【2020年2月6日】寒すぎる東京にて

寒すぎわろた??
強く冷たい風が舞う、笑えないくらい寒い東京で、大量に作ったカレーのアレンジ作業です。

 

Sponsored Link

あの頃と、今と。

毎日チャリンコに乗っていますが、一番困るのが向かい風です。

これはメッセンジャー時代もそうでした。

夏の猛暑、どしゃぶりの雨、真冬の雪よりも風が苦手でした。

今日のような強い風の中チャリンコに乗ると、メッセンジャー時代を思い出します。

メッセンジャーとは自転車便のこと。

俺は6年間、メッセンジャーをやっていたことがあります。

じーっとしていることが嫌いで、体力に自信があり、ロードバイクが好きな俺にはぴったりの仕事でした。

が。

今またメッセンジャーをやれるか、やりたいかと聞かれたら、

「絶対にいや。無理。」

と答えるでしょう。

「あの頃はできたけど、今は無理。」

っていうことはたくさんあるものです。

「あんなに仲良しだったのに、今は連絡先を知らない」

とか。

「大好きで結婚したけど、今は一緒にいるのが苦痛」

とか。

人間、そんなもんです。

『あの頃と今とでは、自分が変わっている。』

って事は自然なこと。

生理現象と言ってもいいのではないか、と思います。

引っ越しや転職や再婚などは四季のようなものです。

「ああ。俺は変わっちまったな。」

ってことは向かい風ではなく、実は追い風だったりして。

向かい風に苦しむ時は、まわれ右。

あっという間に追い風です。

 
Sponsored Link


 

つくづく似ている料理と音楽

毎日行なっていること。

それは料理と音楽制作です。

料理と音楽制作は実に似ている。

ほんと、つくづくそう思います。

まるで一緒です。

大好きなカレーも、毎日同じ味のカレーを食べるのは楽しくありません。

なので、今日はオーブンにぶち込んでドリア風に。

卵があればさらに美味しかったかなー。

と、いうように。

俺の弾き語りライブは常に”アレンジ”を繰り返しています。

いつもの歌をいつものように歌い、いつものようにギターを弾くのは楽しくないのです。

だから毎回、アレンジを加えます。

それが楽しいし、自分に飽きないようにする工夫でもあります。

場合によっては、

「CDと同じようにやってよ!!」

と言われることもありますし、その気持ちもわかりますけどね。

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail
akira yoshida
吉田あきら ギタリスト・ソングライター・シンガー 毎月第二金曜日 ライブハウス新宿SACT!でワンマンライブを行っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です