどでかい台風が来る!

ということで。

備えておかないとなー、と思っています。

どうやら超ド級の台風みたいです。

どうか少ない被害でありますように。

 

【2019年10月9日】

寒暖差にやられたようで、喉に違和感。

風邪の初期症状、ってやつでしょうか。

水分とって、体を温めて、寝るしかないぜ。

 

【2019年10月8日】

アコギの弦を張り替えながら、Apple Musicで音楽を聴いていました。

今まで何億回と弦を張り替えてきましたが、このメンドくさい時間を使って音楽を聴いたり、制作におけるアイデアをまとめたり、思いついたフレーズをメモったりしています。

今日、ぼんやり思ったこと。

①他人の評価や、金銭的な損得を気にせずに、ただただ自分が『かっこいい!!』と思う音楽を作ること
②世間に認められ、たっぷり稼ぐことができる音楽を作ろうとすること

この2つに”正誤”はないなー。

 

【2019年10月7日】

10年間、継続させてきたことがあります。

今日がその節目。

というわけで、自分のために、自分から自分へ”記念品”をプレゼントしました。

次の節目は51歳。

その次の節目は61歳。

71歳、81歳、91歳、101歳、111歳、121歳。131歳・・・。

いつまでも生きてはいられないのだなあ。

 

【2019年10月6日】

自宅のスタジオを元通りにしました。

真ん中に座り、電源を入れたら即制作をスタートさせることができます。

明日から、本気集中モード。

楽しみです。

 

【2019年10月5日】

ラグビーのワールドカップで盛り上がっているニッポン。

俺もブームにあやかって、テレビで『日本×サモア』の激戦を応援しました。

感動しましたねー。

俺はスポーツをあまり知りませんが、ラグビーの試合を見ていると、社会の縮図を感じますね。

ラガーマンだから!といって、全員が身長2メートルの体重100キロって選手ばかりではありません。

小柄で軽いけど、俊足ですばしっこい選手もいるし、そんな選手もチームには必要です。

命を与えられたすべての人間には、それぞれに『与えられた役割』があるはずです。

その役割に優劣はありません。

100万人の命を救う医者としての役割を与えられた人もいれば、たった一人のために最高の笑顔を見せるという役割を与えられた人もいるでしょう。

自分の役割を自分自身で見つける人もいれば、他人に見つけられる人もいるでしょう。

明日、その役割が180度変わる!ってこともあるかもしれません。

楽しくテキトーに、ヤりましょう。

人生はあっという間に終わる!ってことは間違いありませんが、短すぎるってわけでもないのです。

 

【2019年10月4日】

早朝。

満員電車に乗って霞ヶ関に行きました。

呼吸が止まるほどの通勤ラッシュ。

駅から脱出して見た景色は、スマホを見ながら、あるいはうつむいたままビルに吸い込まれていく大勢の”納税者”のみなさま。

実に大きなお世話ですが、素直に心から、

「がんばれよー。」

って思いました。

以前なら、

「うわー、無理無理!こんな毎日を送るなら死んだ方がマシっす!」

って思ってました。

ワーカホリックで過労死するのはあかん!と思いますが、それぞれがそれぞれに、何かしらのあれこれを抱えて生きているのでしょう。

「がんばれよー。」

って思いつつ、俺は俺で、「俺の人生」を堂々と歩みたいと思うのでした。

 

【2019年10月3日】

「どこが10月やねん?」

といった、暑さの厳しい東京です。

温帯低気圧となった台風18号が通過すると、季節は一気に秋になるそうですね。

どう考えても忙しく、せわしない毎日を送っている俺なので、秋休みが必要です。

さあ、休むぞ!

って決めても休みを入れられない。

こんなかっこ悪いことはない。

休むと決めたのなら、黙って休みなさい。

 

【2019年10月2日】

■Bluetoothスピーカー

スマホのスピーカーで音楽を聴き続けることは、不健康であり、精神衛生上もよろしくない。(無論、持論。)

自宅スタジオでは最高&最強のサウンドを満喫できますが、それ以外の場所でも、最低限のレベルで音楽を楽しみたい!

と。いうことで。

Bluetoothスピーカーを色々と調べました。

よくわかりませんが、JBLのFlip5と、いうヤツがまもなく発売される!

らしいので、検討してみようと思うのでした。

音楽は空気になじませて聴く。

そしたら世界はもっと平和になるでしょう。

 

【2019年10月1日】

・・・はい?

え、と、都民の日?

なにそれー??

本日、都民は休日です。

えー??

それ、今年だけ??

と、調べてみたら。

1952年に制定された記念日なんだとか。

知らんかったわー。

きっと来年も、

「えー?何それー?知らんかったわー。」

って、言ってそう。

 

【2019年9月30日】

自転車に乗って、中目黒→恵比寿を探索しました。

車や徒歩で通い慣れている街も、自転車から眺めると、景色は違って見えるものです。

今、俺が見ている”現実”という”景色”もきっと、違うポジションから見れば違って見えるはず。

俺が見たい景色は、『音楽制作に没頭している自分の姿』です。

 

【2019年9月29日】

中学から高校、大学、そして社会人と、ずっとラグビーをやってました!

という40代の男性の、ラグビーに対する愛情を聞く機会がありました。

素晴らしい。

ほんとに、素晴らしい。

他人にとってはどーでもいいような、しょーもない事であったとしても、自分にとっての『好き!』に誇りを持ち、恥じる事なく、堂々と語ってくれたそのおっさんに感謝です。

他人を気にしない。

それだけで、人生が変わります。

 

【2019年9月28日】

■Sam Smith『How Do You Sleep?』

今年の7月にリリースされた、サムスミスの新曲。

かっこいいなー!

と、思ってました。

先ほど、愛用のヘッドフォンを使用して、Apple Musicできっちり聴きましたが。

サイコー!

この、なんちゅーか。

このサウンドの低音の半分は”母性”でできているのでは。

これは個人的な感想ですが、サムスミスのサウンド(声も、オケも。)に含まれている低音(ロー)は、男には出せない”ふくよかさ”があります。

つまり、言うならば、「おっぱいのやわらかさ」です。

そして、そして。

色やにおい、形では表現できない”情景”を感じます。

その”情景”は音楽でしか表現できないと思います。

素晴らしい音楽は宇宙を超える。

どんな素晴らしい芸術も、音楽ほどの壮大さは演出できません。

サムスミスの歌は、人間味を強く感じます。

いろいろあったんだろう、人生の過程で。

これからもあるんだろう、紆余曲折が。

俺はいつまでも、サムスミスの音楽に対しては『STAY WITH YOU』です。

 

【2019年9月27日】

手入れすると輝きを増すモノが好きです。

ギターやブーツと同じく、包丁やナイフもそのモノの1つです。

ほぼ毎日料理をする俺なので、包丁・ナイフは必需品。

先日、職人さんに預けて研いでもらって、本日我が家に帰ってきたペティーナイフ。

素人が研ぐのとは雲泥の差。

仕上がりのレベルが違いすぎる切れ味に大満足。

サイコーです。

5年前から愛用しているペティーナイフは吉田金属工業のグローバルGS-3。

神戸で約2年生活をしている時に購入したものです。

これでキャベツを千切りし、これで魚をおろし、これでリンゴの皮をむいていました。

 

【2019年9月26日】

2日前。

iQOSとZIPPOを『すぐ買っちゃう!』というおっさんのハナシをダイアリーに書きました。

自分にも『すぐ買っちゃう!』ってモノ、あるかなー・・・。

と考えてたのですが。

何でもすぐに欲しくなりますが、すぐ買っちゃうってモノはないですね。(金銭的な理由・・・??)

まーまー多く持っているであろうモノは、

  • ギター
  • 帽子
  • スコッチウイスキー
  • ブーツ

かなー、と思うのですが。。

いつも同じ服装をしている俺なりの、ちょっとした”オシャレ”があるとすれば、首にスカーフをする、ってやつ。

なんだかんだで、スカーフやバンダナはたくさん持っています。

メガネや時計も、えー感じのやつをもっと揃えられたらいいなーって思っています。

「帽子に興味あるけど、何を選べばいいのかわからない!」

なキッズには、ドライボーンズをおすすめしますよ。

俺も2つ持ってます。

ドライボーンズの帽子
https://www.dry-bones.com/product-category/hatcap

 

【2019年9月25日】

■根元 八幡屋磯五郎の七味

長野県のお土産に!

ということで、七味をいただきました。

ガラムマサラの七味も入ってます。

根元 八幡屋磯五郎
https://www.yawataya.co.jp/

 

【2019年9月24日】

「新しいiQOS(アイコス)が出たら、つい買っちゃうんだよね。」

と、おっさんが。

「俺、ZIPPO(ジッポ)が大好きですぐ買っちゃう。けっこうなコレクターなんだよね。」

と、おっさんが。

「つい買っちゃう!!」

ってモノがある、ってことは、良いコトだと思いますね俺は。

そして俺はおっさんたちの、そのモノに対する愛情や情熱を聞くのが好きです。

うーん、俺には「つい買っちゃう!!」ってモノ、何かなー。

 

【2019年9月23日】

「このブーツ、一生履きますので!」

という気持ちで購入したブーツは20年以上酷使され、

もはやボロボロの極みでありますが、ぴっかぴかに磨き倒しました。

これらのブーツ、まだまだ履くのでしょうが。

やれやれ、新しいブーツが欲しいのです。

 

【2019年9月22日】

今朝。

『えー!?9月にMamas Gun(ママズガン)が来日していたのー!?!?』

ってことを知り、がっかり。

今から10年前にデビューしたUKのソウルバンド、Mamas Gun。

ラジオでたまたま聴いた彼らのデビュー曲『HOUSE ON A HILL』にとても感動。

初来日のライブに行って以来のファンです。

Mamas Gun
http://www.mamasgun.co.uk/

良質なサウンドと丁寧なアレンジが大人っぽくて好きです。

行きたかったなー。

 

【2019年9月21日】

■来年の手帳

人通りの少ない青山は、ものすごくさわやかで気持ちの良い朝でした。

本屋さんでは、2020年の手帳が販売されていました。

毎年同じことを思うけど、一年ってあっという間だなあ・・・。

と、いうことで。

今年もスケジュール帳のリフィルを買いました。

俺のスケジュール管理は手帳派です。

スマホで管理しようと試みたことがありますが、合いませんでした。

スマホでの管理は楽しくない、というのが理由です。

ここ数年ずっと、エトランジェディコスタリカのリフィルを愛用しています。

エトランジェディコスタリカ
http://www.etrangerdicostarica.com

 

【2019年9月20日】

若い頃のように、夜な夜な飲み歩く・・・ということが少なくなってきました。

その代わり、家飲みの充実ぶりはまさに”飲食店さながら”ではないか、と思います。

自分の好きな音楽を流し、自分が食べたいものを好きなように作り(作りながら飲む、ってのもサイコー。)、自分が飲みたいお酒を飲みたいように、飲みたいだけ飲み。

本を読んだり、映画を見たり、頭に思い浮かんだアイデアやフレーズをノートに書いたりしながら、ちびちびと。

そして、眠たくなったらそのまま寝る。

サイコーです。

だっさい連中としょーもないゴルフに行ったり、麻雀したり、キャバクラや風俗に行ったり、いやいや家族に付き合ってイライラするよりはずっとずーっとマシな時間の過ごし方だと思っています。

 

【2019年9月19日】

上京してはじめて一人暮らしをした練馬の上石神井(かみしゃくじい)に行ってきました。

程よい田舎感がお気に入りでした。

2年間しか暮らしてないし、ただでさえ健忘が激しいので、思い出たる思い出はほとんどありません。

部屋の間取りも覚えていません。

まったく覚えていないけど、そこで暮らしていたことは間違いないんです。

覚えておく必要のないことなので、忘れるのでしょうか。

他に覚えなければならないことが増えるので、忘れるのでしょうか。

ただただ、忘れっぽいだけなのでしょうか。

俺が忘れてしまうように、俺も忘れられてしまうのでしょうか。

 

【2019年9月18日】

■チャーリープース!!

かっちょいいチャーリープースが新作『Mother』をリリースし、ヘビロテしてます。

ごちゃーっとしてないサウンドがいつも心地よく。

彼の音楽は、俺の制作意欲をムラムラさせます。

 

【2019年9月17日】

喉の手術をしたヒトがいいました。

「こんな状況になってでも、生きているのはどうかと思う・・。

長生きすることは決して幸せなことではない。」

と。

きっと、そのヒトは辛い思いをしたのだろうが・・・。

生きるか死ぬかを、自分の意思だけで決断してはいけない。

というメッセージを、俺は音楽を用いて発信してもいいのかもしれないなー。

と、思いました。

 

【2019年9月16日】

このところは、Lizzoばかり聴いています。

とてもかっこいい。

彼女はいつも、ありのまま。

ありのままの自分を誰よりも愛するLizzo。

LizzoはLizzoを溺愛している。

「わたしはサイコーにイケてるのよ!」

そうやって生きていくことは誰にでもできる、わけではないでしょう。

だとしたら。

そうやって生きていく努力をすること、は必要かもしれません。

Lizzo自身も、

「笑顔の裏でメンタルヘルスに悩んでいる。」
(参照:https://front-row.jp/_ct/17276451

そうで、セラピーにも通っているのだとか。

今の俺にとっては、Lizzoの音楽を聴くことがセラピーです。

 

【2019年9月15日】

■新宿SACT!の13周年ライブ♪

いつもお世話になっているライブハウス新宿SACT!の周年パーリーに参加してきました。

以前SACT!で音響(PA)をやっていた、現在バーマンのたつる氏とも一緒にヤりました。

仲間と一緒に、お酒を飲みながら音楽を楽しむ時間。

心から幸せを感じることができる時間。

そんな時間を過ごすことができるSACT!に感謝です。

吉田あきらとして、SACT!でライブをした回数は通算115回だとか。

ノミホタベホのワンマンライブは75回なんだと。

サポートや、その他演奏した回数を含めると、もっと増えるでしょう。

お客さんとして来店した回数も含めると、もっともっと増えますね。

音楽人生で、もっともお世話になっているライブハウス、ってコトです。

俺なりの”お返し”ができますように。

 

【2019年9月14日】

27歳の女の子が、

「ブログで収入を得る方法を教えてください!」

と質問してきました。

「ブログ、書いてる?」

と俺が聞くと、

「まだ書いてません。」

と、答えました。

「そうかー。」

と、俺。

やれやれです。

まずは書け!!

なんでもいいから、とりあえず書け!!

とりあえず10記事くらい書けー!!

どんなしょーもない記事でも、書くのだ!!

「どうすれば、上手に歌うことができますか?」

という質問に対しても、

まずは歌えー!!

なんでもいいから、10曲くらいレパートリーを増やせー!!

って、思います。

が。

俺は何も言いません。

何も言いませんよ。

努力を嫌う時短崇拝キッズには何も言いません。

 

【2019年9月13日】

SACT!でライブでした。

何かしらの写真を撮るのを忘れてしまいました。

今回はギブソン社のES-175というギターで弾き語りをしました。

このギターの”個性”を、ようやく操ることができるようになったと自負している今日この頃です。

自分が奏でる音で、自由を感じたい。

自分の想像している世界を、音楽で具現化したい。

夢はふくらむばかりです。

 

【2019年9月12日】

(9月13日のライブMCで、同じコトを言いました。)

ギターを弾き始めたあの頃。

大好きな音楽を何度も何度も、隅々まで聴き倒して、ギターで演奏できるようになるまで何時間も費やしました。

いわゆる、耳コピです。

おしゃれに言うと、トランスクライブ。

音楽を流し、それに合わせて何時間もギターを弾く。

まさに、

「あーでもない。こーでもない。」

と、音を探る。

この時間こそ、俺にとっては効果的な練習であり、勉強であり、創造の源であろう。

と、確信に似た”直感”が働きました。

好きな音楽をたくさん耳コピ(トランスクライブ、ね。)して、自分の血に溶け込ませていこうと思います。

このハナシを料理に置き換えると。

とりあえず調理器具と調味料を揃えたら、スーパーへ行って購入できるだけの食材を買い、キッチンにこもって、まずは調理してみる。

ってコトでしょうか。

時々レストランに行くのは、時々ブルーノートに行く、ってコトに近いと言えるでしょう。

 

【2019年9月11日】

■ブドウと梨

いただきましたので、いただきました。

とてもおいしく、いただきました。

■くだものと健康

さて。

くだものは果たして、体に良いのか悪いのか。

いろんな人が、いろんなコトを言っています。

『ダイエットに効果的!』

と、誰かが言えば、

『果糖は毒だ!』

とか、

『くだものは体を冷やす!』

などと、誰かが言います。

ブドウを1粒食べて、

「あまーい!おいしーい!」

と感じることが不健康なわけがない。

毎日毎食くだものばかり食べて、健康なわけがない。

程度の問題であり、感じ方の問題だと思います。

 

■毒は必要?

ずーっと無菌室で育てられた人間は、生涯を健康に生きていけるでしょうか。

イエスマンに囲まれて、ずーっとお花畑でホクホク生きてきた人間は、社会で健康に生きていけるでしょうか。

きっと無理です。

例えば。

排気ガスは体に悪いけど、多少の排気ガスくらい弾くことのできる強さは備えていないと。

そのためには、無菌室から飛び出して、シャバに繰り出さないといけません。

シャバには理解不能なアホ人間がたくさん存在し、おかしなことがたくさん横行しています。

アホ人間やおかしなことなどをサラっとくぐり抜けて、楽しく生きていく耐性は、多少は身につけておかなければならないでしょう。

わがまま放題で、自分の思い通りにできる場所ばかりで生活していては、シャバの道を歩けません。

シャバに出て、毒と対峙することで、人間は強くなるのです。

多少の毒は必要でしょう。

もちろん、毒だらけではいけません。

くだものと同じ、程度の問題です。

 

■禁煙への一極集中に違和感

くだものは健康を害する!

と思う人は、くだものを食べなければいい。

健康のためにくだものを食べたいのなら、食べましょう。

俺にとって何が違和感かって、、、。

一極集中の風潮です。

くだものについて、意見を1つにまとめる必要はありません。

食べたいなら食べる。

食べたくないなら食べない。

それだけでいいのです。

タバコやお酒、お菓子やコーヒーなどに対してもそう思います。

健康を維持できる程度であれば、嗜好品は必要です。

(もちろん、副流煙や泥酔などで他人に迷惑や損害を与えるのはダメですが、それも程度の問題でしょう。)

嗜好品のない世の中なんて、退屈で窮屈で、ちっとも面白くない!と思います。

禁煙への強引な一極集中は、俺にはとても異常なこと。

それはそれで問題が生じると思います。

影で隠れてコソコソとタバコを吸い、公園でポイ捨てして、それが原因で大火事になり、風船を持ったかわいい女の子が・・・なんてことが起こったりするかもよー。

 

■「〇〇は△△だ!」の答えとは?

影響力のあるどこかの誰かが、

「〇〇は△△だ!」

と言えば、

「そうだ!そうだ!」

となってマジョリティ(多数派)が生まれ、マジョリティがマイノリティ(少数派)を攻撃し始める。

攻撃されたマイノリティは、自分を見失い、マジョリティへと加わる。

なーんてことは、紀元前から続いていることでしょう。

流行というモノが生まれるきっかけも、そんな感じでしょう、きっと。

今はきっと禁煙ブーム。

きっとそれ、しょーもないビジネスがからんでいて、どこかの誰かが儲かるシステムなんじゃーないの??

つまり俺は、多くのコトに対して『一極集中が過ぎる!!』と思っているのです。

若い女の子なら、スマホを握りしめながらタピオカドリンクを飲み、TikTokを楽しまなければならないのでしょうか。

20代までに結婚をし、30代までに出産をし、シミやシワのない顔で40代を過ごさなければならないのでしょうか。

やりたいコトが見つからない場合は、自分探しの旅に出かけないといけないのでしょうか。

引きこもりは害でしかないのでしょうか。

流行っている芸人のネタでしか笑ってはいけないのでしょうか。

自虐ネタで笑ってはいけないのでしょうか。

熟年離婚はダメなのでしょうか。

定年後にやることがない、と悩むことはダメなのでしょうか。

肩パットばりばりのダブルのスーツを着たロン毛の男はダメなのでしょうか。

新橋の焼き鳥屋で上司の悪口を言いながらレモンサワーを飲み、ディスコのお立ち台で踊る女はダメなのでしょうか。

村上春樹ファンは全員ミーハーでサンドイッチやパスタを好み、太宰治ファンはすべて根暗で自殺願望があるのでしょうか。。

んなわけない。

んなわけないやんけー!!

絶対に、そんなわけがない。

いろいろあって、えーねん。

お互いの趣味思考を尊重しつつ、お互いの好き嫌いを認めつつ、お互いが気持ちよく生きていられるように歩み寄り、譲り合い・・・。

なんでもかんでもシロクロはっきりさせなくてもいいじゃないの。

「〇〇は△△だ!」

に、答えを当てはめるのなら、

「俺は俺で、お前はお前だ!!」

です。

そして、

「そうだそうだ!俺は俺で、お前はお前だ!!」

というマジョリティが生まれたらいいのに。

でもねー。

「俺は俺だから!!」

という意見を聞いて、

「はあ、わたしはダメだなー。」

と思ってしまうヒトがいることも知ってますよー。

 

■情報過多

あっちからこっちから、様々な情報や意見が勝手に飛んでくることで、

「はあ、わたしはダメだなー。」

と思ったり、自分を見失いがちなヒトが多いのではないでしょうか。

それ、情報過多なのではないでしょうか。

俺はすぐに『情報過多な状態』になります。

そして、自分のアイデンティティを見失うのです。

情報操作をしている悪知恵チームにとっては、そんなヒトたちはカモだと思います。

情報源はどこなのか、そしてその情報の信憑性はどうなのか。

ってことを意識しつつ、今日も俺はスマホの電源を切って、今日という休日を楽しむのです。

 

【2019年9月10日】

音楽制作会社のプロデューサーが、

「もしもキミが素晴らしい音楽を知っているのなら、その音楽を守り、継承していかなければならない。」

と、言いました。

そうかもしれないけど。

俺は素晴らしい音楽やミュージシャンを知っている。

最新の音楽や人気ミュージシャンの中にもきっと、素晴らしい音楽やミュージシャンがいると信じている。

俺はそのプロデューサーに言いたいね。

「もしもあなたが素晴らしい音楽やミュージシャンがなんたるかを知っていると言うのなら、ミュージシャンである吉田あきらの音楽と、吉田あきらの音楽制作環境を守り、吉田あきらそのものを継続して支援していかなければならない。」

と。

 

【2019年9月9日】

東京は『ザ・交通マヒ』です。

台風の影響をがっつり喰らって大変です。

 

【2019年9月8日】

夜中の東京は、

「マンションが吹き飛ばされるのでは??」

ってくらいの暴風雨。

台風の影響で、明日は色々と大変なのではないか・・と思います。

どーしても仕事に行かなければならない!!!

どーしても学校に行かなければならない!!!

どーしても手続きを済まさなければならない!!!

な方にとっては、さらに大変でしょう。

「どうしても〇〇しなければならない!」

といったことは、できるだけ少なくして生きられたらいいなーって思います。

 

【2019年9月7日】

過去に、証券会社で働いていたという人が、

「当時、オレの年収いくらだったと思う?」

と、聞いてきました。

俺は、

「5000万くらいですか??」

と答えました。

「いやいやー。そこまではなかったけどねー。まあ、4500万くらいだねー。いわゆるバブルだよねー、バブル。」

と、嬉しそうに答えた彼。

俺にとってはどーでもいいような他人の過去も、本人にとって『何か達成感を得ることができた』過去なのであれば、その過去は1つの財産・成功体験でしょう。

俺にもあります、達成させたい目標が。

 

【2019年9月6日】

「他のコトはできないけど、コレだけはできます!誰にも負けないぜ!」

みたいなスキルは、あまり評価されない時代なのかもしれません。

音楽においては、制作における様々な過程を、低予算かつハイレベルに、一人で仕上げられるスキルは評価されます。

一昔前、作詞家・作曲家・編曲家・演奏家・音響技術屋と呼ばれる人たちは、各分野における”プロの職人”として、役割を果たしてきました。

あえて卑下して言うならば、

「一通りなんでもできます。でも、残念ながらすべて中途半端です。」

なミュージシャンが、そうですこの俺です。

なので。

「俺といえばこれ!」

という”何か”が欲しい!とずっと思ってきたような気がします。(音楽に限らず。劣等感とともに。)

そこでふと。

自分の所持するギターたちを手にとって感じたことがあります。

『ストラト』『テレキャス』『レスポール』といった、”どんなジャンルにも対応する、万能タイプのエレキギター”というものを持っています。

ストラトとテレキャスは、これ。

それとは逆に。

「このギターは、この音しか音が出ない!」

という不器用なギターも持っています。

それは、これ。

音楽やギターを、いわゆる”仕事”とするのなら、定番の『ストラト』『テレキャス』『レスポール』を持っていないという人はいません。

営業マンにとっての”靴とバッグと名刺”くらい必須の機材です。

でもでも。

音楽やギターを”仕事”としないのなら、徹底的に自分の趣味でギターを選びたいなーと思いました。

だとしたら、不器用なギター、がいいですね。

音色を調整するツマミやスイッチなどは一切付いていない、不器用なギターにたっぷりと愛情を注ぎたいですね。

それを俺の”趣味”だとするならば。

その”趣味”はギターに限ったことではありません。

10のうち、9が嫌いでも、残りの1が大好きなら、俺はそいつ(人・モノ・食・街etc)が大好きです。

徹底的にツ・キ・ア・イ・タ・イ♪

逆に。

10のうち、9が好きでも、残りの1が大嫌いなら、俺はそいつ(人・モノ・食・街etc)が大嫌いです。

徹底的にツ・キ・ア・イ・タ・ク・ナ・イ♪

ちなみに。

俺がずっと欲しいと思っているギターは、万能ギター代表の、ES-335でございます。

 

【2019年9月5日】

パリで40年間、画家として生活をしていた!

という初老に出会いました。

彼の人生において、もっとも敬意を表したいことは、

『パリに行ったこと』

です。

パリで成功しようが失敗しようが。

その後の人生において成功しようが失敗しようが。

まず、『パリに行ったこと』が素晴らしいと思うのです。

大きな成果(成功)、あるいは失敗には必ず『決断』があるものです。

決断という自由意志を、人間は与えられています。(決断しない、という自由意志も。)

これを『自由』と言わずして、何を『自由』と言うのかしら。

最近、決断したことはありますか??

 

【2019年9月4日】

久しぶりに、

『欲しいなー!!』

と思ったギターに出会いました。

望んでいたわけでも、探していたわけでもなく、そういったギターに出会えるってのは、まさに生きている証拠、であろうと思います。

俺は生きているし、向上心もあるし、もっともっと「俺!」だからこそ奏でられるサウンドを追求しています。

絶対に、手に入れてやるでー!!!

■えーなー!と思ったギター
https://www.ibanez.com/jp/products/category/hollow_bodies/

 

【2019年9月3日】

夜。

大好きなスコッチを棚の右から順番に飲みつつ、所有しているギターを右から順番に弾きつつ、言葉とメロディで物語をつむぎました。

俺にとっての至福の時間。

至福の反語は『悲惨』だそうです。

悲惨があればあるほど、至福がより至福になるのかもしれません。

でも、それならば、ほどほどの至福でかまわない!と思います。

それをもし、『足るを知る』というのなら、至福は足りています。

悲惨は何一つ望みません。

 

【2019年9月2日】

長く人生を歩んでいる人にありがちではないか・・・と、思うこと。

それは。

「ウマいモノを喰うってことくらいしか、楽しみがなくなってくる。」

ってコト。

それはそれで、1つでも人生に楽しみがあるならいいじゃないか、と思う。

「あー、楽しいな!」

って思うことがない、もしくは極めて少ない!!っていう人たちは、現実に存在します。

楽しいこと、見つかるといいね。

ただ。

そういう人たちと俺を一緒にしてくれるな。

「ウマいモノを喰うってことくらいしか、楽しみがなくなってくる。」

という時期は、おそらく俺には来ない。

しょーもない連中と西麻布の高額な寿司屋へ行き、しょーもない連中のしょーもない愚痴を聞き、しょーもない歌をカラオケで歌うようなことはしません。

俺にとっての楽しいコトは何か、って??

西麻布の寿司屋でお話しましょう。

 

【2019年9月1日】

■ラリーカールトン&リチャードボナ@ブルーノート

二人の変態が織りなす、ど変態なセッションを堪能して参りました。

ワールドクラスの超一流サウンドを間近で味わい、

「もっと音楽に没頭したい!!」

と、思いましたし、思いますよね俺ですからね。

 

■MOSCOT(モスコット)

ブルーノートの近くにある、老舗メガネ屋さんのMOSCOT(モスコット)に寄りました。

同じモノを長く愛用したがりな、俺みたいなおっさんは、1つは持っているものです。(持ってないけど。)

ちなみに。

俺が普段愛用しているメガネはここのヤツ。

フレームはセルロイドが好きなんです。

●DJUAL
https://www.djual.jp/

 

【2019年8月31日】

■城領明子ワンマンライブ

シンガー城領明子の、東京では初のワンマンライブ@新宿SACT!にギターで参戦しました。

城領明子の歌が好きすぎる俺なので、譜面を見ませんでした。(アンコールの時は、カンペ見ましたw)

城領明子は俺のことを、

「あんたはステージのセンターに立って歌うタイプのミュージシャンやで。」

と言いますが、個人的にはサイドでギター弾きながらコーラスするのが好きです。

2019年11月8日は新宿SACT!でTOZYと城領明子と、吉田あきらの3人でライブします。

ぜひ遊びに来てくださいねー!

 

【2019年8月30日】

本屋さんをぐるぐる徘徊するのが趣味です。

「めちゃ売れてます!」

ということで、堀●貴▲さんの『●て本』と、本●健さんの『Ha●py Mo▲ey』という本をパラパラしました。

個人的には絶対買わない&もらっても読まない系の本ですが、世間はコレらの類いの本を求めている・・・のでしょう。

俺の趣味嗜好で作るサイコーにかっこいい音楽と、世間の音楽ファンが求める音楽が『一致』してくれたらいいのになあ。。。

 

【2019年8月29日】

昨日、病院で検査を受けました。

その時、かるーい”麻酔”を使用しました。

それが効き続けたのか。

夕方帰宅して、ベッドに横たわった瞬間から翌朝までグーグー寝てしまい、お腹が空きすぎて目が覚めました。

お腹が空くのは生きている証拠。

もりもり食べて、今日も調子乗ってイキましょー。

 

【2019年8月28日】

病院で検査をしました。

いたって健康なカラダです、という結果でした。

よかったよかった。

健康のありがたさは忘れないようにしたいもの。

健康なカラダが与えられたコトに感謝です。

 

【2019年8月27日】

地震か!?

と思ったら、めまいでした。

最近多いです。

季節のせいでしょうか。

自律神経のせいでしょうか。

体調が優れません。

そんな時はいつも、『おかゆ』を食べます。

もはや『おかゆ信者』と言っても過言ではない。

今日はおじゃこと梅干しを入れて卵でとじました。

粗食万歳。

 

【2019年8月26日】

現在41歳のあたくしが、還暦まで(生きてたら)着られる冬のアウターをゲットしたい。

と、いうことで。

色々と調べたり、妄想したりしています。

そんなことをしていると、欲しいなーって思う服やモノがどんどん増えます。

俺のモトに着た服やモノは幸いです。

めっちゃ大切にされるし、寿命を全うできるからです。

物欲万歳。

欲しがりますよ、負け続けても。

ちなみに。

冬のアウターとして密かに欲しがっているのはダッフルコート。

この人生、一度も着たことがない。

ガキっぽくなく、セクシーにダッフルを着こなすじじいに憧れます。

定番の、英国製グローバーオールのダッフルもいいなーって思うし、バズリクソンズの海軍なダッフルも欲しいなーって思います。

ちなみにちなみに。

靴は靴で、憧れのホワイツにオックスフォードがラインナップされていることを知り、気絶。

■ホワイツのオックスフォード
https://whitesbootsjapan.com/products/oxford

 

【2019年8月25日】

そもそもテレビを観ないので、24時間テレビについてアレコレ語ることはできません。

が。

ネットやSNSなどで、様々な情報を勝手に知ってしまうのです。

24時間テレビについて苦言を呈する人の意見も、まったく知りたくないのに知ってしまうのです。

いよいよ手放したいぜ、ネットとSNS。

不便さを選ぶことで心の平安を保てるのなら、手放す価値あるで。

「24時間テレビのあんなウソ企画、やめちまえ!」

「24時間テレビの出演者は、ギャラを寄付するべきだ!」

「なんでマラソン?意味わかんねー。」

などなど。

「いやいや、観てるお前が本物のアホやねん。黙っとけボケ。」

と、思います。

知らんけど。

それ以前に、そもそも24時間テレビ自体も、それをディスる人たちも、俺にはまるで関係がない。

関係がないことには極力、時間を費やさないことにしている。

俺に与えられた残りの人生は、決して長くはないのだ。

本当にそう思う。

 

【2019年8月24日】

二丁目(新宿の)で働くhikaruちゃんは、

「あーん。

とってもさみしくなってきちゃった。。」

と、青くなってきたアゴをさすって言いました。

「おうちでDVD観ながら、ぎゅーってしてくれるだけでいいの。

ぎゅーって。」

と。

「あなたも、さみしい気持ちになること、あるでしょ?」

と、俺に聞いてきました。

「せやなあ。あるかなあ。あるかもしれへんなあ。」

と、答えました。

俺は心の中で思い出しました。

「苦しいこともあるだろう。

言いたいこともあるだろう。

不満なこともあるだろう。

腹の立つこともあるだろう。

泣きたいこともあるだろう。

これらをじっとこらえてゆくのが、男の修行である。

(山本五十六の名言)」

オンナには、わかるまい。

 

【2019年8月23日】

近々、病院でちょっとした検査を受けます。

そのための”お知らせ”が届きました。

やれやれ。

嫌やなー、病院行くの。

ま。

健康って大切ですね。

不健康にならないと、健康のありがたさがわからない。

人間ってなんて情けない生き物なのでしょう。

でも。

情けなさのない人間なんて、人間らしくないし、つまらない奴なんじゃないの?って思いますが、どーでしょーか。

いずれにしても、健康は大切です。

 

【2019年8月22日】

コツコツとこっそりと、ギターの”速弾き”の練習をしています。

実に25年ぶりの猛練習、と言っても過言ではありません。

”速弾き”の練習をすれば、次第に指が動くようになるのですが、メリットはそれだけではないように思います。

”速弾き”の練習はイヤートレーニングにもなるかもしれません。

ふと流れている音楽の速いフレーズを正確に聞き取れるようになってきた気がしています。

”練習”というものに無駄などはなく、”練習”するタイミングに年齢なども関係なく、音楽やギターは楽しければそれでいいのです。

ギターは好きだけど、練習は嫌い。

だから毎日眺めている・・・

みたいなおっさんがいましたが、サイコーだと思いますね、そーゆーの。

 

【2019年8月21日】

有名なモノや人気のあるモノ、流行しているモノには興味がない・・・が、ずーっと昔から有名で人気があり、現在も流行しているモノは好き、って場合が多いです。

例えばリーバイスのジーンズ、501だったり。

例えばホワイツのブーツ、スモークジャンパーだったり。

例えばボルサリーノのキャスケットだったり。

例えばロレックスの腕時計、デイトジャストだったり。

例えばヤコブセンのエッグチェアだったり。

例えばポルシェの定番、911だったり。

例えばギブソンのギター、ES-335だったり。

例えばモンブランの万年筆、149だったり。

例えば・・。例えば・・。

そーいったお気に入りのモノのみに囲まれ、そーいったモノだけをゴリゴリに愛用する”生き方”が好きです。(って、持ってないケド。。。)

そんな物欲野郎に適した雑誌を発見。

今度の休みは、この3冊をパラパラ眺めるためだけに旅に出たいと思います。(妄想)

 

【2019年8月20日】

先日。

神戸の兵庫駅前にあった100円ショップに入った時、アメカジな缶ケースをゲットしました。

(※兵庫県神戸市には、神戸駅と兵庫駅がありまして。神戸の高架五拾七というオシャレなお店は、兵庫駅から徒歩5分です。)

これに、いつもギターケースに入れているコレとコレとコレとコレを入れることができたらな・・・と。

で、実際に入れてみたら。

このように、すっぽり綺麗に入ったのであります。

こーゆー瞬間、YEAH!ってなるわー。

 

【2019年8月19日】

奈良の実家なうです。

闘病に疲れた父の寝顔と、看病に疲れた母の背中を、日に焼けたタンクトップの俺が半ニヤケで見つめているという空間です。

変わりゆくモノと変わらないモノにはさまれて、変わりゆく自分と変わらない自分の真ん中を探りながら、一人で缶ビールをすすっています。

きっと俺はこれからも変わるし、変わりたいし、変わり続けたいと思っています。

音楽なんていつだってやめてやるし、大好きなギターなんていつだって淀川に捨ててやります。(多摩川でもいいけど。)

シゴトなんていつだって投げ捨ててやるし、全国に愛人を作って放浪してやります。(しないけど。)

そう思うのはもしかしたら、「変化に対する恐れ」、に反抗するためなのかもしれません。

変化を恐れず、あらゆること(良いことも悪いことも。偶然も必然も。)を受け入れながら、プカプカと流れに流されていたいのです。(それを”神さまの導き”、と表現します。あなたと俺が出会えたことは、お互いの意思ではなく、神さまからのギフトである、と考えます。感謝です。ハレルヤ。アーメン。)

流された結果、たどりついたその場所で俺が幸せを感じているのなら、

「神さまは俺を用いて、神さま自身の栄光を表した。神さまが俺を祝福したことが証明された。俺を見ればわかるっしょ?俺、幸せそうでしょ?神さまはほんとに存在するってコトだよね?」

というオチが生まれる。。。

という考え方をする俺はクリスチャンです。

感謝する対象を持っているかどうかは、人の幸福度に直結すると思っています。

感謝の対象は、なんだっていいと思います。

俺はたまたま、偶然にも”聖書(旧約・新約)”を正しく学ぶことができて、素直に信仰心を持つことができました。

感謝する対象(宗教・信仰も含めて)は人それぞれでいいのです。

(信教の自由は日本国憲法第二十条でうたわれていますし。)

人によっては感謝する対象がミュージシャン・アーティストだったり、お師匠さんであったり、上司や先輩であったり、自然や宇宙であったりするかもしれません。

父が死ぬ時はどうか、ひとかけらでもいいので、母への感謝を遺して逝って欲しいと思うのでした。

 

【2019年8月18日】

■ソングセッション@高架五拾七(こうか ごじゅうなな)

尊敬するミュージシャンであるTOZY・城領明子との素敵イベント、ソングセッション@高架五拾七。

6回目となる今回も、サイコーでした。

ああ。

ギターを弾くことは、俺にとっては生理現象です。

ウ○チ、我慢できないっしょ??

ってことです。

次回のソングセッションは、なんと・・・!!!

11月の第2金曜日@新宿SACT!です。

頼む。

集まれみんなー!!

 

【2019年8月17日】

さー明日は神戸でライブだ!

荷物やら何やらを準備・支度する時。

「今回はどのギターにしよかしら。」

と考えます。

明日のライブはTOZY・城領明子とご一緒です。

TOZYはアコギ、あきちゃんはピアノ。

と、いうことで。

役割分担として、

「ベース持ってったろか・・・」

とも考えましたが。

ベースの弾き語りはさすがにキツいな・・・と思って却下しました。

バンドにおけるベースボーカルはとてもかっこいい!と思います。

でも、ベース弾き語り・・・はかっこ悪い!(俺にはかっこよくできない、という意味です。)

だが。だが。だが。だが。

だが、しかーし!

ベース弾き語りはものすごく勉強になるし、とてもとても良い練習方法の1つでもあると断言します。

ベースラインをうねうねさせながら歌う・・・は、もはや脳トレです。

 

【2019年8月16日】

■船宿割烹 汐風

シゴトの休憩時間に連れていってもらいましたー、汐風に。

キンメのしゃぶしゃぶとか出てきちゃって焦っちゃっいましたが、美味しくいただきました。

この、、、なんといいますか。

予期せぬタイミングで「やったー!」なコトがあるのは嬉しいものです。

予想通りの「やったー!」も嬉しいけどね。

ごちそうさまでした。

「やったー!」は、もらってばかりではなく、与えることができてこそ、男でしょう。

がんばるでー!

 

【2019年8月15日】

■CLAYMORE(クレイモア)はサイコー!

もー・・。

めっちゃ好きな安酒、CLAYMORE(クレイモア)。

止まりません。。。

がぶ飲み用のスコッチとしては、これは最有力候補です。

酒は安いヤツを愛飲するのが粋なんです。

(2019年8月5日の日記参照)

 

【2019年8月14日】

某連ドラの主題歌を、フルサイズで聴いた時。

やっぱり・・・、と思ったコトがあります。

これは決してディスっているのではなく、意見であり感想なんですが。

J-POPをダサくしているのは『ギターソロ』です。

正直、断言できるのでは・・・と思います。

ここ10年以上、思っていることです。

「あー、えー曲やなー。」

と思って聴いてても、ギターソロになるとがっかりする。

ってことがあまりにも多い・・・です。

自身の楽曲制作において、ギターソロを入れるかどうかは熟考するポイントです。

J-POPをダサくしているのは『ギターソロ』なんです。

きっと、間違いないぜ。

 

【2019年8月13日】

ギタリストの白神誠さんからおすすめしてもらった、K-LICKSのギターピックが届いたので、さっそく試しました。

もはや「ピックなんてなんでもいいっす」と思っている現状です。

ギターピックそれぞれにそれぞれの個性があって、それぞれの個性を理解したうえで、自分が求める音を出す。

今の俺にはそれができます。

それならなおさら、白神くんからおすすめしてもらった、このK-LICKSのピックを使おうぜ。

と、いうことで、しばらく使ってみようと思います。

 

【2019年8月12日】

世間は”山の日”の”振替休日”。

2016年に祝日とされたそうですね。

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨としている

と、ウィキペディアに。。

誰がいつ、どこで、何を考えて、こーゆー祝日を決めるんやろー。

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨としている祝日、やって。

世には様々なシゴトがあるんですねー。

 

【2019年8月11日】

いわゆる水商売をしている女の子が、

「ほんと、クソみたいなシゴトよ、あたしのシゴトは。」

と言いました。

「あたしはコレしかできないから。」

と、言いました。

水商売はクソみたいなシゴトではないし、水商売のシゴトしかできないという女の子はこの世にはいません。

①水商売=クソ。

➁あたしのシゴト=水商売。

➂クソ=あたし。

という方程式は不正解です。

俺はおしゃれなスナックのマスターやりたいなーって思っていますよ、密かに。

 

【2019年8月10日】

いよいよ、本格的なお盆休みですねー。

今の俺に”休日”なんてありません。

だからこそ、寝る前のひとときは”凪(なぎ)タイム”を過ごすようにしています。←凧(たこ)ではない。

ギターを弾いて、スコッチを飲んで、本を読んで眠くなって、寝る・・・。

今日のギターはテレキャスター、スコッチはタリスカー、本は夏休みらしく”星の王子さま”です。

今日もそんな感じで、8月10日を終わりにします。

 

【2019年8月9日】

■ソロライブ@新宿SACT!

毎月第2金曜日に行われているソロライブ@新宿SACT!。

感謝な1日でした。

みんな、いつもありがとう!

今回はエレキギターでのライブでありました。

ギターなんて、なんでもいいわ。

ギターなら、なんでも好きっす。

で。

先日からギターピックを色々と試しているのですが。

今回のライブではっきりとしたこと。

それは。

ピックなんて、なんでもいいわ。

どんなピックでも、どんなギターでも、それぞれの個性をそのまま生かして、俺は俺のプレイを楽しむだけっす。

 

【2019年8月8日】

ギター弾きまくり!な午後を過ごしました。

サイコーの午後、でした。

この調子で、コツコツと練習・勉強を続けることができたら、プロのギタリストにになれるかも。

プロのギタリストになっても、ギターは自分で運ぶし、弦は自分で替えるで。

 

【2019年8月7日】

都内では救急車が鳴り響いております。

ジジババに限らず、若者もバタバタと倒れている猛暑な東京。

直射日光は避け、しっかりと水分補給をすること。

これ、ほんと大事。

人ごとではありません。

エアコンを浴びすぎたり、冷たいものを飲食しすぎたりして体調を崩している人も多いとか。

しっかり食べて、しっかり寝ましょう。

俺は俺で、いわゆる『避暑地』を調べまくってました。

どこに行きたい・・・ってわけでも、何がしたい・・・ってわけでもない。

とにかく。

ごろーんと横になって、蓄積しすぎの疲労を脱ぎ捨てたい。

テキトーなギターを弾きながら、しょーもない歌を歌いながら、やっすいお酒舐め回して、ニヤニヤして寝たいのです。

 

【2019年8月6日】

■ギターのピック

ギターを弾く時は長く、同じピックを使用してきました。

が。

自身のプレイスタイルや好みが少しずつ変化(というよりは、原点回帰・・・か。)している。。。

と、いうことで。

ギターピックの見直し祭り、を行いました。

ピックによってギターの音色は大きく変化します。

弾きやすさ・弾き心地、も当然違います。

ピックを選ぶ時は、だいたい3つのポイントをチェックします。

  1. かたち
  2. 素材
  3. 厚み(かたさ)

音色の好みやピックに対する感じ方は人それぞれ違います。

なので、ネットのレビュー等々は一切無視です。

実際に自分で確かめるために、サウンドハウスで大人買いしました。

サウンドハウスで注文すると、場合によっては注文当日に届きます。(早すぎ)

で。

「なんでそんなに安いん?」

ってくらい、安いのです。

色々試して、出た結論。(暫定的、ではありますが。)

「うーん。よくわからない。」

です。

しばらくランダムに使ってみて、様子を見ることにしました。

 

【2019年8月5日】

■スコッチ

酒屋のせがれとして生を受け、今まで様々なお酒を楽しんできました。

ジンやウォッカ、テキーラやラムといったスピリッツ系も好きですし、日本酒や焼酎も好きです。

バーボンもブレンデッドもサイコーですが、やっぱりやっぱり、スコッチが好きです。

スコッチはスコッチでも、様々なスコッチがあり、市場には安くて美味しいスコッチがたくさんころがっています。

そんなスコッチの中で、やーっぱり好きなスコッチは「タリスカー」「ラフロイグ」「アードベック」といったシングルモルトなスコッチ。

圧倒的な個性を有するシングルモルトなスコッチが好きです。

もう、スコッチジプシーはおしまい。

俺の部屋の棚にはシングルモルトなスコッチしか置かないぜ。

 

【2019年8月4日】

■救出!レインボーチルドレン♪

好きすぎるアルバム!!

プリンスの『レインボーチルドレン』の、現在廃盤となっている国内版CDを発見したので救出しました。

数多くあるプリンス作品の中で、俺はこのアルバムがずばぬけて好きです。

ゲットした中古CDは状態もキレイで、ステッカー入ってるし、ライナーノートと日本語訳が載っていて感動。

とても得した気分。

このアルバムを聴くと、上京当時を思い出します。

 

【2019年8月3日】

吉田あきらはなんと、中学・高校に通っていた時期がありました!!

その時期にギターを猛練習したおかげで、今の俺がある・・・と言えるでしょう。

俺の”ギターテクニックを向上させた”のは、”エクストリーム(Extreme)”というバンドと、そのギタリスト、ヌーノベッテンコートです。

かなり影響を受けました。

そんなエクストリームが、クイーンの名曲をメドレーしている動画を観ました。

”エクストリーム”というバンドは、コーラスワークが美しい。

なつかしいなー、エクストリーム。

ということで。

”エクストリーム”というバンドのセカンドアルバム「ポルノグラフィティ(Pornograffitti)」を聴きました。

俺はこのポルノグラフィティで、ベースとドラムも覚えたのでした。

なつかしいなー。

と、いうことで。

10代の頃をなつかしみつつ、再びこのアルバムをコピーしてみようと思ったのでした。

俺はギター、ベース、ドラムが好きなのです。

 

【2019年8月2日】

自宅にて。

テーブルの上に、

・財布

・スマホ

・SDカード

を、重ねて置いていました。

下から財布、その上にスマホ、そして一番上にSDカード。

SDカードには音源データやプリントアウトしたい譜面のPDFなどなどを入れてました。

「さ。出かけよう。」

ということで、その3点セットをバッグに入れようとしたら。

SDカードが、ない。

テーブルの下に落ちて、もない。

自宅には俺一人。

さっきまであったSDカードが、ない。

俺の勘違い、か・・・??

いやいや。

絶対に置いたし。

・・・と、いう事が数日前にあり、今もまだSDカードは見つかっていません。

SDカードがなくなったその日。

毎日メモ帳として愛用している、ダイソーのA6ノート(通称”ダイスキン”、と呼ばれている手帳)と、ノートに挟んでいるボールペンも行方不明。

俺のSDカードやノートはきっと、トイストーリー4を観たに違いない。

こっそり戻ってきてくれたらなー。

 

【2019年8月1日】

朝からモーレツな湿気にクラクラしました。

危険な暑さを感じる東京の夏。

俺の夏は主に、

・ハリウッドランチマーケットの雪駄(オールデニム)

・ディッキーズのワークパンツ874(カーキ)。

・ヘインズのビーフィーTシャツ(白)

です。

ここ数年、変わっていません。

が。

最近はTシャツではなく、いわゆる”タンクトップ”がマイブーム。

タンクトップと言えば、マッチョな男やバスケ好きのキッズが着がち。

たるんだおっさんが着たって、いいぢゃないか。

 

【2019年7月31日】

未婚の、年頃の男と女が集まってワイワイと楽しむ飲み会にて。

男も女もきっと、楽しい時間を過ごしつつも、それぞれにそれぞれの”戦略”を立てて挑んでいるなー・・・と、側から眺めて楽しんでいたのであります。

いわゆる『異性を意識した飲み会』において、俺の”好み”の話を1つ。

異性に媚びず(こっそりと媚びている場合もあるだろーが。)、むしゃむしゃと食べてガブガブ酔っ払って、「カラオケ行こーぜー!」とはっちゃけるような女性のほうが好きです。

で。

「みんな酔っ払ってるから、私がしっかりしなきゃ!」

と、テキパキとテーブルを整理しながらテキパキとドリンクをオーダーし、テキパキとお会計の割り勘を指示し、路上に出てテキパキとタクシーを停めて帰宅組を見送り、二次会へと向かうグループにしれーっとくっ付いていくような女性は、

「この子、何かたくらんでるんぢゃないだろか??」

って、勘ぐりたくなってしまいます。

 

【2019年7月30日】

ベーシストとしてバンド加入したい、と密かに思っている吉田あきらです。

夜な夜な、好きな曲に合わせてベースを弾きまくり(ディアンジェロばっかり・・・!!)、案の定、右手の指はヒリヒリと、先っぽに固いタコが発生しました。

こーなると、今度はギターの指弾きに支障が出るのです。

ベースの弾きすぎ&力の入れすぎ、は百害あって一利なし。

毎日弾き続けられるような弾きかた・ペースを知るべきであります。

この、『毎日継続』ということを実現させるためには、ある程度の「ほどほど感」が必要なのでしょう。

ボクサーの亀田興毅さんもおっしゃってました。

「筋トレはするけど、筋肉痛にならないようにしている。筋トレを毎日やるためにね。」

俺はこのところ珍しく、働きすぎている。

ちょっと、ペースを落とそう。

ああ。

求む、温泉。

 

【2019年7月29日】

ブツブツを見ると全身に鳥肌がたちます。(トライポフォビア、というそうです。)

しかも、モーレツに。

モーレツ、ですから。

そのモーレツを地震で言うならば、震度10です。

ほぼ、壊滅。

それがこのところひどくなってきました。

今日はヒマワリを見てゾゾゾーッとしました。

ヒョウ柄のシャツを着たオバハンにもゾゾゾー。

さらに、渋谷にある”渋谷ストリーム”という建物の窓を見て、同じくゾゾゾーッとしました。

モーレツに、です。

まいったなあ・・・。

 

【2019年7月28日】

憎っくき夏休み。

忌々しい”宿題”というものをかかえて、10歳を間近に控えた我が家のメスブタがやってきた。

「わーかーらーへーん!!」

と、メスブタ。

「どれどれ?」

と、その算数の宿題を見てみると。

「・・・むむ。」

なるほど。

難しい。

教えるのも、難しい。

何より、日本語もままならないメスブタにコトを理解させるのが、難しい。

問題はこんな感じ。

■AとBの合計は、1100です。

■AとCの合計は、800です。

■BとCの合計は、1000です。

■AとBとCの、それぞれを求めなさい。

方程式を使えば3秒で解ける問題ですが、俺はA4の紙を10枚ほど使って、約30分かけて説明しました。

勉強なんて遊びの延長でやったほうが、絶対に楽しい!

という持論もありつつ、俺は、小説『銀の匙』と、灘中の国語教師であった橋本武さんを思い出しました。

橋本さんとは、

『中学の3年間をかけて中勘助の『銀の匙』を1冊読み上げる国語授業「『銀の匙』授業」で知られる。』(ウィキペディアより)

な先生。

俺はこの教育方法がとても好きです。

算数の問題を大量に解かせる!という教育方法や宿題もありですが、1つの問題から多くの気付きを得させるほうが個人的に楽しく感じるし、主体性や応用力が養われるような気がするのです。

小説にしても、多読も大切かもしれませんが、1冊をとことん掘り下げて読み込むことも素晴らしいと思います。

音楽や楽器の練習もそうです。

様々な教本やYouTubeを参考にすれば素早く簡単に解決できて便利っちゃー便利ですが、大好きな1曲をとことん聴きまくって耳コピしたり、全パートの採譜をするほうが良い、という場合もあると思います。

情報やモノが溢れかえるこの時代には当てはまらない考え方、かもしれませんが。。。

 

【2019年7月27日】

車椅子に座っている男性と、その車椅子を押す女性。

二人は夫婦と思われ、年齢は70歳前後、といったところ。

男性は女性に向かって、大声で怒鳴り散らしている。

「バカかお前は!俺が歩道から落ちたらどうするんだ!もっとしっかり前を向いて、ちゃんと押せ!」

と顔を真っ赤にしている男性に対して、

「すいません。はい。ごめんなさい。」

と答え、うつむきながら車椅子を押す女性。

この二人は、幸せなのでしょうか。不幸せなのでしょうか。

それとも、

「他人は黙ってろ!余計なお世話だ!」

なのでしょうか。

 

【2019年7月26日】

むっしー!!

と不快な夏の三宿通りをチャリンコでぶっ飛ばしました。

世田谷公園で上半身に地下水を浴び、ふたたびぶっ飛ばしました。

スマホには、「熱中症注意!」なお知らせが届いてました。

常に水をガブ飲みし、熱が体にたまらないように工夫すれば、熱中症などにはならぬ!!(持論。)

夜はゴロゴロ野菜なカレーを飲み干しました。

そして今は。

タリスカー18年をストレートで舐め回しながら、ジョンコルトレーンを爆音しつつ、手帳や日記を読み返しています。

神は人間に自由意志を与えたので、人間は人生を選択することができます。

多くの人間は自分の望む仕事に就き、自分の望む土地で暮らし、好きな服を着て、好きな物を食べ、好きな姿勢で寝ています。

それはそうなんですが。

俺の人生は自分の自由意志以外に、『偶然』が多いような気がします。

いや、すべてが『偶然』と言ってもいいかもしれません。

俺があなたと出会えたのは、きっと『偶然』です。

俺の、『チャリンコでぶっ放すのが好き』という”嗜好”は、きっと『偶然』。

スコッチが好きなのも『偶然』です。

ネットニュースやワイドショー、スポーツ新聞や週刊誌なんて見たくない!と思っているこの性格も、たまたま偶然に与えられた。

俺に与えられた『偶然』こそが、俺を正しく導くための神からの『ギフト』であろう、と思うようになりました。

与えられた『偶然』には感謝したいものです。

そして、日々の『偶然』はおそらく、神の栄光を表すために用いられるであろう、と確信しています。

ごちゃごちゃと余計なことは考えず、今の俺に与えられた”役割”を担い、淡々と日々を過ごしてまいります。

 

【2019年7月25日】

例えば。

ムシムシと暑すぎる時。

全身がベトーッとして不快指数はマックスな時。

そんな時。

全裸で冷たいシャワーを浴びて、逆立ちで生ビールをぐびぐびやれたら、その暑さは”苦”ではない。

むしろ、暑くないと気持ちよくない。

でも。

シゴトでスーツを着ていたり、汗だくで駅まで歩かないといけなかったり、待ち合わせに遅刻した友達を待たなければならなかったりすると、その暑さはただの”ストレス”です。

ストレスとはやっかいですが、自分次第で”どうとでも感じられる”、とすれば、ストレスなんて楽勝で解消できる。

・・・と、自分に言い聞かせて。

まずは全裸になるトコロからはじめよう。

 

【2019年7月24日】

来年は東京でオリンピックが!

ということで。

『東京2020大会交通対策』、というのが行われた本日。

首都高の出入り口が閉鎖された影響で、都内の道路が超絶大渋滞!

普段なら2分で行けるところが50時間くらいかかりました。

実際にオリンピックが行われる時期に、これほどの渋滞が予想されるのなら、マイカー自粛は絶対だな。

と、思いましたー。

 

【2019年7月23日】

このところの数日は、ずーっとベースを弾いています。

音楽において、こんな楽しい楽器はないね。

ベースを弾けば、楽曲に如何様(いかよう)にでも”寄生できる”、とでもいいましょうか。

まるで、カタツムリをイモムシに変えてしまう寄生虫、レウコクロリディウムみたいにね。

(グロいけど、興味があれば『レウコクロリディウム』、ググってね。)

寄生・・にちなんで、ですが。

ワイドショーやネットニュースを見ないようにしている俺です。

ワイドショーやネットニュースを見たり読んだりすると、自分の心にとてもいやな何かが”寄生”するからです。

とくに最近は、『SNSに対しても同じく』、です。

何かコトが起きた時の、特定の何かに対する叩きっぷりは病的だ。

今日で言えば、吉本の岡本社長に対するバッシング。

ひどいわ。

ぶっ壊れるまで徹底的にぶちのめすSNSの風潮。

ほんで、松本さんや加藤さんを徹底的に英雄にしてみたり・・・。

極端すぎる。

めんどくさい。

「俺、SNSやめます!」

と宣言したいところなんです。

でも。

何か発信したい情報や内容がある場合は、SNSを利用したいし、便利だったりもするので(ツイキャスとかね)、「SNSやめます!」はやめておきます。

ひそかに俺のツイートなどを楽しみにしてくれている人もいるしね。

やめませんが、しばらく見ません。

わざわざこんなこと、言う必要ないのかも知れないけど、一応この場を借りてご報告。

自分に”寄生”するモノは、自分で選びたい。

そして、自分を守りたいと思うのでした。

 

【2019年7月22日】

ミストな雨の月曜日。

腰痛を克服すべく、最近はマメに腹筋ローラーで鍛えています。

腹筋ローラー、とは言うものの、腹筋だけに限らず全身を鍛えることができる最強の筋トレツールだと思います。

毎日(はムリかもしれないけど)継続させたいなーと思います。

「毎日継続させたい!」

と思っている、個人的歴代第一位は「英語」です。

「英語」「英会話」「英文法」・・・なんでもいいので、英語が理解できるようになりたい!

と、思っては挫折・・を繰り返しています。

「英語」が理解できるようになって、ヘミングウェイやカズオイシグロの原文を読みたい。

さらに、英語力を頼りに世界中を旅して、世界中の文化に触れられたらなー、と妄想しています。

 

【2019年7月21日】

■夏はそうめん

暑いし、食欲ないし、作るのめんどくさい。

そんな時はそうめんです。

今日はナスとチクワをお供させました。

夏はそうめん、冬はおなべです。

 

■選挙

参議院選の投票日でした。

俺は期日前投票をカマしておりました。

投票しない、なんてことは、俺に選挙権が与えられている限り、ありえないと断言する自信があります。

今の政治、そして政治家に対して不信感があり、期待もしていませんが、だからと言って「俺が投票しない理由」、にはなりません。

でも。

投票なんてしねーよ!という人を否定しません。

(少なくともネット上では。)

 

【2019年7月20日】

吉本所属の芸人さん2人が開いた会見。

スマホに入れているNHKのアプリで少し観ました。

「謝罪会見」であり「暴露会見」であったようです。

「宮迫はクズ!」

と騒いでいたネットのアホたちは、すかさず「吉本(岡本)は悪!!」と鞍替えする。

何を今さら・・・。

ネットの情報は、疑った方がいいと思っている俺です。

が。

何が正しくて、何が間違っているかなんて、軽々しく発言するべきではない!とも思っています。

山本太郎さんの演説にとことん感動した俺です。

だからと言って、自民党は悪で、れいわ新鮮組は正しい・・・とは思いません。

情報に流されてはいけない。

情報って、「罠」な場合があります。

俺が発信する俺の情報は、発信源が俺なので、すべて『正しい』です。

 

【2019年7月19日】

金曜日。

とても忙しい1日を過ごしました。

ただただ、忙しい。

それでも、一時期の『ギャラ未払い、いつまで続くのよ・・・』を思えば、忙しいってことは感謝なことやなー、と、しみじみ。

『忙しい』とは『心を亡くす』って意味や、と、誰かが言ってました。

忙しさなんて『心次第』で喜びにもなれば、苦しみにもなる。

もし俺が心を亡くすほど忙しく、苦しさに耐えられなくなったら、壊れてしまう前に何もかもかなぐり捨てて、全力で逃避行してやるのです。

人権、でしょ。

 

【2019年7月18日】

スマホのスピーカーで音楽を聞く時、「音楽ってそもそも、なんだ??」

と、思います。

スマホのスピーカーからは音は流れるけど、音楽を再生することはできません。

スマホのスピーカーからの音楽は音楽ではない!と思っています。

自宅では、音楽はめっちゃいい機材・環境で聴いている俺です。

オーディオマニアになるつもりはサラサラありませんが、「ホントの音で聴くサイコーの音楽」は、俺にとってはとてもとても価値のある存在です。

 

【2019年7月17日】

ギターが大好きな、大金持ちのじじいが、

「新しいエフェクターを買ったぞ!」

と、大喜び。

「来月は、フェンダーのマスタービルダーによるレリックを買うねん!」

と、意気揚々。

(※”フェンダーのマスタービルダーによるレリック”とは、簡単に言うと、めっちゃ高額なエレキギターのコト)

買ったエフェクターや、欲しいギターの写真をスマホで見せてくるじじい。

『うれしい!!うれしい!!うれしい!!』

って感情をみじんも抑えずに、ニコニコと楽しそうに語るじじい。

素敵なじじいです。

自分の価値観に従えば、人生はあっという間にサイコーとなる。

それを証明しながら生きているような、サイコーのじじいです。

 

【2019年7月16日】

音楽制作にはMac(パソコン)とCubase(キューベース・音楽制作ソフト)を使っています。

今日もしこしこと音楽制作をしていると。

デスクトップ全体がチカチカと点滅しはじめ、動かなくなりました。

再起動すれば、症状は一時的におさまりますが、再びチカチカ。

去年から、俺が音楽制作に没頭しようとすればするほど、邪魔が入ります。

神は俺の音楽制作を喜んでいないのでしょうか。

もしくは、サタンが面白おかしくイタズラをしているのかもしれません。

とにかく、音楽制作が進まない。

おおいにストレスフル。

以前の俺ならうろたえていたでしょうが、そんなことで今の俺は動じない。

もはやそんなこと、どーでもいい。

機材がダメなら、ギターを使って制作するし。

ギターがダメなら、ハナウタで制作するし。

それでもダメなら、制作をあきらめて、大好きな音楽を聴いて過ごします。

そして寝る前に、「いつか、音楽制作に没頭できますように。」とお祈りをします。

 

【2019年7月15日】

先日のライブでは、”愛のうた”、を数曲カバーしました。

愛に悩むこともなく、飢えているわけでもありませんが、最近は”愛のうた”にハマっています。

「俺にはコレは書けないわ・・・!!!」

な歌を探しては聴いています。

今日は様々なバージョンの『The Rose』を聴きました。

ここまでの深く、広い愛を歌で描けたらなあ。

”愛”にまつわる歌は、おそらく星の数ほどあるでしょう。

そしてその輝きはどれも違っていて、それぞれが唯一の輝きを有しているのでしょう。

 

【2019年7月14日】

■ナポリタン

アメトーークの「喫茶店大好き芸人」に影響を受けまして。

ぐっちゃぐちゃのナポリタンをがっつりと。。。

俺も、喫茶店が大好きです。

が。

ナポリタンやタマゴサンド、モーニングセットなど「食べもの」はあんまり馴染みがありません。

クリームソーダやミックスジュースも飲まないなー。

美味しいホットコーヒーと、お店の雰囲気が好きな感じなら、それだけでサイコーです。

 

【2019年7月13日】

今日はレコーディング・・・のはずが、リスケとなりまして。

湿っぽい部屋の掃除でもしよか、ということで・・・。

コーヒーを淹れて、椅子に座って一口飲んで。

・・・。

寝てしまい、気がつけば夕方でした。

そんな日があってもいいのでしょう。

 

【2019年7月12日】

■新宿SACT!ライブ

毎月恒例の、新宿SACT!でのソロライブ。

久しぶりにガットギターで弾き語りをしました。

ギターならすべて好きですが、その中でもガットギターが一番好きです。

いつもよりカバー多めのメニューを楽しみました。

ライブ後は店長&あおいクンと新宿三丁目のバーに行きました。

ああ。

いつもいつも、心から感謝です。

 

【2019年7月11日】

毎月恒例となっている歯の治療のため、歯医者さんに行きました。

歯は大切ですからね。

歯医者さんに通うのはめんどくさいけど。

できるだけ長く、自分の歯で食事をしたいものです。

で。

なんとなく、調べてみました。

何を・・・??

それは。

歯の寿命。

ググって最初に出たサイト(ヤガサキ歯科医院スタッフブログ)よると。

人間の歯は全部で32本。

しかし、80歳になる頃には8本・9本くらいにまで減ってしまうのだとか。

一方、スウェーデンでは平均20本までキープできている、のだとか。

それはやはり、ちゃんと歯医者さんに通うなどして予防しているから、だと。

「予防歯科」「予防メインテナンス」といった言葉も、スウェーデンから生まれたそうです。

続けよう、予防歯科。

めんどくさいけど・・・!!!

 

【2019年7月10日】

とある場末の路地裏で。

久しぶりに友達と再会しました。

「お?」

「お・・・!?!?」

「おおおー!!!」

な再会でした。

コンビニで缶コーヒーを買って、その辺のベンチに座り、「最近どうしてるん?」から、「これからどーすんの??」を含め、いろんな話をしました。

友達って、いいものです。

これから先、自分の人生に何が起こるのか。

そんなこと、誰にもわかりません。

自分にはどうしようもできないことを、1つずつ捨てていきたいなーと思ったのでした。

思考の断捨離。

それはつまり、「余計なことは考えない。」ってことです。

 

【2019年7月9日】

我が家で飼育されているメスの子豚(6歳)が発熱しました。

ぐったりしているわけではなく元気ですが、体温は40度前後。

リビングに敷いた布団の上でゴロゴロ。

遊びたいし、テレビも見たいけど、頭がぼーっとしているようです。

寝て、そして起きて、水飲んで、寝て・・・。

食欲はないらしく、バナナをかじって、また寝て。

そして翌朝。

熱も下がり、すっかり元気になった子豚。

よかったよかった、なんですが。

数日しっかりと食事をしていないからか、お腹がぺったんこになってました。

ほんと、文字通り、ぺったんこ。

食べないとこんなにぺったんこになるんだなー、と驚きました。

「ぱぱー。お腹すいたー!」

と子豚。

その時、感じたことがあります。

むせるような咳をする姿や、ほてった顔で眠る姿を見るのは辛いけど、それよりも子供に「ひもじさ」を感じることは実に辛い、と。

「おー!食べろ食べろ、いっぱい食べろ。ぱぱのもほれほれ、食べ食べ。」

という気分。

きっとこれは、母性ならぬ”親性”なのかもしれません。

戦時中、お腹をすかせた子供達がたくさんたくさんいたはずで、それはそれは辛い思いをしてきたはずですが、その子達の”親”もきっと、辛い思いをしたんだろーと想像できます。

たくさん食べさせてあげたいけど、食べ物がないんですから。。。

子供たちにひもじい思いをさせたくない、ってのは特徴的な”親性”の1つでしょう。

思い返せば、戦争をど真ん中で経験した俺のばーちゃんも、久しぶりに会った孫に、「これ食べ!これも食べ!」と、執拗に食べ物を与えてくれました。

食べることは生きること。

毎日、大量の食べ物が捨てられている時代に生きている俺ですが、食べ物を粗末にしたらあかんなーと思います。

食べ物を粗末にすることは、命を粗末にすることに等しい、と言えるのではないでしょーか。

 

【2019年7月8日】

シゴトでちょっとしたミスをしました。

ミスはしないに越したことはないですが、そのミスを自らの成長に利用したいものです。

ミスをした時、

「ああ、やっちまった。おら、もうダメだ・・・。」

と落ち込みたくありません

「ったく、仕方ねーじゃん。俺が悪いわけじゃねーよ。ツイてなかっただけだよ。」

と開き直りたくもありません。

ミスった時の自分の感情を冷静に観察して、

「これは余裕で防げたミスだ。だからココをこう改善する。ちょっとだけ反省したら、これ以上このミスについては考えない。寝よう。」

と、『自分のミス』を終わらせたった。

さあ。

次はもっとデカいミスをしたるで。

 

【2019年7月7日】

ただ単純に、『ザ・肉体疲労』なわたくし。

ガツーンと寝て、ガツーンと食べたら、あとは歩くに限る。

今日は雨でしたが、たくさん歩きました。

ざっと5時間は歩くことができました。

そして、自宅でギターを弾きました。

曲を作るわけでも、練習をするわけでもなく。

ただただ、好きな曲やメロディをポローンと弾きました。

つまり、サイコーの1日を過ごしたのでした。

さ。

ちょいとバーボンでもなめましょう。

こんな感じが、俺の”幸せ”です。

 

【2019年7月6日】

コンビニに貼られていたポスター広告で知りました。

あのU2が来日する、と。

https://www.u2japan2019.com/

文字通り、擦り切れるほど聴いたアルバム「ヨシュア・トゥリー」を完全再現するというライブ。

なんてこった・・・。

行きたすぎる。

 

【2019年7月5日】

ちょっとした打ち合わせにロイホへ。

お昼時だったってこともあり、家族連れもちらほら。

小さなお子さんが泣きじゃくり、泣き声が店中に響き渡っていました。

すると。

子供嫌いのおっさんが、

「うるせーよ。親がなんとかしろよ!!」

と、大激怒。

こういうケースにおけるトラブルをさけるために、俺がやっていたこと。

子連れでお店に入り、子がぎゃーっと泣き出したら、子を抱っこして店を出ます。

それ以前に、できるだけ店に入らないようにします。

外食しないようにする、ということです。

「じゃ、子連れで外食しちゃいけないの!?!?」

っていう親がいます。

「ぎゃーぎゃーわめき散らせば、周りに迷惑がかかる。」

のですから、

「子供が大きくなってから、外食せー。」

と、個人的に思います。

俺の感覚からしたら、わりと『当然』な感覚。

電車や飛行機などで移動せざるを得ない時、子がギャン泣きしはじめたら。

とりあえず、困った顔をしてあやすフリをしてました。

他人に対するパフォーマンスです。

これも、俺の感覚では当たり前です。

内心はケロっとしています。

だって、子は泣くものです。

しかしそれは、親以外からしたら大迷惑でしかないのです。

子をかわいいと思うのは親だけです。

それとは別に。

育児に悩むママ・パパの気持ちはとてもわかります。

かわいいはずの我が子をぶん殴りそうになる、って気持ちもよーくわかります。

他人に無関心な時代。

  • 「ガキンチョが泣いて、おっさんがキレる」なんて、俺には関係ない。
  • 育児に悩むママ・パパがいるらしいけど、だったら生まなきゃよかったじゃん。

ってな感じでしょうか。

そんな時代はよくないぜ!!!

それなら、人は人に優しく、より思いやりをもって接する必要があるでしょう。

しかしそんなの、誰もができるわけではないでしょう。

でも、できる人はいるのです。

俺はそれができる人になりたい、できる人でいたい、と、思うのでした。

 

【2019年7月4日】

朝。

とても強い風が吹き、通行人の差す傘が次々に折れる様を、俺はびしょ濡れになりながら眺めておりました。

ひっくり返った傘にしがみつく姿はやや滑稽ですが、折れた傘を歩道に捨てるのは非常に危険。

ほんと、やめて欲しい。

風に乗って、突き刺さってきますからねー。

 

【2019年7月3日】

もはや習慣というよりも”趣味”に近くなってきたのが『靴磨き』、です。

特別な知識があるわけでも、誇るほどの腕前があるわけでもないですが、好きです。

先日。

有楽町を歩いた時に、『千葉スペシャル』という存在を知りました。

『千葉スペシャル』とは、靴磨きの達人集団。

あの会長や、あの社長も並ぶほど、なんだとか。

一度、体験してみたいですね。

達人の靴磨きを。

 

【2019年7月2日】

お昼ご飯を食べながら、映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』を観ました。

最近はディカプリオブームな俺です。

善行や罪、失敗や後悔、喜びや悲しみなどなど、人生で経験したすべてのことがいつか、誰かの何かを救えるのなら、この人生もまた悪くないな。

映画を観て、思ったのでした。

 

【2019年7月1日】

失恋した!という男の子(と言っても、25歳くらい・・・)がシクシク泣いていました。

個人的に、というよりは他人事としてですが、

「失恋して泣く」

なんて、素敵やなーって思いますが。

当の本人からすれば、

「・・・つらいっす。」

なようで。

再び個人的、かつ他人事としてですが、もし何かしらのアドバイスができるとすれば。。。

失恋してしまって、

「・・・つらいっす。」

な時期を乗り越えることができたら、俺は旅をおすすめしたいなーと思うのです。

恋をしていない人、または恋したい人にもおすすめしたいですね。

世界には、男と女しかいません。

ブルゾンちえみちゃんじゃないけど、旅をして、その「35億」と出会うために行動してみてはいかがか、と。

35億人、とまでは行かなくても、「井の中の蛙」である自分を変えるべく、大海へとジャンプしてみてはいかがか、と。

失恋に限らず、辛い経験をしたあとの旅は効く、と思います。

とともに、引っ越しや転職も即効性がある気がします。

辛い時期を耐えしのいだあと、様々な人と接して、経験を積み、後悔を重ね、自らを少しずつ成長させる過程もまた、人生の醍醐味です。

と、自分にも言い聞かせつつ。

でもこんなのはきっと理想論。

誰でもいつでもすぐに『旅』『引っ越し』『転職』ができるわけではない。

だから俺は小説・映画・歌をこよなく愛し、その世界に陶酔し、直感をごまかしながら生きているのかもしれません。

 

【2019年6月30日】

好きすぎるスコッチである、ラフロイグをいただきました!!!

個人的に、絶対的な王者です。

いただかないと、呑めないお酒です。

買えないっす・・・。

いただいておいて言うのもアレですが。

好きなモノや欲しいモノがあったとして。

自分でコツコツ節約し、お金を貯めて、やっとの思いで購入し、満足かつ嬉しい気分に浸るのはとても素晴らしいこと。

ですが、”プレゼントされる”というのもまた、素晴らしいことです。

そのほうがストーリーとして美しく感じる場合があります。

「ずっと欲しくて欲しくて、頑張って3年ローンで・・・」

も素敵ですが、

「あの日のあの時、〇〇のお祝いとして、ずっと欲しかったコレをプレゼントしていただいて・・・」

も同じく素敵だぜ、と。

このオレ様の分際で、自宅でラフロイグやタリスカーを呑んでいるなんて、

「なまいきだぞ、のび太!」

と怒られ、殴られ、奪われそうなもんです。

が。

プレゼントしていただいたワケなので、俺が何様の分際でも堂々としていられるのであります。

「いやいや、そんなモノはとてもとても。私にとっては分不相応(ぶんふそうおう)も甚だしいですよ。」

なモノだとしても、プレゼントされたのであれば、堂々としていて良いのです。

そして。

自宅でラフロイグを呑むにふさわしい男になれるように”努力”すれば良いのであります。

 

【2019年6月29日】

アドバイスをそのまんま聞いてはいけない!

と、感じるコトがありました。

簡単にまとめて言うと・・・。

シゴトにおいて、とある”先輩”が新米の”後輩”にアドバイスをします。

「おめーよぉ、もっとよぉ、〇〇を△△すればさぁ、もっと結果が付いてくるっつーか・・・」

みたいなコトを、文字通り”偉そーに”言います。

真面目な新米の”後輩”はそのアドバイスをまんま受け止めようとします。

でも。

俺には、そのアドバイスは”アドバイス”ではないと思ったのです。

その”先輩”は、”後輩”が結果を出すことを望んでいない。

言うならば。

その”後輩”はただ、偉そーにするための”対象”でしかない。

そんな風に思ったのです。

近いうちに。

その”後輩”は確かな結果を出すでしょう。

謙虚に、コツコツと努力しているからです。

ひっそりと情熱を煮えたぎらせているからです。

近い将来。

先輩はこっそりと嫉妬に苦しみ、また新たな”後輩”を見つけようとすることでしょう。

そして俺は今日も「Don’t Change Your Mind」を歌い、

「行け!信じた道を!」

と、自らを鼓舞するのでした。

 

【2019年6月28日】

■アーリータイムズ

久しぶりにバーボンをゲットしました。

バーボンは俺にとって、青春です。

■お酒を覚えた話

高校生の頃。

雑誌のメンボ(バンドのメンバー募集)で知り合った仲間と一緒にハードロックカフェに行きました。

その日は、『ギタリストで有名な、あのイングウェイマルムスティーンが来る!』ということで、多くのメタラー&早弾きキッズが集まっていました。

俺はイングウェイに詳しくなく、メタラーでもなく、早弾きもしないギタリストでしたが、まーせっかくなので、ということで一緒に行ったのです。

そこに集っていた奴らの中に、私立の高校に通うパッパラパー2人がいました。

「なんやお前、ギタリストけ!」

「どのくらい弾けるんじゃい!」

「どこの高校じゃ?なめてんのか?」

と喧嘩を売られました。

売られた喧嘩は・・・ということで、後日スタジオに入り、すみずみまでボコボコにやっつけるのですが。(もちろんギタープレイで。)

そのヘタレなお金持ちヤンキーのバンドキッズと仲良くなり、そいつの自宅を溜まり場に、学校をサボり、タバコを大量に吸い、音楽を大量に聞き、ギターを長時間弾き倒すのでした。

もちろんお酒もがぶ飲みです。

ありとあらゆるジン、ウォッカ、そしてウイスキーを所有していたそいつのコレクションを、左から順番に、勝手に、徹底的に飲み散らかして、多くのお酒を覚えた俺です。

アーリータイムズを飲むと、ただただ純粋に音楽やギター、ドラム、ベース、歌が好きだった頃の自分を思い出すのでした。

音楽もお酒も、「自分が好きなものが好き」ってことでいいのです。

他人のレビューやトレンドなんて、どーでもいいのです。

 

【2019年6月27日】

■時間をかける

先日。

貝印のコーヒーミルをいただきました。

コーヒー豆をゴリゴリくだいて淹れるコーヒーは香り豊かで美味です。

めんどくさい・・・っちゃーめんどくさいけど、こうして時間をかけてコーヒー淹れるということ自体が素敵なことだと思います。

指先一つで自動的に美味しいラテやエスプレッソが完成するってのもスゴイし便利やけど・・・。

便利さがもたらす弊害って、少なくないような気がしますね。

時代はモーレツな早さで変化していくけど、自分の価値観や美意識、ライフスタイルを見失わないように、ゆっくりとコーヒーを淹れて、ゆっくりと時間を過ごしたいと思うのでした。

 

【2019年6月26日】

ディカプリオ様主演の映画『ブラッドダイヤモンド』を観ました。

考えさせられたわー。

 

【2019年6月25日】

マーティンスコセッシとディカプリオの映画が観たいなあ・・・

ということで。

アマゾンプライムで映画『シャッターアイランド』を観ました。


一人の映画監督の、すべての作品を観るってのも悪くない。

スコセッシ作品を全部観てみたい!

 

【2019年6月24日】

■ノートとボールペンの替え芯

ゴリゴリの手書き派なので、ノートと筆記具のリフィルはまとめ買いです。

無印良品のA5ノートは今まで何冊使ってきたか・・・。

万年筆でも裏移りしないし、何より安い!

「ヌメヌメの書き心地!」

ではないけど、”1冊40円”はかなり助かる価格です。

 

【2019年6月23日】

■レッドカレー

じめっとして蒸し暑い昼に、ホットでスパイシーなレッドカレーを、後悔するまで食べ続けます。

 

【2019年6月22日】

【亀田興毅 vs 那須川天心】の試合が観たすぎて、AbemaTVのアプリをインストールしてやったぜ。

楽しみやなー。

この試合だけ、観させていただいて、アンインストールですね。

悪質やし、品がない。

”ショー的要素”や”ゼニ優先”な感じに嫌悪する。

 

【2019年6月21日】

去年の来日に行きそびれて「残念極まりない!」と落ち込んだことがありますが、最近は『PJ MORTON(PJモートン)』様の音楽をよく聴いています。

PJ MORTON(PJモートン)は、マルーン5のキーボーディストでもあり、シンガーソングライターでもあり。

ほんで。

PJ MORTONを聴き倒したあと、Stevie Wonder(スティービーワンダー)師匠の音楽を聴いて、

「やっぱり、この人やなー。」

と、再確認。

さー。

曲を作ろう。

 

【2019年6月20日】

近所のスーパーは、いよいよ『レジ袋無料配布禁止』となってました。

個人的に、俺にはなんの影響もありません。

地球に良い影響を与えることができるのなら、なお素晴らしいことだと思います。

レジ袋を使わず、お気に入りの”エコバッグ”で買い物をすれば、いつもの買い物も楽しくなるはす。

俺はできる限り、”使い捨て”を減らしたいと思っています。

 

【2019年6月19日】

なぜか。

ふと。

なんとなく。

お気に入りの写真(データ)を現像(プリントアウト)して、フォトフレーム(写真立て)に入れて、棚に置きました。

めっちゃえー感じやーん、と一人で大満足

感動は、ちょっとしたことで得られるものです。

もしも条件があるとすれば、俺にとっては”アナログ感”がその1つだと思います。

 

【2019年6月18日】

休日!

雨が降ったら紫陽花(あじさい)を見に行こう。

と思ってましたが、さわやかえー天気。

風通しの良い街のカフェで、ノートにたくさん書きました。

今思っていることとか。

やりたいこととか。

やらなきゃヤバいこととか。

過去の反省や未来への希望とか。

ノート一冊分、書いて書いて書きまくりました。

おっさんがゴルフの打ちっ放しに行くように、

おばはんが銀座のサテンでしゃべり散らかすように、

俺はノートに書きまくってすっきりするのでした。

 

【2019年6月17日】

絶賛愛用しまくっている腕時計、IWC(アイ・ダブリュー・シー)から新作パイロットウォッチが発表されました!

というニュースを知りました。

https://www.iwc.com/ja/home.html

腕時計好きの俺としては、とても興味深いニュースです。

俺が好きなファッションは、

『いつも同じ服装だけど、ネクタイと靴、そして腕時計はいつも違う』

です。

ネクタイはあまりしませんが、その代わりとしてスカーフやバンダナを巻いています。

靴は革靴(ワークブーツ)をたくさん持っています。

腕時計はやっぱり革ベルトが好きですが、夏に革ベルトの時計をすると、ベルトが急激に痛みます。

なので。

ローテーションできるように、あと20本くらい腕時計が欲しいです。

がんばりまーす。

 

【2019年6月16日】

■東京駅

夕方。

東京駅にいました。

でっかい暮石みたいなビルは好きではないですが、東京駅の佇まいはロマンを感じます。

俺は24歳で上京し、ギターケースをテーブル代わりに暮らしていました。

こんなにも長く、東京で暮らすなんて想像していませんでした。

住めば都。楽しい街です。

が。

いつかまた新しい街で暮らしたいと思っています。

 

【2019年6月15日】

昨夜、ライブ後に帰宅して、玄関で寝かましてしまいました。

翌朝、目を覚まして、シャワーを浴びて。

ぼーっとする頭を揺らしながら散歩をしました。

冷たい雨が降っていて、紫陽花だけが喜んでおりました。

そう言えば昨日。

一緒にプレイしたギタリストの健司くんが、

「お前の手、老けたなー。」

と、言いました。

手の老いは隠せないものです。

もちろん、隠しません。

手の老いは人生そのもの。

俺の父も言いました。

「お前は手に苦労が出てるな。」

すっきり細くて白くて綺麗な手をしたおっさんの人生はきっと、しょーもないもんやで。

 

【2019年6月14日】

毎月第2金曜日は新宿SACT!でソロライブ。

今回はギタリスト池田健司と一緒にヤりました。

とても久しぶりのセッションで、楽しかったです。

プレイスタイルやアプローチは、どちらかというと俺とは真逆の健司くん。

そこがまた、おもしろかったりもするのです。

1枚くらい写真を撮ればよかったなあ・・・。

ライブ後は楽しく飲んで、飲んで、飲んで。

のはずだったのですが、途中でモーレツにしんどくなって、帰宅後は恒例の”玄関で爆睡”をカマしてしまいました。

 

【2019年6月13日】

自宅でお酒を飲む時、近頃は『ウイスキー+炭酸水』が定番。

ですが。

今日は炭酸水だけを飲みました。

昨日も、です。

炭酸水は何かと健康に良いそうです。

ヘロヘロに疲れた体によく沁みます。

 

【2019年6月12日】

■卍(まんじ)/谷崎潤一郎

マジで好きな作家、世界のTanizaki先生の『卍(まんじ)』をマジで読みました。

マジ、変態。

世界のTanizaki先生は、執筆には毛筆を使用していたそうです。

マジ、文豪。

『卍(まんじ)』は映画化もされているそうで。

 

【2019年6月11日】

ここ最近制作した楽曲と、過去の楽曲との”違い”が顕著になってきました。

昔と今と、そもそもの『音楽の好み』が明らかに違ってきた、ということだと思います。

新しい作品・・・。

仕上げたいなー!!!

 

【2019年6月10日】

冷たい雨と強い風にさらされながら、健康管理氏の話を聞きました。

聞いた内容をざっくりと、かつ極端に振り返ります。

まず。

①.50代を過ぎると、脳みそor心臓のビョーキで死にます。
死にたくないなら、肥満に気をつけろ!とのこと。

ウエストは男性なら85センチ以内、女性なら90センチ以内にしなさい、と。

俺、余裕でクリア。

②.喰い過ぎ。喰うな!
肥満なやつは、そもそも喰い過ぎている。

お米の量はこぶし1つ分。

おかずの量は手のひら1つ分。

しっかり運動してカロリーを消費しろ。

死にたくなかったらな!

・・・、みたいなお話でした。

と、いうことで。

歩きましょう。

心身ともに効くと思います。

細かいことは気にせず、食べたいものを好きなだけ食べよう。

そして、その分歩けばいい。

2時間でも3時間でも歩こうぜ。

落ち込んだり、悩んだりした時も歩く。

歩いている間、何も考えない瞬間を積み重ねることで、落ち込んだ気分が元どおりに復活することでしょう。

歩くことで得られるメリットは計り知れないぜ。

 

【2019年6月9日】

クラウディな日曜日。

六本木→西麻布→恵比寿をぐるっと散歩しました。

たくさんのお金持ちがすれ違い、たくさんの高級車が往き交う街です。

俺は腕時計が大好きです。

街を歩くおっさんどもの、ジャケットの隙間からチラっと見える腕時計にいちいち反応できます。

「ん?もしかしてアレは、〇〇の△△かしら??」

と。

圧倒的に多いのが、ロレックスです。

圧倒的に多い。

そして、俺は野村克也さんのようにつぶやきます。

「きっと、どーせ、腕時計について、ロレックスやオメガくらいしか知らないんでしょ??」

で。

たまたま。

路地沿いに時計ショップがあったので入りました。

ロレックスをケース越しに眺め、

「んー。俺やったら”日付表示なし”やなー。文字盤はアイボリーが好きかなー。ベルトはやっぱり・・・」

と、再び野村克也さんのようにつぶやいたのでした。

 

【2019年6月8日】

去年。

パリを旅しました。

パリで暮らす若者の多くは、裕福ではないそうです。

ボロボロのアパートでも、家賃はとても高いのだと。

おまけに安い給料で働いているので、若者の多くは贅沢できないんだよ、と。

でも。

彼らの多くは、ある意味”豊かな生活”をしています。

地下鉄に乗っている時。

高級ブランドの高価な洋服やバッグで着飾っているわけではないけど、とてもおしゃれな装いで電車に乗っている女の子を見かけました。

持ち前のセンスとアイデアがまさに炸裂してます!みたいな感じの、かわいい&きれいなパリジェンヌでした。

片手でボロボロの本を読みながら、もう片手には小さなブーケを持っていました。

狭くてボロいアパートに、そのお花を飾るのでしょうか。

きっと部屋もおしゃれなんやろなー。

なーんてことを、自宅近くの花屋さんの前を通り過ぎた時に思い出しました。

「花、買うか。」

Uターンして、店頭にあった500yenのブーケを買い、部屋に飾ってみました。

花屋のおねーちゃんが、一輪サービスしてくれたので嬉しい気分になりました。

部屋にその花を飾りました。

きれいだな、と感じました。

こーゆーことができる、そしてこんな気分になれるおっさんでよかったな。

と、久しぶりに自分を褒めました。

 

【2019年6月7日】

紛失したことにも気づいていなかった。

そんなモノが、ふと眼前に現れる。。。

ということがありました。

「おおおー!こんなところにあったのか!!!」

と、嬉しい気分にもなり、申し訳ないという気分にもなり。

他にもきっと、忘れられたまま、置き去りにされているものがあるかもしれないな。

モノはもちろん、心の中にある言葉やメロディとか。

大切にすべき人や思い出とか。

あの頃の夢、とか。

 

【2019年6月6日】

久々に大、大、大爆音でギターを弾きました。

ギターアンプのボリュームはマックスにして、お気に入りの音楽を爆音で流し、ソレに合わせてギターを弾き倒す。

たまにコーラスしてみたり。

ギターを交換してみたり。

この感じは・・・。

料理好きが、食材を買い込んで食べたいメニューを作りながらキッチンで食べまくるのと同じ。

おしゃれ好きが、好きな洋服に何度も着替えながら撮影したりファッションショーごっこをするのと同じ。

読書好きが、本棚に置いてある本をごっそり取って机の上に並べて乱読するのと同じ。

単車好きが、あてもなく風のように走るのと同じ。

こんなこと、毎日やってたいけど、毎日やるのは逆にもったいないのです。

”とっておき”は、たまーに。

たまーに、がいいのでしょう。

そーゆー意味では、日々のストレスは必要不可欠とも言えます。

 

【2019年6月5日】

おっさんらしく、腰痛&肩こりが気になっているので。

今日は筋トレ&ヨガをしました。

整体院や湿布には頼らずに、筋トレ&ヨガで改善させるで。

これ、継続したいなー。

バシッと引き締めていくどー。

 

【2019年6月4日】

長らく歯医者サンに通っておりました。

お色気センセーにそそのかされながら、保険内での治療を終えることができました。

「最低、月に1度はクリーニングに来てくださいね🎵」

と。

月に1回、歯医者サンにチェックしてもらうってのは、大切なことかもしれないな。

でも。

俺はインプラントにする気はないでー。

 

【2019年6月3日】

板橋区にある”志村三丁目”、という駅近くの飲み屋で行われる、ちょっとしたパーリーに参加しました。

久しぶりに電車に乗り、乗り換えを含めて約1時間の”旅”でした。

俺の好きな『電車の乗り方』があります。

それは。

自宅から最寄駅にあるボロボロの古本屋で、『1冊10円』『5冊100円』という価格で売られている文庫本をゲットして、電車に揺られて読むことです。

今回の作品は個人的に”ハズレ”。

帰宅前にサヨナラしました。

 

【2019年6月2日】

ワイドショーは見ない俺ですが。

ワイドショーと同じくらい、インターネットに散見しているニュースやSNSという”世界”を見ることが嫌になっています。

見ようとしていないのに、聞こうとしていないのに、知りたいと思っていないのに、しょーもない情報というヤツは入ってきます。

「だったらネットやSNSを見なきゃいーじゃん・・・。」

って、言うじゃなーい。

でも。

出来るだけ見ないようにしていても、しょーもない情報は勝手に入ってくるのです。

毎日どこかで、残忍な事件が発生します。

そして毎日どこかで、とても深刻な問題が発生します。

そういった事件や問題に対して無関心でいることは、きっと間違っているでしょう。

世界の紛争や貧困、景気回復や少子化は由々しき問題なので、解決のためにみんなが考えるべきなのでしょう。

でもでも。

それよりも今、俺にとっては。

「あー。仕事でミスってしまったー・・・。」

って悩んでる仲間の愚痴を聞き、励ますことの方が大切です。

「あー。お腹空いたー!」

って叫んで帰ってくるガキどもと、会話をしながらご飯を作って食べる時間のほうが大切です。

「さあ。明日に備えて今日もゆっくり寝るどー。」

と、穏やかな気持ちでベッドに潜り込むことのほうが大切です。

 

【2019年6月1日】

MADONNA(マドンナ)の新作『Madame X (Deluxe)』が先行リリースされている!

ので、聴いてます。

この女王はいつだって、プロです。

マドンナ&マルーマの「Medellín」を聴けば、ますます気分は旅モード。

 

【2019年5月31日】

「早いねー!もう、5月も終わりやねー。」

という会話が全国各地で行われたであろう本日。

俺は図書館で借りた『三国志』を静かに読みました。

10代の頃、吉川英治の『三国志』を読んだことがあります。

が。

もうすでに、すっかり記憶から消えております。

また再び、吉川英治の『三国志』を読もうか・・・と思ったのですが、

「サラッと気軽に読めて、全体像が把握できるような三国志がいい。」

ということで。

小前亮氏による『三国志』を読むことにしました。

どちらかというと”子供向け三国志”だと思うのですが、今の俺にはちょうどいい!

とてもわかりやすいし、漢字にカナつけてくれてるし・・。

小前亮氏による『三国志』を読み終えたら、今度はあの!北方謙三氏によるハードボイルドな『三国志』を読もうと思っています。

『三国志』を読むと、いつも思うこと。

エゴだらけの武将の中で、

「一体、誰が勝者なのか??」

です。

 

【2019年5月30日】

「君は少子高齢化をどう考えるかね。」

と、とある経営者の方に質問されました。

「恐ろしい現実が、確実にやってくると思っています。」

と、答えました。

「8050問題を知っているかね?」

と質問され、

「知りません。」

と、答えました。

「80歳のお母さんが、50歳の子供の飯を作っているのだよ。」

おー。それが8050問題!

ずーっと引きこもりを続けている若者も、その親も、歳をとる!ということですね。

メディアやマスコミは、または影響力を持つ人や企業は、

もっとこの、

「少子高齢化や8050問題などなどに伴い、恐ろしい現実が確実にやってくるよ!」

というコトを、世に発信し続けたほうがいいのではないかしらね。

働き方改革なんてやってる場合じゃないし、アホな政治家に骨抜きにされている場合ではない。

しょーもないタレントのコメントや、しょーもないスキャンダルなどはいよいよどうでもいい。

スマホをガン見しながら、うつむいて歩いている場合ではない。

現在41歳の俺も、そう遠くないうちに高齢者の仲間入り。

ずっと健康である、ということが前提ですが、

個人的には、

「ジジイになっても続けられる『アナログな仕事』」

を持っていたいと思っています。

貯金や年金はあるに越したことはないけど、それに頼らず、死ぬまでギラギラと現役で働き続けたるどー!

 

【2019年5月29日】

日焼け・・

朝。

起きて、腕を見て、一瞬で目が覚めました。

「な、な、ナニゴトだ??」

あ。

先日、公園で缶ビールした時に日焼けしたからだ!

今度は全裸で缶ビールしよう。

 

【2019年5月28日】

どっしゃぶりの雨、そして突風に見舞われました。

雨は好きではないけど、”好きな場合”があります。

休日で、外出の予定がなくて、読みたい本があり、観たい映画があり、聴きたい音楽があり、弾きたい曲があり・・・。

そんな時の雨なら、大歓迎です。

さあ。

どこか旅に出よう。

 

【2019年5月27日】

どこぞの国賓が調子に乗っているようで。

気分よく都内を走っていたら、急におまわりが出てきて道が封鎖されました。

昨日もそんなコトがあったで・・・。

俺が国賓となる時には、できるだけ迷惑のかからない行動をするように心がけようと思います。

 

【2019年5月26日】

真夏・・・

暑すぎ。

早すぎるわー。

カラッとした5月をもう少し楽しみたいものです。

暑かろうが蒸し返そうが、熱々のパスタは熱々のまま、たいらげます。

 

【2019年5月25日】

公園とコーヒー

歩いて1分の公園でコーヒーしました。

暑いし、蚊も飛んでるけど、太陽の光を浴びながらぼーっとするのが大好きです。

 

【2019年5月24日】

今朝から、モーレツなアレルギー性鼻炎。

たまにやってくるんです、この感じ。

この時期は『イネ科』、なんでしょーか。

あー。

まいったぜ。

 

【2019年5月23日】

鼎泰豐(ディンタイフォン)

いつも行列なお店、鼎泰豐(ディンタイフォン)。

めずらしく空いていた、ので。

担々麺と小籠包をグビっとヤりました。

 

【2019年5月22日】

朝。

仲間と駒沢公園の階段で缶ビールしました。

朝、ってのがサイコー。

ガチンコに日焼けしました。

ひりひり。

ひりひり。

 

【2019年5月21日】

フォー

麺は麺でも、ベトナムの平たい米麺は、蒸し暑い時期に最適です。

ナンプラーをかけまくって、一気に食べきります。

レイザーラモンHGとは関係がない、ということは言うまでもありません。

 

【2019年5月20日】

アマゾンプライムで、映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』を観ました。

何度も観たことがあるこの映画。

とても好きです。

明るく楽しく、幸せを謳歌する雰囲気がたまりません。

料理を作るモチベーションがアップして一石二鳥な感じ。

甘くないし、簡単じゃないことはわかるけど、『自分のお店を持つ』ってことに憧れがあります。

 

【2019年5月19日】

保存食・・・??

結婚をするか、しないか・・・。

に悩むキッズは言いました。

「仕事が落ち着いて、収入が安定したら結婚しようかな。」

そして、

「ちゃんと保険にも入ろうと思うのです。」

と。

素直で真面目な、良い子です。

「ヨシダさんって、将来のビジョンはあるのですか?」

と聞かれ、

「せやなあ。あるかなあ。」

と、適当に返事して、バイバイしました。

そもそも。

仕事が落ち着くって・・・??

収入が安定しても、その”安定”はずっと”安定”なの?

保険も大切かも知れへんけど・・・。。。

保険とはちょっと違うけど、

「災害時の備えはしておくべきでは・・・??」

とは思っています。

なーんてコトを考えながら、近所のマイバスケットに立ち寄り、今夜のハイボールのための炭酸水を買おうとして。

長期間常温で保管できるカレーを目にし、ついでに購入したった、というワケです。

で。

このカレー。

明日のお昼に食べるのでしょう。

 

【2019年5月18日】

最近、ほんとよくあることなのですが。

女性と一緒にいる男性に、カラまれました。

その男性は、

  1. 色白で、
  2. メガネで、
  3. 汚れたジャケットを着ていて、
  4. 時々広島弁で、
  5. 日本風Fワード連発で、
  6. ほぼ泥酔。

俺の胸元を掴むわけでも、殴りかかってくるわけでもなく。

「ねー、まじ、俺、コイツ、ヤっちまいそーなんだけど。」

と、何度も女性に言いながら、俺の前で足踏みしながらモジモジするのです。

一緒にいた女性になだめられながら、2人は去っていきました。

いつものようにパリの路地裏にある教会へ行き、キャンドルに火を灯して、ひざまずいて祈るのでした。

「ゆるしたまえ。彼は何も知らないのです。」

 

【2019年5月17日】

■タコライス

いわゆる、こういった「がっついて食べる丼のようなもの」が無性に食べたくなりまして。

昼食にがっつきました。

食べたら食べたで、旅に出たくなりました。

 

【2019年5月16日】

歯医者に通っています。

虫歯、はないけど。

まー色々と治療が必要でして。

で。

まー、俺の歯たちには、ざっくり2つの”問題”がありまして。

その問題解決方法として。

1つは、

「インプラントにしませんか?」

そして、もう1つは、

「歯茎の奥にある親知らず、抜きませんか?」

歯は大事やからねー。

 

【2019年5月15日】

平成生まれのボーイズと話をしました。

素直でいい子達でした。

おっさんっぽいことを感じました。

よく感じることなのですが。。。

その平成生まれのボーイズたちの何がだらしないって、口元です。

口元がだらしない。

口が半開き、なのです。

髪型や服装がだらしなくても、口元がキリッとしてたら、そこまでアホには見えないと思うのです。

目と口は心の鏡であり、窓であり、扉です。

話し方もだらしないけど、まーそう感じるのは俺がおっさんである証でしょうか。

語尾、上げすぎやから。

「おれー、きのうー、でんしゃー、乗ってたのー、そしたらー、なんかー、変なガイジンがー、英語でー、なんかー、俺に話かけてきてー、でー、なんかー・・・」

ほんで。

お互いに自分のコトばかりを話したがる。

自分がいかに”えー男”なのか。

どれくらい”デキる男”なのか。

を、我先に!と話したがるのです。

やれやれ。。。

俺もボーイズ時代、おっさんどもにこんな風に思われてたんやろーなー・・・。

と、思っていると。

ソコに、茨城出身(であろう)昭和生まれなおっさん2人が乱入してきて、

自分がいかに”えー男”なのか。

どれくらい”デキる男”なのか。

そして、一般女性に対する想いなどなども含め、平成生まれのボーイズたちに話をします。

昭和だ平成だ、そして令和だ・・・は、関係ない。

生まれた時代は関係ないで。

ま、何にしても。

口元と、口から出る言葉には気をつけていきたいと思うのでした。

 

【2019年5月14日】

天気の悪い平日の六本木で。

上半身ゲロだらけの女の子とすれ違いました。

「情けない!みっともない!」

と、少し思いつつ。

「大丈夫かい?ドンキで服、買いに行くかい?」

って声をかけてあげたくもなるけど。

それでもやっぱり、無関心な顔をしてすれ違うのです。

明日の糧となるような酒を楽しみ、ひと様にご迷惑をかけるような飲み方は慎みたいものです。

 

【2019年5月13日】

レモンケーキ

いただいたレモンをケーキに変身させました。

丸善の棚に置こう。

 

【2019年5月12日】

瀬戸内レモン

仲良くしているご近所さんから美味しい『レモン』をいただきました。

レモン、大好きです。

料理にもお酒にも使えるレモンですが、やはり一番好きなのは・・・。

搾りたての”原液”を飲んで、

「すっぱいわー!!」

と言うことです。

レモンは檸檬。

檸檬と言えば、梶井基次郎の『檸檬』。

丸善の棚にレモンを置いて、はぁはぁするお話。

なかなかのヘンタイ感を味わえるので好きです。

 

【2019年5月11日】

過去最大級の腰痛が到来!

心当たりがありすぎるので、今日はゆっくり休養しよう・・・。

と。

患部をポカポカに温めたりしつつ、サブスクをディグって最新音楽たちを聴いていました。

ジョナスブラザーズ、ルックスもサウンドもとってもクールやわー。

他にもたくさん、えー感じのナウい音楽を堪能。

しばらくすると、生楽器で演奏された楽曲が聞きたくなりました。

そして。

自分で生楽器を演奏しはじめました。

生楽器の生演奏を、アンプラグドで聴きたくなった時、

「ギターが弾けてよかったー!」

って、思います。

俺はプレイヤーでありコンポーザーやけど、何よりもリスナーなんです。

 

【2019年5月10日】

■ソロライブ@新宿SACT!

令和初のソロライブ!

みんな集まってくれて、とても嬉しい夜でした。

 

■オリジナルTシャツ

俺のライブでは、俺のTシャツを着るで!!

このサイコーにイカしているTシャツ、みんなも着たらいいのに!!

シンガーのNene(Niwatazumi)さんが遊びに来てくれました。

仕事終わりにかけつけてくれたYOU&YOU。

心から感謝しています。

いつもありがとう!!

 

【2019年5月9日】

ちょっとした出来事があり、俺はソレに心を痛めました。

でも、そのおかげで大切なコトを再確認することができました。

誰だって、それなりに、それなりの人生を歩んでいる。

良かれと思って歩んだり、悪しかれと思って歩んだり。

正しいこともあれば、正しくないこともあるでしょう。

それはそれで、ある意味、尊いことのはず。

ひっくるめて、人生です。

人生とは腐っても尊いものであって欲しい。

どんなクズの命でさえ、尊いはずです。

誰にだって、今までもいろんなコトがあり、これからもまだまだいろんなコトがあるでしょう。

そんな人生の途中、世間や他人を卑下することで自分が肯定されることはない。

偽善なんかじゃない、と信じながら、俺は愛を基準に生き、愛とともに生涯を終えたい。

赦(ゆる)してこそ、赦される。

裁くのは神です。

 

【2019年5月8日】

■サントリーの白角!!

我が家のウイスキーがなくなりました。

今夜は(も?)ウイスキーが飲みたい。

ということで。

近所のスーパーのお酒売り場へ。

何にしよーかなー、、、と悩む時、”基本”に立ち返ることは有益です。

国産ウイスキーの”基本”を語る上で鳥井さんとサントリーは欠かせません。

サントリーのウイスキーといえば・・・??

色々ありますが。

実際、飲んだことがない『白角』に手を出しました。

先日、読了したやってみなはれ みとくんなはれ (新潮文庫)がとてもおもしろかったからサントリーのウイスキーが飲みたくなった、というのも理由の1つです。

飲んだことがないのなら、

「飲んでみなはれ」

ですよね。

 

【2019年5月7日】

■映画『ボビー・フィッシャーを探して』

アマゾンプライムで、映画『ボビー・フィッシャーを探して』を観ました。

とても興味深い映画でした。

そして。

近頃聞いた、「ん・・・??」と思うような内容のハナシに対する答えのようなものを得た、ような感じがしました。

 

■音楽をやめる・・・とは。

先日。

吉祥寺音楽祭に出演しました。

俺が出演したのは2006年。

当時、一緒に出演したミュージシャンたちやバンドたちの多くが、

『音楽をやめた』

のだとか。

いろんな理由や事情があり、『音楽をやめた』のだと。

やめざるを得なかった・・・という場合もあるかもしれない。

気持ちは、わかる。

あんなに好きだった音楽なのに、やめちゃうのは残念です。

でも将来的に、

「あの時、やめておいてよかった・・・」

って思う場合もあるか。

その逆、もあるかもね。

「やめなきゃよかった・・・」

って。

俺も、事実上『音楽をやめた』ことがあります。

今、振り返れば、その理由は2つ。

1つは、音楽に”期待”していたけど、”裏切られた気分”になったから。

努力が報われなかったり、単純に”お金”の問題だったり。

もう1つは、音楽から”もらおう”としてばかりで、音楽に対して”与える”というコトをしなかったから。

『音楽に期待する』、というのは、

『他人からの高評価を欲しがる』

ということ。

『音楽から”もらおう”とする』、というのは、

『音楽によって、自分が良い状態に変えられることを望む』

ということ。

小学生の頃の唯一の”心の逃げ場”であり、唯一の”没頭できる対象”だった音楽。

何十年とかけて色々と寄り道をして、結局、元の”心の逃げ場”に戻り、あの頃と同じように”没頭できる対象”に戻りました。

なので。

『音楽をやめる』

というフレーズは、俺にとっては、もはや文法上間違っているのです。

 

■好きなことは好きなままで

映画『ボビー・フィッシャーを探して』を観て、

「好きなことは好きなままがいい!」

と思いました。

例えば。

音楽活動をするからには、何かしらの結果が必要だ!

売れなきゃ!もっと売り込まなきゃ。オーデイションの数を増やさなきゃ!有名にならなきゃ!たくさん動員数を増やして、たくさん制作もして・・・!!

と、頑張ることが必要だ!!

と、感じる人は、ソレを頑張ればいい。

でも。

ミュージシャンのすべてが、そのような頑張り方をする必要はないのです。

さ。

今夜は自分の心の奥深くに潜り込んで、勝手に滲んでくるであろう言葉とメロディを紡いで遊ぼうと思います。

 

【2019年5月6日】

■吉祥寺音楽祭

とっても久しぶりに、吉祥寺音楽祭に出演しました。

2006年に賞をもらって、2009年にも一度出演している、そうです。

今日は今日で、たくさんの人が集まってくれて、少し風は強かったけど、気持ちよくのびのびと音楽を楽しむことができました。

ありがとねーみんな!!

 

【2019年5月5日】

さわやかな昼下がり。

近所の公園のベンチで、小説を読みました。

久しぶりのゆったり時間。

本とベンチとコーヒーがあれば、俺はすぐに癒されます。

温泉とビールがあれば、完璧に仕上がります。

明日は吉祥寺音楽祭。

吉祥寺駅北口のステージで歌います。

タイムスケジュールを確認したら、13時から!

一発目の出演!

ということで。

さわやかに調子に乗りたいと思っています。

 

【2019年5月4日】

■黒毛和牛のステーキフリット

近所の人気イタリアンバルで、超ごちそうをたっぷりごちそうしていただきました。

自然派ワインを飲みながら、絶品を楽しみました。

あーおいしいねー。

という時間は、やっぱり幸せです。

喰う・寝る・遊ぶ、ってとっても大事やー。

 

【2019年5月3日】

日本で人気の経営学者、ピーター・F・ドラッカーの本を読みまくった時代がありました。

彼が残した有名なフレーズの1つに

『もっとも重要な、1つのことに集中しなさい』

というものがあります。

何かをやろう、または何かをモノにしようとする時、その1つのみに集中するべきである、と。

英会話の勉強しながらダイエットしながら、禁煙する・・のは非効率である、ということでしょうか。

俺はおおむね、この意見に賛成です。

そもそも。

器用に見られがちな俺ですが、あれもこれも要領よく、ソツなくこなすことなんてできません。

2019年のアタマから、俺なりに『もっとも重要な、1つのこと』に集中してきました。

それは、

『音楽制作以外のシゴトでの目処をつける☆』

です。

音楽を作らなくても、ミュージシャンとして生計を立てなくても、とりあえず暮らせるスキルを身につける・・・と、いいますか。

『稼ぐ!!!!』

という意味ではまだまだ努力が必要ですが、その努力を継続させることができれば、ゆるやかながらも右肩上がりを見込めるだろう。。。

・・・と、判断し。

本日。

部屋の端っこに積み上げてあった音楽制作機材などを封印しました。

『椅子に座って電源を入れれば、すぐに音楽制作に集中できる環境』、を復活させました。

あー。

理由なんてないわ。

音楽を作って生きていくぞ!

なんて、これっぽっちも思わない。

ただ。

音楽を作ってないと、俺は死ぬ。

それだけです。

あー。

久しぶりやな、俺の中でジメジメと隠れていた音楽たちよ!

元気か??



【2019年5月2日】

愛用しているチャリンコから異音が・・・。

ペダルを踏み込むと、コキコキと音がする。

購入した自転車店に持ち込んで、修理してもらいました。

店員さんに、

「短期間で相当な距離を乗られているのがわかりました。」

と、声をかけられました。

タイヤやブレーキシューの消耗や、チェーンなどを見て、そう思われたのでしょう。

そうなんです。

俺は”道具”という相棒を極端に使い倒す生き方が好きなのです。

徹底的に使い倒す。

自分に与えられた使命や才能も、徹底的に使い倒したいものです。

 

【2019年5月1日】

恥の多い31年間を送ってきました・・・。

(GWのおともにこちらをどうぞ)

いろんなことが思い出されますが、同じくいろんなことを忘れてきたはずです。

忘れてしまうスピードが、日に日に増していてぞっとします。

先のことはわからないし、後のことは忘れてしまう。

が。

感謝なことは忘れず、今に感謝して、今を生きる。

この積み重ねが過去に刻まれ、素敵な未来へ導かれていくのなら、なおさら『今』を大切にすべきです。

 

【2019年4月30日】

ギターという楽器に限らず、定期的なメンテナンスは多少必要です。

ギターなどの木製楽器は、やはり曲がったり反ったりします。

消耗するパーツを交換する必要も、あります。

そういったメンテナンスというモノを、ものすごく精密に行ってくれるマシンがある!!

という話を聞きました。

ドイツ製のPLEK(プレック)というマシンを使ってギターのメンテナンスをすれば、1/1000ミリ単位での修正や修理、メンテナンスが可能なのだとか。

すごいなー、と思ったけど。

ちょっと寂しいなー、という気分にもなりました。

マシンなんかに負けるなよ、職人さんたち!!

とも、思いました。

もちろん、ネックが曲がっていたりパーツが消耗していることでサウンドに悪影響を及ぼしている!とか、

早くリペアしないと、ギターの寿命に関わるような症状の場合はメンテナンスが必要でしょうが、

何も1/1000ミリ単位で完璧を求めているわけではありません。

やっぱり職人さんに触ってもらって、見てもらって、その楽器や素材、質感を感じてもらってから、メンテナンスして欲しいですね。

語弊があるかもしれませんが、多少の不具合は個性の1つでもあるわけで。

何より、個人的にはやっぱり、信頼しているリペアマンの『ぬくもりのある勘』、といったようなものを信じたい、と思うのであります。

肩こりや腰痛で悩んでおられる方にとっての、整体師とマッサージ機の違い・・・みたいな感じでしょうか。

ママがにぎるおにぎりと、機械で作るおにぎりでは、味が全然違う!、と信じたい・・・といいますか。

この類いの話、たくさんありますわ。

 

【2019年4月29日】

ガッチガチに”昭和”なおっさんが、

『働き方改革』について語り始めました。

そして、

「君はどう思う?」

と問われました。

俺の答えは。

「政府による働き方改革についてはよく理解できていませんが、俺自身の働き方改革としては、自分の意思でシゴトをし、自分のシゴトは楽しみたい!と思っています。

『あー、今日もシゴトか。嫌だなー。』

って思いながら働くくらいなら、堂々と上手にズル休みをして、徹底的に無駄時間を楽しみます。」

でした。

自分の好きなシゴトで過労死できるなら本望です。

 

【2019年4月28日】

どちらかと言うと、俺は『お肉』より『お魚』で、お魚より『お野菜』・・・な『草食系おっさん』なのですが。

がつんと割引された牛肩ロース(ステーキ用)を近所のスーパーでゲットし、”天才的なレア加減”に焼き上げてガブガブ食べました。

市販のお肉を自宅で焼けば、ステーキ店で食べるよりも1/5くらいリーズナブル。

味付けは塩&こしょう。

焼肉のたれ、柚子胡椒、醤油、ポン酢、粗塩なども用意しました。

個人的なポイントとしては、

『お肉を食べる時、お米は食べない』

です。

 

【2019年4月27日】

久しぶりに、自身の楽曲制作を楽しみました。

ネタはたくさんあります。

未発表曲もたくさんあります。

たくさんあります。

自分が書く歌詞には、自分の未来が描かれていることが多くあるような気がします。

新しい歌は、現実より5、6年先を予言することが少なくありません。

で、今日は今日で。

ここ最近、歌詞の管理はiPadで行っておりましたが、アナログに戻しました。

ここでいうアナログとは、歌詞を紙に手書きorプリントアウトしてファイルする、という長年のスタイル。

新曲の歌詞を変更する時や、新たなコード進行・代理コードなどを思いついた時、瞬時にメモなどを書き込める方がいい。

「iPadに書き込むこともできるやん!」

なんですが。

いずれにしても俺はアナログが好きです。

手紙や日記は手書きでなければならないし、写真は現像しないとだめです。

予定はスマホじゃなく手帳に書き込みたいし、タイムマシンよりも徒歩でゆっくり歩きたいです。

電子タバコはおそらく絶対に所持しないでしょう。

アナログ万歳。

と。

こうして超絶愛用の、もはや必須のMacBook Proにブラインドタッチでブログを綴っております。

 

【2019年4月26日】

近所のスーパーで、おっさんが『万引き』するところを目撃しました。

こんな時代なので、身の安全と今後の生活を守るためにも、万引きした本人と直接の接触は避けたい。

なので、スーパーの店員さんに、

「今、僕の後ろにいる、茶色の帽子と赤いフリースジャケットを着た50代くらいの男性が、万引きしました。」

と伝えました。

すると。

その店員さん。

「はは。あ、そうですか。」

と返事をし、自分の仕事を続けました。

信じられない。

こんな時代だから、なのか?

いやいや。

時代はカンケーないぞ。

 

【2019年4月25日】

むしーっとした東京は夜には雨が降り、連休前に給料をゲットしたアホな大人たちが街中で騒いでおりました。

若い新入社員たちは、先輩に連れて行ってもらった新橋の風俗店での出来事を語り合いながら、

「やっぱ〇〇先輩って、すげーよな!」と興奮しておりました。

飲み会を途中で抜け出したOLさんが、

「もー。早く会いたい!会いたい!」

と電話越しの彼に叫んでおりました。

街を歩けば、たくさんの物語に出会えます。

小説を読むように、映画を観るように、街を歩くと楽しいもんです。

しかし。

街を歩いている多くの人が、長方形の小さな端末を片手にうつむいています。

『幸福論』でおなじみ、アランの名言に、

遠くを見なさい

というものがあります。

俺はこの名言が大好きです。

大海原に沈む真っ赤な夕日を見に行こう。

日頃のうっぷんなど、どーでもよくなるはずだぜ。

そしてきっと、内なる創造力が無限にみなぎってくることでしょう。

 

【2019年4月24日】

sたけのこご飯とハンバーグ

春の風物詩である、たけのこ。

そして大人も子供も、大好きなハンバーグ。

今日もデブまっしぐらです。

ハンバーグのソースにも色々ありますが。

さて。

デミグラス、ですか?

ドミグラス、でしょうか?

それとも・・・??

 

【2019年4月23日】

浅草今半の佃煮

ご飯が止まらなくて、でぶまっしぐらです。

 

【2019年4月22日】

2日間で1時間しか寝ていないので、もちろんモーレツに眠たい。

でも。

寝るのがなんだかもったいない!

という気分で、好きすぎるウイスキーを呑んだら超ハッピーな気分になりました。

ほんとにこのところ、つくづく思うのですが。

普通の、地味な暮らしこそが、ハッピー。

特別な時間なんていらないわ。

 

【2019年4月21日】

いつまでも、あると思うなソロライブ。

というわけで。

2019年6月14日のソロライブ@新宿SACT!は、20年来の悪友ギタリストである池田健司とセッションします。

池田健司とは、俺のバンド時代にツアーで都内を回る時、よく一緒に対バンしてました。

俺が好き勝手にやりたい放題に歌って弾けば、彼も彼で好き勝手にやりたい放題カマしてきますよ。

楽しみです。

2019年は5月を含めてあと8回ソロライブがあります。

俺の大切な音楽仲間と一緒に、俺の音楽を奏でる時間を楽しめたらいいなー、と思っています。

ライブに限らず、俺の大切な”仲間”とのコラボ作品などもリリースしていけたらいいなー、と考えています。

 

【2019年4月20日】

『氣が滞る』

そんな感じがする時があります。

原因はきっと、色々と考えてしまうという、ボクの悪いクセ。

そんな時は。

やっぱり体を動かすに限る!!

というわけで。

ジョギングとダッシュを交互に行うトレーニングに没頭。

陸上部でいうトコロの、インターバルトレーニングってやつです。

血液が波打つ感じがたまりません。

 

【2019年4月19日】

例えば。

挨拶をした相手が、無反応だった場合。

電車で席を譲った相手が、無反応だった場合。

車で走行中、道を譲った時、相手が無反応だった場合。

こちらからのありがとうのメールに返信がない場合。

この、『無反応』だった場合。

なぜ、ムカつくのでしょうか。

俺は相手の反応に期待して、挨拶をしたり道を譲ったりするのでしょうか。

相手の態度や感情に、自分の感情が一喜一憂するのでしょうか。

ちっこいなー、俺は。

相手の反応がどうであれ、俺は挨拶ができるおっさんでいたいし、「お先にどうぞ」ができる余裕あるおっさんでいたい。

自分の価値観は自分で貫きたいものです。

 

【2019年4月18日】

男の『男らしさ』や、男の『強さ』について、熱く語る場に居合わせました。

男らしさ。

俺にとっては、男の”らしさ”なんて必要ないし、そんなもんは他人に決められるものだと思ってますが。

個人的に、男たる男に必要なのは、やせ我慢だと思っています。

個人的に、男の強さたるは、つまり『打たれ強さ』だと思っています。

どれだけ屈辱を浴びても、どれだけ惨めな気分に苛まれても、飄々(ひょうひょう)としていられる男でいたいものだ、と思っています。

そもそも、『男らしさ』をテーマに、男同士が語り合うことは、個人的には”男らしくない”、とも感じています。

男は黙っていたいものだ、と思っています。

 

【2019年4月17日】

映画『リミットレス』を観たことがあります。

脳みそがモーレツに活性化する謎の薬を飲んで、えらいこっちゃになる映画なんですが。

映画のハナシではなく、『脳を活性化させる』に興味がある今日この頃。

脳みそは凄い能力を持っているけど、日常人間が使っている脳みそはものすごく少ないのだと。

自分の脳みその可能性をアップさせたい!

その方法を調べてみると。

  1. 寝ろ
  2. 食え
  3. 運動しろ
  4. 音楽聞け
  5. 瞑想しろ
  6. 会話しろ

などなど。などなど。

すぐできそうです。

 

【2019年4月16日】

■ノートルダムが・・・

2016年と2018年に訪れた、フランスはパリのノートルダム寺院が火災・・・。

形あるものはみな、壊れるけど。

残念やなー。

2016年と2018年に訪れたノートルダム。

とても美しくて、とても好きでした。

自分がクリスチャン、ってのもあるかもしれないけど、とても神聖な雰囲気を感じてました。

パリ市民の多くがショックを受けているやろうな。

その傷が早くいやされますように。

 

【2019年4月15日】

やってみなはれ みとくんなはれ

昨夜のライブ@高架五拾七を終え、東京へ向かう車内にて。

やってみなはれ みとくんなはれ (新潮文庫)」、を読みました。

サントリーの社員として宣伝に貢献し、かつ作家として活躍した山口瞳サン(直木賞作家)と開高健サン(芥川賞作家)。

俺は昭和のオラオラなおっさんが大好きなので、とても楽しく読ませていただきました。

オラオラでいこーぜ。

オラオラで。

 

【2019年4月14日】

■ソングセッションVOL.5@高架五拾七

TOZYさんと城領明子の3人で歌い合うイベント、ソングセッション。

5回目の今回も楽しくヤらせていただいて感謝でありました。

このイベントは、自分をミュージシャンにしてくれます。

音楽は自由に楽しんでよい、と改めて教えてくれるのでありました。

 

【2019年4月13日】

■エリッククラプトン@日本武道館

74歳のエリッククラプトン師匠のプレイを拝みに日本武道館へ。

音楽の歴史を作ってきたご本人の表情を肉眼でしっかりと見ることができる、”前から8列目”の奇跡。

素敵やなーって思ったのが、アコギプレイ。

とてもとても、素敵でした。

アンコールで登場したジョンメイヤーにも大感動。

新旧の三大ギタリストの1人が、武道館で共演している・・・。

なんとも感慨深い夜でした。

感謝、感謝。

感謝であります。

 

【2019年4月12日】

■ソロライブ@新宿SACT!

毎月第2金曜日に新宿SACT!行われているソロライブ。

本番前のリハ模様をツイキャスで配信しています。

最近、自分のギタープレイが変わってきました。

本人が言うのですから、きっと変わってきているのです。

それを言葉でどう表現していいのか・・・。

ずっと考えていましたが、きっとコレです。

それは、『老化』です。

ギタープレイに老化を感じます。

もちろん”身体的な老化”、のような症状ではありません。

俺はこの変化を待っていたし、嬉しく思っています。

 

【2019年4月11日】

とてもとても、とてーも眠たい1日でした。

理由はきっと、ただ単に寝不足で、ちょっとお疲れなだけ。

寝不足でもなく、疲れてもないのに眠たくなる・・・そんな時は、”楽曲のアイデアが生まれる瞬間”だったりもします。

眠たい時は、寝て楽曲のアイデアを出す。

制作しないといけないのにアイデアがない、そんな時は寝る!

どしどし寝て、起きた瞬間に、ぼーっとした頭のまま制作を開始します。

しっかりと目覚めていない時がもっともクリエイティブな時なのです。

 

【2019年4月10日】

めっちゃ冷たい雨の中。

道路に敷き詰められた桜の花びらにすべりかけながら、チャリンコに乗りました。

ふと、自分がメッセンジャー(自転車便のヒト)をやっていた頃を思い出しました。

「よく、あんなコトをやってたな・・・」

と、しみじみ。

どんな天候の時もチャリンコであっちこっちを走りました。

2011年の震災時には、『チャリンコ+無線機』の最強っぷりを感じたこともありました。

赤いバラの花束を届けたことがありました。

これからもまだまだ、色んなコトをやっていくのでしょう。

そしてまた、同じように振り返るのでしょう。

 

【2019年4月9日】

■ユニクロのCM

テニスプレイヤーでおなじみのロジャーフェデラー氏がユニクロのCMに出演しています。

とても興味深いな・・・と思ったバージョンがこちら。

 

■『まだまだこれからさ。』

CMで、ロジャーフェデラー氏はこう言ってます。

『昔はテニスのことばかり考えてた。

ある時からテニスを忘れる時間を作った。

勝てるようになったのは、それからだ。

大切な時間は、コートの外にもある。

テニスは、僕の人生の始まりにすぎない。

まだまだこれからさ。』

このフレーズは、俺自身の音楽に対する気持ちに寄り添ってくれました。

俺も、まだまだこれからさ。

もちろん君も。

 

虚飾と音楽シーン

ロジャーフェデラー氏は過去にこのような発言をしています。

『平凡な人生こそが本当の人生だ。

実際、虚飾や特異から遠く離れたところのみ真実があるからだ。』

このフレーズもまた、今の俺にはとてもリアルです。

平凡こそ、本当の人生だなと思います。

音楽シーンは虚飾だらけ。

とまでは言わないけど、虚飾だらけです。

「凪(なぎ)」、な生活の中で奏でる音楽は、実に楽しくサイコーです。

 

【2019年4月8日】

明け方。

冷たい雨が強く降りました。

桜がババババーッと散り乱れておりました。

今日は今日で、ギターの練習をしました。

12日の新宿SACT!、そして14日の神戸でのライブに備えておりました。

ギターの『上手・下手』をジャッジする基準は、ヒトそれぞれでしょうが、ミスなくソツなく、ただただ音を鳴らしているだけのギターはセクシーじゃないね。

たどたどしく、つたなくも、それでも人間らしい温かみのあるサウンドを奏でるギタリストが好きです。

俺も、そういうギタリストになりたいと思っています。

 

【2019年4月7日】

シーズン最後のお花見・・・なのでしょうか。

日曜日の今日。

巷には花見客が大量にあふれかえっておりました。

近所の公園では、『酒宴禁止』の立て札がたくさん立てられているにもかかわらず、大人たちがヤラかしておりました。

ほんと。

マナーを知らないジジババの集団心理ほど醜いものはないぜ♪

 

【2019年4月6日】

■桜

朝。

近所を歩きました。

「桜が大好き!毎年この時期を楽しみにしてる!」

なんてことは全くないけど、綺麗な桜はやっぱりキレイですね。

あっという間に散ってしまうのは、何も桜だけではありません。

 

 

【2019年4月5日】

「あー。そういえば。あいつは元気にしてるかな。」

そう思っていた朝の中目黒。

偶然、その”あいつ”に会いました。

ほんとに偶然。

”あいつ”もまた俺に、事務的な用事があったので連絡しようと思っていた、のだと。

こーゆーの、〇〇っていうよね。

なんて言うんやったかな。

目に見えるものだけを信じるのではない生き方、が好きです。

きっと、人生は思い通りです。

 

【2019年4月4日】

ミュージシャン&ライターのシゴトをしなくなってから。

ギターを弾くのがより楽しくなりました。

そして万年筆を使って思いを綴ることがとても楽しくなりました。

俺にはやっぱり神がいて、神は俺に大切なことを教え、俺の大切なことを守ってくれます。

俺にとって大切なことは、音楽の仕事でも執筆の依頼でもなく。

音楽が好きなのだ、ギターが好きなのだ、ということ。

書く、ということが好きなのだ、ということ。

なのでしょう。

 

【2019年4月3日】

■アメカジと言えば、HINOYAさん

上野はアメ横にある老舗アメカジ屋さんのHINOYA(ヒノヤ)さんに行きました。

(何も買ってません・・・)

たっぷりと物欲を刺激してまいりました。

 

【2019年4月2日】

■昭和と平成

元号そのものに賛成・反対があるようです。

そして天皇制にも、賛成・反対があるようです。

別に、

『二者択一』にする必要もないのでは?

と、思っています。

性別差別に対して敏感なヒトも多いし、実際に性別差別を受けているヒトも少なくないのかも知れないけど、

「ま、そういうヒトもいるわな。」

くらいで済ませられないものかしら、と思うようなコトも少なくありません。

とある職業を見下すようなヒトもいるし、逆に、自らの職業に誇りを持てないようなヒトもいるし。

とある職業を見下すのは『愚』ですし、自らの職業には誇りを持ってよいはず。

俺は世間を窮屈に感じています。

『1つの答えを求める』
『答えを1つだけに絞る』

という風潮が強いように思うのです。

さらに言えば、手っ取り早く『答え』『方法』『マニュアル』を知りたがるヒトが多すぎるような気もします。

と、言う感覚をどこで覚えるか・・・。

俺の場合、それは本屋さんです。

自宅近所の本屋さんでは、『答え』『方法』『マニュアル』を知りたがるヒトのための本が平積みされています。

もちろん、ソレを否定するつもりはちっともありません。

ただ。

俺は、時間をかけて考えたり、時間をかけて試してみたり、様子を見てみたりするという『隙間』『余裕』のようなものを大切にしたいなー、と思うのです。

元号の賛成・反対についても、

「その件、どれくらい調べました?どれくらい考えました?」

と、思います。

性別差別や職業差別に関しても同じように思います。

正誤や二者択一を語る前に、”必要な時間”があるような気もします。

さて。

昭和と平成の話です。

夜、正面に東京タワーを見ました。

昭和の気概、を感じます。

「やったんぞ!負けへんぞ!」

という、負け犬の底力を感じます。

とても美しい。

そして同じ日に、スカイツリーを見ました。

まさに平成生まれっぽい、クールな「シュッとした感じ」、を感じました。

戦争を経験した昭和の女はとても強い!と誰かが言えば、平成生まれの若者はナヨっとして頼りない!と言うヒトもいます。

しかし。

長年引きこもりの昭和生まれもいれば、世界を股にかけて人々に奉仕する平成生まれもいるのです。

つまり。

俺は何を思っているのか・・・と、言いますと。

「お前とは一体、誰なのよ?」

です。

そして、

「俺とは一体、何なのよ?」

なのです。

何に賛成・反対してもいいですが。

何を肯定・否定してもいいですが。

『自分』とは何か?

ということについて、たっぷりと時間をかけて向き合いたいと思うのでした。

 

【2019年4月1日】

■令和(れいわ)

5月から、令和(れいわ)ですねー。

神話の時代から、一度も滅びずに続いてきた天皇家系はすごい。

どうか令和も、『戦争をしなかった時代』、となりますように。

 

【2019年3月31日】

甘党ですか?

辛党ですか?

の話ですが。

俺はきっと、甘党です。

チョコレートやケーキなども好きですし、和菓子の類いも好きです。

しかし甘党は甘党でも、”甘いお酒”は好きではありません。

カシス系やカルーア系などの”カクテルの類い”は苦手です。

今日は今日で、ものすごく『甘いモノ』が食べたくなりました。

無性に、モーレツに、です。

体内のタンパク質やマグネシウムが不足すると、無性に甘い物が食べたくなるのだ、とか・・・。

信憑性はわかりませんが、調べてみました。

タンパク質とマグネシウムをゲットするための良き食材を。

それは。

「ひじき」だそうです。

では早速買いに行こう!!

・・・なんですが!!

国内で販売されている「ひじき」の9割は韓国・中国のモノだとか。

もちろんソレはソレでいいけど、国産の「ひじき」はどーした??

頑張れよ、国産!!

調べてみると。

長崎・三重・大分・愛媛が有名な産地だそうです。

へー。

行くわ。

「ひじき」を買いに行くわー!

 

【2019年3月30日】

久々に、酔っ払いにカラまれました。

俺はシラフでした。

「醜(みにく)いなー」

って、思いました。

そして、酔っ払い同士の集団心理。

醜い。

カラまれた後、俺は一人で近くの教会に行き、跪(ひざまず)いて、

『赦(ゆる)したまえ。彼らは何も知らないのです。』

と祈った、とか。

祈らなかった・・・、とか。

 

【2019年3月29日】

■真夜中の200グラム

お腹がすきすぎて、

「なんでもいいから、美味しいヤツを早く大量に食べたい!」

そんな時は、パスタです。

そんな時以外も、パスタ。

さあ。

今夜も太ろう。

 

【2019年3月28日】

■ジョシュア・レッドマン

アメリカのサックス奏者、ジョシュア・レッドマンの新譜を爆音しました。

サイコーにもほどがある。

俺は歌が大好きですが、時に歌詞(言葉)が邪魔に感じます。

時に、インストゥルメンタルは饒舌です。

 

【2019年3月27日】

大好きな歌うたいである城領明子のライブを観に代官山のWeekend Garage Tokyoへ。

素敵な空間で、ゆったりとライブを楽しみました。

本当に素敵だー、城領明子ってヒトの歌は。

 

【2019年3月26日】

あの有名な、目黒川沿いを歩きました。

桜の季節になると、ものすごく大量のヒトが集まり、まさにカオスと化す修羅場。

もはや鬼門。

桜は大好きですが、ゆったりと静かに楽しみたいものです。

って思っているヒト、少なくないやろなー。

 

【2019年3月25日】

先日からの、『古いHDDから新しいHDDへデータを移行』の件。

とりあえず、データを失わずに済みました。

その過程で。

『一度消去したデータも含めて全部復活(復元)させる!』

という作業も行いました。

俺は紙の資料だろーがデータだろーが、「ガンガン捨てる派」なのですが。

ずーっと以前に消去したデータ(写真や音源)などを見ながら思ったことがあります。

それは。

『ゴミ箱の中にこそ、思い出がある。』

ということです。

 

【2019年3月24日】

■データを移す

昨夜注文した、新しい外付けHDDは今朝早く我が家に到着。

そして今、古いHDDから新しいHDDへデータを移行しております。

おそらく数十時間かかるのでしょう。

シャバに出て、都内の桜の具合を確認してきます。

 

【2019年3月23日】

■外付けHDDを分解するの巻

いよいよ。

本格的に壊れたHDD。

どうにかデータを救出したい!

でも、データ復旧費用に50000yenは高すぎる!

というわけで。

自分でどーにかしよう!!と張り切っています。

そして。

この無駄に時間がかかりまくる救出作業を終えた瞬間から、俺はアナロギストとしてデジタルとさよならしたいと思っています。

 

■アメカジが好きである

このところガチガチのスーツを着て過ごしているせいもあって、

「俺はやっぱりアメカジが好きである!」

と実感しております。

自分の好きな服を着て過ごすのが一番楽しい。

「服なんて、なんでもいい。興味ない。」

ってなおっさんには、俺はならないよー♪

 

【2019年3月22日】

■やっぱりジャズギター

久しぶりに相棒であるギブソンの名器、ES-175でジャズ三昧な昼下がりを過ごしました。

あー。

もっと自由に、もっと大きく、もっと伸びやかに奏でたいわー。

 

■イチロー、引退

あのイチローが引退しました。

彼のことはとても尊敬しています。

何かを考える時、俺はよく「もしイチローなら・・・」とイメージします。

俺にとって”結果”・”成果”を出したいことがあります。

イチローなら、どんな努力をするかなあ。

そしてどんなビッグマウスを聞かせてくれるのかなあ。

 

【2019年3月21日】

Apple Musicを隅々まで聞いている俺です。

アーティスト名やタイトル名をすべて覚えておくことはできないのが残念ですが、素晴らしいアーティストや作品は驚くほどたくさんあります。

彼ら彼女らは唯一無二の、自分だけの作品をリリースしています。

でも。

その多くが”普遍的ではない”、ような気がするのはなぜでしょうか。

”普遍的”なのか、そうではないのかは、数十年後にわかることなのでしょう。

 

【2019年3月20日】

明け方の青山。

パラパラと雨が降りました。

疲れたサラリーマンが歩道でゲロゲロしている中。

俺は俺の道を信じて、堂々と進もう・・・。

と、しみじみ思いました。

 

【2019年3月19日】

歯医者さんに行きました。

数年前に治療した歯の違和感を調べてもらってました。

他にも。

俺の下アゴに隠れているらしい”おやしらず”は真横になっているそうで。

それが原因で歯並びが悪くなっているかも、とか。

奥歯の歯周病の原因となる、とか。

やれやれ。

めんどくさいなー。

■おやしらず、は抜くべきか??

歯医者さんからは、

「このおやしらずは、悪いヤツです。抜きましょう。」

と言われました。

抜くべき!という意見と、抜かなくてもいい!という意見があるようで。

個人的にはどっちでもいい・・・というか、素人やし、”患者の立場”であるので、

「先生にお任せします。良いようにしてください。」

という気分です。

下あご全部に麻酔をして、抜いて、縫うんだそうです。

ひえー・・・。

 

【2019年3月18日】

■真夜中

真夜中の新宿を歩きました。

新宿にはいわゆる”飲み屋街”がたくさんあります。

思い出横丁やゴールデン街、三丁目にも二丁目にも、駅の中にもたくさんあります。

様々な飲み屋街で多くの人間が酒を飲み、わーわー泣いたり笑ったり騒いだりしながら、それぞれの”真夜中”を過ごしています。

真夜中が終わり、太陽が顔を出す頃。

再び日常に戻り、常識的なツラをぶら下げて、それなりに働いたり、働いているフリをしたり。

そしてまたまた真夜中に戻り、わーわー泣いたり笑ったり騒いだり。

暮らしには『相反するもの』が必要です。

ずっと張りつめてばかりだと疲れるし、ずっとたるんでいるとなまけてしまう。

相反するものの究極は男と女であり、大人と子供であるような気がするのでした。

 

【2019年3月17日】

■琉球グラス!

ロックグラスが欲しいなー、と思ってましたが。

ナイスすぎるタイミングで、琉球グラスをいただいてしまいました。

コレなら、やっぱり泡盛が飲みたくなるわなー♪

 

■セントパトリックスデー

渋谷のダブリナーズで友達と軽く”お茶”しました。

この日は『セントパトリックスデー(聖パトリックの日/St. Patrick’s Day)」』ということで、緑色したアイルランドの方々が大量に集まっていました。

俺も俺で、たまたま緑色のニットキャップをかぶっていたからか、そっち系の男性にウインクされました。

 

【2019年3月16日】

深夜の明治通りで、雪がパラつきました。

3月も後半に差し掛かり、桜の息吹を感じているトコロで雪かー。

2019年も4分の1が終わろうとしています。

早いなー。

2019年の俺は、「新しいコトに挑戦する!」です。

挑戦しなくなる時が、俺の死ぬ時です。

 

【2019年3月15日】

■映画『メメント』

クリストファー・ノーラン監督の高評価な映画『メメント』を観ました。

とてもおもしろかったけど、もっとシンプルでわかりやすい演出のほうが、アホな俺にはいいかなーと思いつつ。

 

【2019年3月14日】

■野菜だけカレー

肉というモノがなかったので、野菜だけカレーを作りました。

カレーなら、どんなカレーでも美味しくいただきますが、どちらかといえば『具は少なめ派』です。

だからと言って、具たくさんなカレーが嫌いか!?といえば、全く嫌いではありません。

 

【2019年3月13日】

明らかに歯の調子が悪いので、歯医者さんに行きました。

違和感のあった部分は、「何にもなってませんので、ご安心を。」と歯医者さん。

でも。

全く違和感のない他の歯の状態がTOO BADだと。

歯は大切です。きっちり綺麗に直したいと思います。

 

【2019年3月12日】

■春はもうすぐ!

桜の木には、今か今か!?とうずく”つぼみ”がたくさん。

春はそこまでやってきています。

 

【2019年3月11日】

■キーマカレー

目玉焼きをのせて、美味しくばくばくいただきました。

とても美味しかったしまた作るけど、ふつーのカレーもふつーに美味しく、大好きです。

 

【2019年3月10日】

■お蕎麦の朝日屋

近所のお蕎麦屋さんに行きました。

東京には安くて美味しいお蕎麦屋さんが多いと思います。(蕎麦だけじゃないけど。)

フラフラで疲れ果てて、「メシなんか作ってられるかー」な時も、アチコチに安くて美味しいトコロがあります。

東京の家賃は高すぎるし(駐車場も)、人間も多すぎるし、イヤやなーと思うトコロもあるけど、良いトコロもたくさんあります。

良いトコロを見て、良いトコロに感謝して生きていたいものです。

 

【2019年3月9日】

■最後の確定申告

税法上、25歳から『ミュージシャン』という職業で、『吉田あきら』という屋号でしたが。

今年度の申告で、廃業です。

楽曲の提供やギターサポートなど、いわゆる「シゴトとしての音楽」はしません。

「シゴトではない音楽」はやっていきますよ。

楽曲の提供やギターサポートが「シゴトではない」のなら、スケジュール次第ではやらせてもらいます。

毎月第2金曜日に行われている新宿SACT!でのライブも、2019年が潮時ではないかと思います。

「毎月第2金曜日!!」という”固定”はムズカシくなりそうなのです。

「シゴトではない音楽」が、結果として「シゴト」になれば、それはそれはサイコーなコトでしょう。

 

【2019年3月8日】

■SACT!でライブwith小野さん・板谷さん

毎月第2金曜日に行われている新宿SACT!でのソロライブ。

この日はSACT!のボスである小野さんのバースデー!!

ということで、ベーシストの板谷さんと一緒に2曲セッションしましたー。

俺は歌を歌うのも曲を作るのも好きやけど、ギタリストとしての”自分”もめっちゃ好きですねーん。

 

【2019年3月7日】

雨の都内。

夕方の環七で、おかま事故を目撃しました。

渋滞の中、信号待ちをしていたら、隣りの車線にいたアクアがトロトロと前進。

「うん?トロってんな・・・。」

と思った次の瞬間には、

「あかんあかん!止まれ止まれ!!」

そして、

「ぶつかる!ぶつかるって!!」

がっちゃーん。

事故をおこそう!なんて思って事故る人はいません。

気をつけましょう。

季節は春です。

 

【2019年3月6日】

愛と情熱がほとばしるオトコの話を聞きました。

愛と情熱があればきっと、仕事や恋愛はうまくいきまっせ。

 

【2019年3月5日】

仲間たちと、夕方の4時からやっている居酒屋で軽くヤりました。

短い時間、軽くちょいと一杯やる!というのが好きです。

 

【2019年3月4日】

新宿2丁目に行きました。

新宿二丁目といえば、いわゆる二丁目です。

ゴロゴロいらっしゃいました。

彼ら(彼女ら)は幸せそうです。

人生、我慢してはいけません。

ありのままで生きるべきです。

しかし。

時に我慢も必要であり、我慢が力となることもあるでしょう。

 

【2019年3月3日】

10年以上もお世話になっている新宿SACT!のボス、小野さんとリハ。

次回の第2金曜日に行われる吉田あきらのソロライブの日が、小野さんの誕生日。

というわけで、小野さんの曲にギターで参戦します。

数曲ご一緒します。

 

【2019年3月2日】

土曜日の夕方。

近所に暮らす、とっても愛妻家なオトコと「30分呑み」をしました。

結果的に「90分呑み」になったけど、時にそーゆーことは珍しくありません。

家族を大切にすることができる人は、ソレが顔に出ていると思います。

『人は見かけによらない!』、のは間違いないけど、

『人柄は見た目と比例する』、のも否定できません。

「いつもえー顔してまんなあ、よしだはん。」

と、気軽に声をかけてもらえるような『顔作り』を心の内側から始めたいものです。

 

【2019年3月1日】

ちょっとした学校のようなトコロに約40日通ってました。

学校のようなトコロなので、ベンキョーします。

「全然ベンキョーできねー!」

というガキンチョがいて、

「マジでむずいよねー!」

と同調するガキンチョもいます。

「いいよなーお前は。優等生じゃん!!」

とひがむガキンチョもいたりして。

出来の悪いキッズの多くは、

  1. ベンキョー時間が圧倒的に少ない
  2. ラクにベンキョーできる方法を知りたがる
  3. 学びたい!という気持ちが弱い

と、おっさんの俺は思う。

ベンキョーの効率や要領を知ったところで、実際にベンキョーしなければ何の意味もない。

ギターのお稽古も同じであります。

努力に勝る天才はなし、ですぜ。

 

【2019年2月28日】

「昔、トロンボーンやってたよ。」

たまたま知り合った初老の男性が話しかけてきました。

「あなた、ジャズは好きか?」

と聞かれ、

「はい。」

と答えた後は、機関銃トークで蜂の巣にされちまいました。

「ほんとに音楽が好きでね。ジャズはたまらんね。ワタシの仲間はね、ユーミンや達郎のバックバンドでね。」

と、嬉しそうでした。

楽器の演奏を始める、または続けるのに年齢や性別は関係ありません。

「何か新しいコトを始めたいな。」

「何か楽器を演奏できるようになりたいな。」

と、思うのなら、自信を持ってギターをおすすめします。

 

【2019年2月27日】

「感情コントロール」をしましょう。

というハナシを聞きました。

個人的には、感情はコントロールしてはならない、と思います。

それができるようになった頃には、人間ではなくなっている気もするからです。

感情をコントロールするよりも、感情にコントロールされることの方が怖いことではないかしら。

瞬発的にイラっとしてカっとして、反射的にネガティブな言動や行動を起こしてしまう。

ってことにならないようにするために、どうすればいいか。

どうすればいいのだ??

 

【2019年2月26日】

世間には様々な人がいます。

何があったかは知らないけど、いつも楽しそうな人もいれば、いつもイライラしている人もいます。

俺が頻繁に思うことですが、「自由意志」とは、人間に与えられた最大の恵みではないでしょうか。

日々を楽しむために、常に楽しいコトを探しながら生活するのか。

日々イラついて、常に我慢しながら生きることを選択するのか。

何を着て、どこに暮らし、誰と付き合い、どのような仕事をするのか。

すべて自由です。

自由なのです。

だから。

その自由を奪ったり、否定したりすることはよくないことだと思います。

 

【2019年2月25日】

■マルーン5@東京ドーム

素晴らしいライブを堪能させていただきました。

サイコーのライブでした。

オープニングからブットーシで名曲オンパレード。

東京ドームの音はウヮンウヮンと鳴り響くので好きではありませんが、それを上回る素晴らしい音・演奏で楽しませてくれたマルーン5。

やっぱり音楽はサイコーだ。

それは永遠に変わらない真実ですね。

 

【2019年2月24日】

■オリエントスター

二子玉川(ふたこたまがわ)のデパート内にある、文具店「伊東屋」さんに行きました。

ボールペンの芯と万年筆のインクを購入し終えた時、そのデパート内の時計売り場で『オリエントスター展』、なるものが催されていることを知りました。

国産で、機械式で、ベラボーに高額ではない時計ブランドとして大好きな腕時計ブランドがオリエントスター。

フラフラと時計売り場をさまよい、スタッフさんの話を聞きながら(正確には聞くフリをしながら)、様々なオリエントスターの腕時計をハメて遊びました。

今、俺が愛用している腕時計はスイス製の機械式で、革ベルトです。

革ベルトの時計は夏に使うと汗ですぐに汚れ、そして痛んでしまいます・・・。

だから、夏には革ベルトではない腕時計が必要なのです・・・。

と、いう理由であれば、オリエントスターの購入は正当化されるのではないかしら・・・というのが俺の見解であります。

 

【2019年2月23日】

■山九でランチ

自由が丘のお蕎麦屋さんでランチをしました。

いつも混んでいる名店ですが、たまたまタイミング良く入ることができました。

東京には美味しいお蕎麦屋さんが多い、と感じます。

 

【2019年2月22日】

■パスタブーム・・・

最近、続いています。

パスタのマシマシ。

こうして吉田はデブになりましたとさ。

 

【2019年2月21日】

■合格

一応、国家資格となる試験に合格しました。

ゲットしたい資格はあと2つ!

ベンキョーはまだまだ続くどー。

 

【2019年2月20日】

■オロナイン

ちょっとした傷の手当に、オロナインを買いました。

俺はこういった、古くからあるモノのデザインが大好きです。

とてもかっこいい!と思うのです。

例えば。

タバコの『ハイライト』とか。

ウイスキーの『サントリーオールド』とか。

同じクスリで言えば『正露丸』とか。

そしてこのオロナインに関しては、”万能”なところも好きです。

風邪を引いた時や、お腹や頭が痛い時にも効きそうな気がします。

 

【2019年2月19日】

■パスタの量

深夜。

お腹が空いた時にがっつくパスタほど美味しく、そして罪深いものはありません。

パスタの量は200グラム。

まだまだ食べられそうです。

 

【2019年2月18日】

今年に入ってから、ちょっとしたベンキョーを続けています。

今日もそのベンキョーに明け暮れました。

若い頃は嫌いだったベンキョーも、大人になった今はそこそこ好きです。

知らなかった知識や知恵を学ぶことができるのは、恵まれているなーと実感します。

 

【2019年2月17日】

日曜日。

このところ毎日外出していたので、自宅でゆっくりと過ごしました。

「自宅でくつろぐ」、という時間はとても大切ですね。

 

【2019年2月16日】

■吉田あきらのTシャツ!

俺はタリスカーが好きで、1978年生まれの41才です。

アルバムジャケットのデザインなどを手がけてくれている遠藤久美によるオリジナルTシャツです。

めっちゃかっこいいね。

これ、手描きだぜ!

天才やろ。

 

【2019年2月15日】

■寒いので。

雪のちらつく寒い夜は、シチューです。

ついつい食べ過ぎて、後悔します。

でもでも。

ここ1ヶ月で、ウエストは7センチ減りました。

 

■タイプの女性・・・は?

最近知り合った30代のおっさん達と軽く呑みました。

俺が41才だ、ってコトを知ったヤツが急に敬語になったり、

「お前、さっきから全然おもしろくないコトばっかり言ってんなあ。」

なヤツはやっぱり〇〇県出身だったり。

で。

「ヨシダサンって、どんな女の子がタイプなんすか?」

と質問されました。

「せやなあ。ま、おもしろくて明るくて、楽しげな女の子がいいかなあ。」

とテキトーに答えました。

帰りの電車で、自分にとっての”タイプの女性”を考えました。

タイプの女性・・・かあ。

 

【2019年2月14日】

■バレンタイン

チョコ好きなので、今日がバレンタインだろーが何だろーが、あんまりカンケーありませんが。

今日という日を利用して、身近な誰かに「ありがとう!」を伝えることができるなら、とても素敵なことですね。

 

【2019年2月13日】

俺のアルバムジャケットなどをデザインしてくれている天才、くみちゃん。

今回は『吉田あきらなTシャツ』をデザインしてくれました。

近日、しれーっとさりげなく、自慢げに発表いたします。

おしゃれなTシャツが好きだ!という方はぜひお楽しみに。

 

【2019年2月12日】

連休明けの火曜日。

朝から夜中までひたすら勉強してました。

そう。

今、俺は勉強しているのです。

 

【2019年2月11日】

■連続テレビ小説「まんぷく」

観てるんです。

まんぷく」を。

録画してまで。

そして。

ついに今日。

あのチキンラーメンを購入し、食べました。

あー。

おいしかった。

 

■イーサンホーク!!

カッコよすぎるイーサンホーク主演の映画『ブルーに生まれついて(BORN TO BE BLUE)』を観ました。

映画の感想や、ドラッグについての意見などは省くとして、やっぱりセクシーなチェットベイカー(Chet Baker)のとろける音楽。

そしてイーサンホークがあまりにもかっこいい!!

演技も絶品。

サイコーすぎて話になりません。

誰にだって必ず、「自分の音」というものがあります。

ただただソレを追求するようなミュージシャンでいたいものです。

人生や日々の暮らしの中には”だらしなさ”や”情けなさ”がたくさんあるけど、せめて自分の音には忠実・正直でいたいなーと思うのです。

 

【2019年2月10日】

■随園別館

飲み仲間6人で、新宿の随園別館へ行きました。

大量に飲んで食べました。

割り勘したら、一人3000yen以下でした。

とても美味しかった!

ランチやお弁当も人気があるそうですよ。

 

■日比康造ライブ@新宿SACT!

満腹をひきずって新宿SACT!へ。

康造くんのライブを堪能しました。

ライブ後は、

「せっかくなので・・・」

という理由で2曲一緒に歌いました。

「今年はマジで、ホンキでやるんだ!」

と、康造くん。

去年も2年前も、数年前も聞いたその決意。

がんばれー!!

 

【2019年2月9日】

二子玉川で久しぶりの友達と、初めましてな友達とわちゃっとしてました。

お店のギターを弾いたら

「上手だねー。」

と言われて調子に乗りました。

「みんなが知っている歌を歌おう!」

ということになり、『翼をください』をお店にいる人たち全員で熱唱しました。

酔っ払ってるってこともあり、とてもおもしろかった。

「あー。今日はサイコーだった!」

と思って眠る瞬間は幸せです。

 

【2019年2月8日】

■新宿SACT!でソロライブ

アコギで弾き語りライブをしました。

極力、こざかしいプレイは封印して、シンプルにザクザク弾きました。

最近はそういう気分です。

『口数の多いオトコはダサい』のと同じく、『ギタープレイをひけらかすような弾き語りはダサい』という気分なのです。

■ライブ前はツイキャスしてます♪

新宿SACT!でのソロライブは毎月第2金曜日。

ライブ前のリハーサルや楽屋にて、ツイキャスをやってます。

https://twitcasting.tv/yobi_akira

ぜひぜひチェックしてくださいねー!

 

【2019年2月7日】

「あたし、ナンバーワンだったんだよ!ホントなんだから!」

と豪語する元キャバ嬢とお話する機会がありました。

東北出身らしく色白で、黙っていると確かにかわいらしい女の子。

話をすると、「ざんねーん!」って感じることは珍しくありません。

まさに、口は災いのもと。

その逆、もあります。

そのほうが嬉しく、得した気分になるものです。

ちなみに。

俺はそのキャバ嬢に、

「おにいさん、あんたさっきから嘘ばっか言ってんじゃん。」

と、言われました。

いやいや。

それは嘘じゃなくて、いわゆる冗談や。

いわゆる、ボケツッコミでいうトコロの、ボケなんや。

 

【2019年2月6日】

雨の中、車で東京湾付近をブンブン走りました。

極端に細い道もブンブン走りました。

運転技術が高くない俺ですが、おかげで上達したようです。

都内はほんとに車が多く、急いでいる車もたくさん。

排気ガスとともに、人間のイライラが撒き散らされておるようです。

現代人は忙しすぎる。

そんな時は俺の、俺の、俺の歌を聴けー!

 

【2019年2月5日】

自分のブログ用に、毎日1枚は写真を撮りたいな!と思っているのですが、撮ることができないという日もあるものです。

その理由は、

  • ほんとにつまらない1日だった
  • 素敵なシーンを見つけることができなかった
  • それどころじゃなかった

の3つでしょうか。

とある俳優さんがおっしゃってました。

「毎日、たくさん感動しろよ。1日に1回は必ず感動できるはずだから。」

と。

聖書には、

「探しなさい。そうすれば見つかります。」

と書いてあります。

忙しく慌ただしく、急かされるような日々を過ごしつつも、心の余裕と安らぎが欲しいものです。

 

【2019年2月4日】

■リサイクル図書

近所の図書館に、「この本、あげます。欲しい人どうぞ。」なコーナーがあります。

ふと、その前を通った時に目にしたこの本。

「愛するということ」。

まさに、このわたしにふさわしいタイトル。

読んでみようと思います。

 

【2019年2月3日】

■恵方巻き

いわゆる、ある意味新しい一年が始まる日。

恵方巻きを食べて、『脱・不遇』を目指して頑張ります。

 

【2019年2月2日】

■生粉打そば

新横浜駅にある「永坂更科布屋太兵衛」にて、太くてガチガチでカチンコちん!な『生粉打(きこうち)そば』をいただきました。

細くてツルっとしたお蕎麦に慣れているので、なかなか苦戦したお蕎麦でした。

もちろん好みなのでアレですが、お蕎麦はツルっとライトに食べたいなー、と思ったのでした。

 

【2019年2月1日】

■さかいゆうに、ジョンスコ???

さかいゆうさんの新譜をサブスクでチェックしてました。

明らかにジョンスコなギターが聴こえて驚きました。

確かに、ジョンスコでした。

いやー・・・。

ジョンスコの音(フレーズも音色も)って、絶対にジョンスコの音なんよねー。

→さかいゆうさんのインタビュー
https://www.barks.jp/news/?id=1000163583

俺にはあるのかなー、俺だけの音。

声、にはあるよねきっと。

ギターには・・・あるのかなあ・・・。

 

【2019年1月31日】

■道路交通法

さて。

我が家の近所にある、交差点です。

信号のない交差点で、横断歩道があります。

ゼブラゾーンがあり、消火栓があります。

このゼブラゾーンには、いつもいつも大きなハイヤーが停まっています。

運転手は車内で休憩しています。

消火栓から5メートル以内は駐車禁止です。

しかも横断歩道すぐの場所に停めちゃダメなんです。

駐車とは・・・。停車とは・・・。

説明できますかー??

覚えてますかー??

ということで。

今日、俺は免許の更新をしました。

平成36年まで有効、と記載された免許証でした。

平成36年は、〇〇5年になるんだなー。

 

【2019年1月30日】

■都会と、田舎と。

大都会東京、かもしれないけど、田舎らしさもたくさん残っているものです。

食生活がそこそこ野菜派な俺としては、野良仕事に大変興味があります。

仕事の時は都会へ出向き、普段は田舎で生活するという『カントリージェントルマン』な暮らしにも憧れています。

都会には都会の、田舎には田舎の良さがあります。

サラリーマンならサラリーマンの、フリーならフリーの良さが。

男には男の、女性には女性の良さが。

あなたにはあなたの、俺には俺の良さが。

 

【2019年1月29日】

■オトコやっぱ、靴に出る!

安モンの革靴でも、ワークブーツでもエンジニアブーツでも、それなりに”綺麗”に手入れして履きたがる俺です。

注意して、チマタを闊歩する紳士たちの靴を見ていると。

きったない靴はほんとにきったない。

黒い革靴が白くなっていたり、ハゲていたり、かかとがすり減っていたりする。

実際にデキる男なのかどうかは別として、やはり素敵な雰囲気のある紳士の靴は、汚くありません。

高価でなくても、新しくなくてもいいので、俺が履く俺の靴は”綺麗”を保とうと思います。

ちなみに。

写真の靴は俺の靴。

おしゃれの達人から、

「靴紐をもっとしっかりと結びなさい!」

と忠告していただきました。

 

【2019年1月28日】

■みかん

何かとお世話になってます、な「みかん」。

スーパーでは絶妙な場所に置かれているので、ついカゴに入れてしまう「みかん」。

食べだしたら何個でも食べたくなってしまいます。

ベラボーに流行っているインフルエンザも、このみかんで予防したいところです。

さて。

みかんの皮を陰干し・天日干しさせたモノを「ちん◯」というそうですね。

漢方薬などで使われる「ちん◯」は、なんと1年以上も乾燥させて作られるのだとか。

「ちん◯」はお茶として飲んだり、お風呂に入れたり、煮物の風味づけに使うと良いのだそうです。

咳やたんを抑えたり、お腹の調子を整え、風邪を予防してくれるそうです。

たくさんみかんを食べて、その皮で「ちん◯」を作ってみませんか?

「ちん◯」とは、漢字で「陳皮」と書くそうです。

 

【2019年1月27日】

■まずしさ

何をもって”まずしい”、とするかは人それぞれでしょう。

俺にとって、「まずしいなあ・・・」と思うコトは、

  • 自分にとっての豊かさを見失うこと
  • その豊かさに感謝しないこと

、にあるような気がします。

 

【2019年1月26日】

■寒すぎるから、うどん。

めーっちゃくちゃ寒い!

ということで、あっつあつのうどんをゴクゴクと飲みました。

飲み干しました。

 

■風邪、流行りすぎ

まー実際、これだけ寒くて、ここまで乾燥していると、風邪の予防もなかなか難しい。

防ぎようのない風邪もあると思うけど、やっぱり「水分を補給しているかどうか」にかかっているのではないか、と思います。

15分に一回は水を飲むと良いのだそうですぜ。

 

【2019年1月25日】

■疲れすぎ、カルディで衝動買い

ホッと一息したい時。

熱いコーヒーも効くし、シビれるウイスキーも効く。

今夜は、カルディで購入したコレを鷲掴みにして、放り込む。

 

■チョコレートジャンキー

ま。

そんなたくさん食べられないけど、俺はチョコレートジャンキー。

チョコレートをちびちびとかじりながら、ちびちびとウイスキーを飲むのが好きです。

ちびちび、をだらだらヤるのが好きです。

コレは夏には向かない。

夏はやっぱりグビグビ・プハーがいいもんね。

寒い冬の夜、暗い部屋で大爆音で音楽を聴きながら、ちびちび・ちびちびヤりたいのです。

ちびちび部、発足します。

 

【2019年1月24日】

■デブれ俺!真夜中のパスタ

空腹で、かつ眠たい。

勢いで寝てしまうか。

それとも勢いで喰ってしまうか。

二者択一。

正解などない。

正解があるとすれば、それは体重計が示してくれるであろう。

行け、デブ路線。

 

■1秒先はわからない

2019年の1月が終わろうとしています。

先月(去年)の今頃、自分がココに立ち、ココから歩み出そうとしていることなど想像もしなかった。

俺の1秒先は見えない。

輝いて眩しすぎるからね。

 

【2019年1月23日】

■一粒でいい。一粒でいい。

誰だ。

一粒で300メートル走ることができるとヌカした嘘つきは。

いただいたグリコの箱、キャラメルに期待して開封するも入ってない!!

一粒でいい。

せめて俺に300メートル走らせてくれ。

 

■ロックと物悲しさ

引き続き、GLIM SPANKY(グリムスパンキー)にハマってたくさん聴いてます。

歌詞とその世界観がとても好きです。

彼女の声と、その言葉からたくさんインスピレーションをもらっています。

ロックはジャンルでもあり、思想でもあり、立派な芸術でもあります。

俺なりのロックに「物悲しさ」は必須です。

バラードだろうが、キャッチーなポップスだろうが、その楽曲に俺なりの「物悲しさ」があれば、それは立派なロックです。

 

【2019年1月22日】

■GLIM SPANKY(グリムスパンキー)

ふと入ったカフェのようなカフェで流れていたBGM。

「この曲誰だ??めっちゃかっこいいやん!!」

と思って、すかさずスマホで調べたら。

「あー!!コレがウワサの・・・!!!」

そう。

GLIM SPANKY(グリムスパンキー)

ですよ。

今さらかも、ですが。

好きですねー。

かっこいいなーって思います。

思い切り、ギターをかき鳴らしたいぜ。

 

サントリーウイスキー角瓶が休売?

・・・だ、そうです。

販売終了、じゃないみたいですね。

そこまでお世話になったわけじゃない角瓶ですが、巷では大ブームといっていいほどの人気です。

しかし。まあ・・・。

いつもいつも、当たり前のようにあったものが、なくなってしまう。

それは覚悟しておかなければならないことかもしれません。

逆に、なかったものが、急に現れることも。

人生、これからも楽しめそうです。

 

【2019年1月21日】

■足の裏に塗る・・・??

むせるような咳が出る。

そんな時は、コレを足の裏に塗って、靴下をはいて寝ると良いらしい。

 

【2019年1月20日】

■変なホテル

赤坂にて。

ほほー。

ココが噂の変なホテル・・・。

変なホテルじゃ泊まりたいと思わないけど、「変態のホテル」やったらスウィート連泊や。

 

【2019年1月19日】

■ミスターポーター

オトコに愛されているオンラインショップ、『ミスターポーター』。

俺は利用したことないけど、ちょいちょい覗いてました。

そんなミスターポーターの書籍を発見しました。

徹底的な立ち読みの末、

「紳士のたしなみ」としてゲットしました。

 

■ホントにオシャレなオトコとは

あくまで個人的、ではありますが。

俺が『おしゃれだな!』と思う男性ファッションの多くが「トラディショナル」で「クラシック」です。

つまり、昔からある『ど定番スタイル』を上手に着こなしています。

高価ではないスーツを着ているとしても、

  • サイズぴったんこ
  • ちゃんとブラッシングされている
  • ちゃんとプレスされている

のなら、それはとてもおしゃれで紳士的。

小物などでさりげないセンスを演出するのが『粋』ってやつです。

生地やスタイルのことなどなどを何も知らず、”ただ高価なモノ”や”ただ有名なモノ”を身につけているだけで安心・満足している男性のファッションはちっともおしゃれじゃないし、セクシーさもありません。

とてもつまらない。

”スーツの手入れ・メンテナンスの方法を知らない”、または”そーいったことに疎く無頓着である”というオトコは、オトコとしての魅力に欠けると思っています。

(もちろん、人格を否定するつもりはありません!)

そーゆーのが顕著に表れるのが『靴』でしょう。

靴はオトコのすべてを表すと言っても良いかと思います。

(靴の手入れ・メンテナンスを熱く語り過ぎるオトコは逆にウザがられますが・・・。)

高価な靴でなくても、バシーっと手入れ・メンテナンスが行き届いている靴を長く愛用するオトコでありたいものです。

 

【2019年1月18日】

■シェイクシャック

とても美味しいハンバーガーをいただきましたー。

http://www.shakeshack.jp/

天気良すぎ!ってことで、公園でガブガブ部。

部長は2秒でたいらげておりました。

 

【2019年1月17日】

■アル中の猫

比較的暖かく感じた1月の昼下がり。

我慢できない猫がウェイティング。

最近の若いモンは待つことができない。

「待つ」ということを覚えるのはいいことだ。

いつかその扉は開かれる。

待て。

待つのだ・・・。

 

【2019年1月16日】

■クラシックギターの基礎練習

今日はたっぷりとクラシックギターの基礎練習をしました。

ネタは「カルカッシ」の曲。

カルカッシ、とは昔々のギタリスト・作曲家で、ギターの教則本を作った人として有名です。

基礎練習は、できれば毎日コツコツと継続させたいものです。

俺の練習のテーマは、「アルペジオの強弱を自在にあやつる!」です。

ギターだけの伴奏でもダイナミクスをたっぷりと表現したいのです。

 

■ギターの音色でわかること

クラシックギターを弾くと、毎日音色が違うってコトに気づきます。

元気な時は元気な音が。

せわしない気分の時はせわしなく落ち着きのない音がします。

なので。

やさしく穏やかに奏でると、気持ちも比例します。

座禅や瞑想と似た効果を得ることができるので、クラシックギターの基礎練習は大好きです。

 

【2019年1月15日】

■ラーメン屋さん

先日会った友達が、

「俺は毎日ラーメンを食べている。」

と言ってました。

「それは言い過ぎじゃないの?」

と聞けば、

「言い過ぎどころか、1日に2回食べることもある。」

と。

そんな話を思い出し、とくに食べたかったワケじゃなかったけど、ノリでラーメンを食べました。

→饗膳麺 昌㐂(きょうぜんめん しょうき)
https://www.instagram.com/kyouzenmen_shouki/

ラーメンは好きやし美味しいけど、最近はお蕎麦のほうがずっと好きかもなー。

ベロンベロンに酔っ払った夜に食べるカップラーメン(NISSINの、もちろんBIG)は、罪悪感も合わせてとても好きです。

 

【2019年1月14日】

■でごいち!

近所の公園までふらっと散歩。

美しく晴れ渡る冬空の青と、この蒸気機関車がとても素敵でした。

 

■久しぶり!ギタリスト池田健司♪

夜はめっちゃ久しぶりにギタリスト池田健司と軽く乾杯しました。

HOMEMADE家族をはじめ、様々なトコロでギター弾いたり曲作ったりしている健司くんとは実に20年来の付き合い。

コテコテの広島弁と関西弁でギャーギャー騒いで遊びました。

そう。

写真がない。

写真を撮ろう!なんて、これっぽっちも思わなかった・・!

 

【2019年1月13日】

■日比康造くん宅で百人一首

たまたま。たまたま。

日比康造くんの自宅近くにいたので。

ふらっと立ち寄らせていただくことになりました。

日比康造くんとはシンガーソングライターで、吉田あきらとは『ヨビ』というユニットを結成しゲリラ的な活動を継続させております。

今日は結局8人が集合して、お正月らしく百人一首でかるたをしたり、坊主めくりをして遊びました。

 

■康造くんのお宝、ギブソンES-330


なんとなんと。

康造くんの部屋には、かつて俺がもっとも欲しい!と思っていたギターである『ギブソンES-330』が埃まみれになっておりました。

おいおい、宝の持ち腐れか??

いやいや、お宝には間違いありません。

素晴らしいギターなので、ぜひリペアして弾き倒して欲しいですねー!!

 

【2019年1月12日】

■再び復活・ヨガするおっさん

最近、走ってます。

ストレッチもしっかり。

チャリンコに乗る機会も増えそうです。

ということで。

ヨガも復活しました。

25歳から始めたヨガ。

自分にとっては疲労回復にとても効きます。

そしてよく眠ることができます。(寝つきがよくなる!)

ヨガをすることで深い呼吸ができます。

そして血液をしっかりと循環させることができます。

大切ですねー。

 

【2019年1月11日】

■2019年最初の第2金曜日@新宿SACT!

ドラマー中村皓くんが遊びにきてくれた!

ということで、数曲一緒にセッションしました。

ドラムとシンセベースを一緒に演奏してしまう、まさにヘンタイ!!

すごすぎますよね。

また一緒にライブやりたいなー!

 

【2019年1月10日】

■自転車が欲しい!

写真は、おそらく29歳の頃ではなかろーか。

都内でメッセンジャー(いわゆる自転車便)のシゴトをしていた時の写真。

毎日どこへ行くにもチャリンコで移動してました。

あれから10年以上が経ちました。

再び、

『徒歩以外の移動手段としての自転車が欲しい!!』

と、いうことで。

メッセンジャーが乗るような、めちゃんこ早いチャリンコはもういらない。

ふつーの、その辺に転がっているようなママチャリでいい。

夕方。

近所のチャリ屋を周った。

近所のイオンのチャリコーナーも見た。

「2万円以下の、ただ乗るだけのチャリでいい」

と思っていた。

でも。

やっぱり・・・。

「その2万がもったいない!」

と、思ったのです。

 

■ママチャリにできないことがたくさんある

例えば。

ママチャリでは、せっかくの都内をウロウロできない。

代官山→恵比寿→西麻布→六本木→有楽町→銀座・・・といったコースを走る時、車道をささーと走ることができない。

雨の日、サッとかついでベランダに置いて雨をしのぐことができない。

急いでいる時にパンクしても、簡単に修理できない。

ブレーキシューの交換もめんどくさい。

タイヤの種類や色、シートやハンドルなどを気軽に交換できない。

自分にとって、ママチャリのメリットは、

「購入費用が安いだけ。」

という結論に達しました。

なので。

逆にもったいない。

2万円も出して、愛せないママチャリを買うのは逆にもったいないのです。

何より、やっぱり元メッセンジャーってくらいなので、やっぱりチャリンコが好きなのです。

じゃ。

無駄と感じず、自分の欲求を満たすチャリンコはどれ?

自分が妥協できるレベルのチャリンコはどんなの?

 

■高価だからいい!ってワケじゃない!

チャリンコにも、車で言うトコロのいわゆるフェラーリやポルシェ、メルセデスといった”高級自転車”が存在する。

でも。

高価だからいい!ってわけじゃない。

ツールドフランスに出場するわけでも競輪選手になるわけでもない。

都内を快適に走ることができればいい。

好きなパーツを好きなようにカスタムができて、長持ちさせられるチャリンコがいい。

そんなチャリンコって、どんなの?

あるある。

あるよね。

あのブランドとあのメーカー、そしてあのショップにもあるよね。

今週末は時間を作って、そんなチャリンコを取り扱っているショップに行ってきまーす。

 

■タリスカー18年こそ・・・!!


昨夜いただいたシングルスコッチの「タリスカー18年」を味わいました。

俺はサントリーオールドが好きですし、オールドパーも好きですし、ホテルで舐めるブラックニッカも3ケタで購入できるブレンドウイスキーも大好きですが、それらとコレとはもはや比べることができません。

次元が違う。

タリスカー18年は、今までで一番感動したスコッチかもしれません。

ストレート・ロック・トワイスアップ・ハイボール、などなど様々な飲み方を試しました。

どの飲み方も好きです。

いやー、参りました。

俺の好きなウイスキーは・・・???

「はい、タリスカー18年です。」

 

【2019年1月9日】

■事件だ。これはタリスカー18年!!

いただいてしまいました。

ラフロイグにつぐ、アタシがもっとも好きなシングルモルトのタリスカー。

の、18年ってやつー!!

これは誰もが認める「あかんやつやん!」です。

いつ飲むの?

今でしょ・・って!?

いやー。

いつ飲もうかなあ・・・。

ちなみに今日は・・・

アイリッシュウイスキーの定番をぺろぺろしています。

タリスカー、いつ飲もうかなあ・・・!!!

 

【2019年1月8日】

■キャッシュカード割れていた!

昨日に引き続き、今日もたくさん都内を歩きました。

赤坂→表参道→渋谷→中目黒・・・。

しょーもない靴をはいていたからか、足の爪が割れて血が出てました。汗

ほんで。

銀行ATMにて。

キャッシュカードが割れているコトに気がつきました。

約10日で再発行してくれる、とのコトで。

キャッシュカードを新しくすると、もれなく200万円が振り込まれているそうですよ。

 

■リツイートで〇〇万円!?

SNSなどで、

『リツイートしてくれたら〇〇万円差し上げます』

といった類いをちらほら見かけます。

寂しいねえ、なんだか・・・。

そして、美しくない。

 

【2019年1月7日】

■久々!スーツで都内を歩く

数年前は神戸でシゴトしてました。

その時以来か??

ってくらい、久しぶりにスーツで都内を歩きました。

いろんなアレコレをあっという間に解決するための”準備”をしておりました。

服、ってとても面白いもので、バシーっとキメると気持ちもバシーっとなるものです。

夏に浴衣を羽織ると『粋』な気分になるし、上下スウェットでツッカケを履けば『ヤンキー』な気分になるのでしょう。

明日もバシーっとキメッキメでイキますよー♪

 

【2019年1月6日】

■ウエシマコーヒー

ウイスキーもですが、コーヒーも好きです。

どこぞの最高級豆・・・も魅力的ですが、その辺で低価格で購入できる『おいしい!』コーヒーはないか?

ということで。

たまたま見つけたウエシマコーヒーをゲットしました。

俺の自宅近所に本店があるというウエシマコーヒーは上島珈琲(UCC)、のことよね・・・??

ソレとはまた違う”うえしま”なのかなあ。

ウエシマコーヒー、ふつーにドリップしていただきました。

ふつーの、美味しいコーヒーの味がしました。

ちなみに。

俺の高校一年生の時の担任は”ウエシマ先生”でした。

『巨大な一人がけのソファ』みたいな体格で、ブチ切れるとカバとかサイとかを思い起こさせる凶暴かつキュートな先生でした。

名前が”ウエシマ”だけあって、数多くあるあだ名の1つが『UCC』だったってことは言うまでもありません。

 

■コーヒーは味だけではない

今月のモノ・マガジンのネタは、「コーヒー・オーディオ・ペン」でしたが、俺はこの3つのワードだけで、モノマガジンが何を言いたいのか、何を提案・提供したいのかがよくわかります。

コーヒーを楽しむには、素敵なオーディオと伴侶としてのペンが必要なのです。

コーヒーがただ美味しいだけ、じゃなく、コーヒーを楽しむ時間をいかに過ごすか、というトコロが大切だと思います。

こーゆーの、あらゆるコトに共通すると思いませんか?

きっと、音楽も「良い音楽」ってだけじゃ何かが足りない、ってコトになるんやろね。

音楽を楽しむためにはコーヒーやペンもいるかもしれないけど、その場の雰囲気とか一緒にいる仲間なども音楽の良し悪しに関わってきますからね。

俺、ここ数日思っているのですが。

ライブって、

『ライブハウスやバー、カフェや路上でやらなければならない!!』

ってわけじゃないよね。

そして、

『より多くのヒトの前でパフォーマンスしなければならない!』

ってわけでもないよね。

自分のライブをメインとした音楽活動の新しいカタチは、そーいったトコロにヒントがあるんじゃーないだろーかと思っています。

 

【2019年1月5日】

■ブーツ磨く

写真のブーツは2005年に購入したレッドウィングのブーツ。

ソールは3回交換してます。

まだまだ履けます。

ということで、今日はすべてのブーツの手入れをしました。

■ブーツ好きです

アメカジ系ブーツ、たくさん持ってます。

今では高額ブーツとなった、BUCOの馬革エンジニアブーツも愛用しています。

履きまくってボロボロになっても、手入れをすればさらに輝きを増すブーツ。

もう、ここ10年以上新しいブーツを購入してません。

今後、自分で購入することはないのではないでしょーか。

シューレースやソールを交換することで気分転換しながら、これからも長く付き合っていくつもりです。

 

■6thアルバムの制作

制作、してます。

→6thアルバムのテーマ(タイトルじゃないよ!)は『for you』です。
https://akirayoshida.com/diary/for-you

6thアルバムはスリーピース編成でアレンジしてます。

ギター、ベース、ドラム、ボーカルです。

オルガン・エレピくらいは弾くかもしれません。(ほなスリーピースちゃうやんけ。)

作品のデモ音源は今まで通り自宅のスタジオで作ります。

ほんちゃんのレコーディングは今回も、すべての工程を最初から最後まで全部自分でやります。

ドラムの録音は、自分で演奏することにしました。(元ドラマーなので。。)

ドラムセットとドラムRECのためのマイク、ミキサーなどを購入することにしました。

借りてもいいかな・・・と思ったけど、借りた楽器は使わないことにします。

マイクやミキサーはレンタルしてもいいかなあ・・・。

新しいベースは絶対に欲しいですねー!

国産の、ふつーのやつでいいんです。

ごくふつーの、ベースの音を出すことができるベースであればそれでいいです。(Nyuiさんかフジゲンさんが欲しいです。)

サウンドに関するこだわりとしては、「自分にしか出せない音を追求する」、のではなく、「音は自分で出します。」というだけのこと。

パソコンや音源ソフト、プラグインなどなどを使用しないぞ、ということ。(デモ音源ではガシガシ使いまくりますが。)

結果、その音は「誰かに似ている」かもしれないし、「自分にしか出せない音」かもしれない。

いずれにしても何も考えないし、奇を衒うこともないし、時代の流れに乗りも逆らいもしません。

これくらいしないと、きっと「自分史上サイコーのアルバム」を制作することはできないと思います。

何より「音楽制作を、これまで以上に楽しみたい!」から、挑戦してみようと思います。

レコーディング場所も、手の届く都内の手軽な場所ではなく、自分が訪ねてみたい場所にしばらく滞在してゆっくりと行いたいです。

ドラムとベースは北海道でゆっくり。

ギターは大阪でゆっくり。

コーラスは沖縄でゆっくり。

エレピ・オルガンは城崎温泉でゆっくり。

ミックス・マスタリングはパリでゆっくり。

打ち上げはアイラ島でシングルモルト祭り。

とか、ね。

夢見たいやろ?

いいよね、夢見るって。

音楽は自由やからね。

 

【2019年1月4日】

■リーバイス501が2歳に

39歳になったタイミングで履き始めた、レギュラーのリーバイス501。

去年のコイツはこんな感じだったようで・・・。

えー感じになってきました。

来年、新しいヤツを買おうかな!

 

■カフカと絶望

フランツ・カフカとは20世紀を代表するスーパー作家。

学生時代にカフカの『変身』を読んでぶったまげたことがありますが。

先日、古本屋で思わずジャケ買い(100yen・・)した『絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)』を読みました。

もし身近に、このような「なんでもかんでも絶望しっぱなしなヤツ」がいたらきっと、うっとーしくて仕方がない!

・・・かもしれないけど、「まったく理解できなくもない」といった絶望も綴られてありました。

絶望と希望は表裏一体だと思います。

絶望もしなくなったら、人生退屈でしょう。

希望を持っては絶望し、絶望しては希望を取り戻し・・・を繰り返す人生も悪くないはず。

人生を振り返った時に、

「俺の人生、何だったんだろう・・・」

と”絶望”することは、俺にはないはずです。

絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)』は、『今、絶望している人』が読むと良いかもしれません。

「絶望って、こんなにも退屈なんだ!!」

と思うかもしれません。

冒険や挑戦の絶えない人生を楽しみたいものです。

「それは無理!俺は凪(なぎ)がいい!!」

という人もいるでしょう。

そんな人はぜひ!

吉田の人生をブログや音楽から眺めて、そして笑ってください。

 

【2019年1月3日】

■歩く!

お正月も終わりですね。

やっと、クリスマスツリーを片付けました。

その後。

キレイな青空の下、街を歩きました。

課題や問題が次々と、それはまるで襲いかかってくるようにやってきます。

何かをやろうとすれば、ソレに対してピンポイントで『邪魔』が入ってくるのです。

歩きながら、

「どうしようか・・」

と考えます。

でも、答えというモノは単純。

俺は覚悟を決めました。

『全部、もろとも解決してやるぜ!!』

と。

家族と時間とゼニ、そして音楽にまつわるすべてを。

 

■スコッチにハマってます

吉田あきらのインスタには、安モンのスコッチウイスキーが紹介されています。

自宅でちびちびとやるのが好きなのです。

フラッと入った古本屋で、村上春樹さんの本が100円で売られていたので救出しました。

多少の知識・うんちくがあると、よりスコッチを楽しめるのでいいですね。

■『〇〇初心者』という表現

俺は「スコッチウイスキー初心者におすすめの・・・」などといった、「〇〇初心者」という表現にいちいちムカつきます。

特にムカつくのは、「万年筆初心者」。

万年筆に初心者も玄人もあるかー。

 

【2019年1月2日】

■『吉』、やけど・・・

そもそもオレ、苗字が吉田やからね。

ま、吉田やけど2019年は『吉』みたいですわ。

いいやん、『吉』でも。

■幸せとは何か?

おみくじが大吉でも大凶でも、今の自分が幸せで楽しくて、喜びに満ちているのならソレでいいはずだ。

幸せの大部分が『健康』ではないか、と思います。

やりたいことをやってて『不健康』がいいのか。

ストレスフルな毎日を送っていても健康でやりがいがあって、毎日が楽しくて喜びに満ち溢れているのなら、ソレはソレでいいのでしょう。

綺麗事ではなく、みんなが幸せなら、それでいい。

それが一番幸せだ。

幸せが壊されそうな時、俺はあなたを助けたい。

 

【2019年1月1日】

■明けましておめでとうございます

2019年がスタートしましたね。

明けましておめでとうございます。

年越しそばの次は、「年越したよねうどん」です。

元旦は実家で過ごしました。

そして今、すでに東京です☆

どうであれ、家族が元気で健康で、楽しくヤってくれたら・・・!!

新たな決意は掲げず、未来を見据えることもなく、ただただ今を生きようと思います。

本年もよろしくお願いします。

ネット社会ですが、実際にたくさん会いましょう。

会いに行くので、どしどし呼んでください♪