ギター弾き語りを上達させるたった2つのコツ



ギターでの弾き語りにには上達させるにはコツが2つあります。

コツを知っていると上達スピードをアップさせることができると思います。

Sponsored Link



憧れからはじまった

ギター弾き語りがしたい!

と思った理由は人それぞれだと思いますが、多くの場合「憧れ」によるところが大きいのではないでしょうか。

  • 弾き語りができたら楽しそう
  • 弾き語りができたらカッコいい
  • 弾き語りを趣味にするなんてステキ

と。

でもなかなか上達しなくて悩んじゃってませんか?

  • やっぱり独学じゃ無理なのかな?
  • 習いに行くには時間もないし、お金もかかるし・・・
  • と思っているのではないですか??

     

    ギター弾き語りを上達させるにはコツがある

    ギター弾き語りの初心者あるある、としては。

  • 教本を買っても難しくてよくわからない。
  • YouTubeを見て練習してみるけど、やっぱり継続できない。
  • この弾き方で合っているのかどうか、自信がない
  • などが挙げられると思います。

    でも、いずれにしても上達したいという気持ちに変わりがないのなら、2つのコツを試してみてください。

     

    コツその1 上手な人と一緒に音を出す

    もし俺があなたにギターを教えるとして。

    あなたが初心者の場合はとくに。

    目の前で弾いている姿を見せて、目の前でギターの音色を隅々まで聞いてもらいます。

    初心者時代は、自分よりも上手な人と一緒に音を出し、自分よりも上手な人がギターを弾く姿を目に焼き付けるだけで上達します。

    一緒に音を出す!

    これは音楽の基本でもあるし、上達を加速させるコツです。

    誰だって最初は初心者です。

    下手くそな自分を恥じる必要はありませんよ。

     

    コツその2 プロみたいになりきる

    「俺は別にプロを目指しているわけじゃないし」

    って方が多くいらっしゃるでしょう。

    「好きな歌をポロンと歌えるレベルでいいし。」

    って方もいらっしゃると思います。

    いずれにしても、俺はギターの弾き語り人口が増えてくれたら嬉しいです。

    弾き語りは簡単オシャレでかっこいい!

    を定説にしたいものです。

    ある程度弾けるようになってしまった、そりゃもう・・。

    日々の暮らしの質が変わると思います。

    ES-175
    ES-175

    吉田あきらの3rdアルバム”夜明け前”はガットギターと歌による弾き語りアルバムです。

    3rdアルバム”夜明け前”
    3rdアルバム”夜明け前”

    ◆試聴ダウンロードはコチラ
    https://itunes.apple.com/jp/album/ye-mingke-qian/id1001511500

     
    3rdアルバム”夜明け前”で演奏されているギターテクニックはごく基本的なものです。

    難しいテクニックはありません。

    でも。

    初心者や不慣れなキッズにはとても難しいことをしているように聞こえるかもしれません。

    超一流のプロが吉田あきらの3rdアルバム”夜明け前”を聞いたら、もしかしたら『まだまだひよっこだな、坊主。。』という評価を下されるかもしれません。

    それはそれで無視するとして・・・。

    『なぜ、吉田あきらの弾き語りにおけるギターアレンジは難しそうに聞こえるのか』

    を本人なりに、簡単に解析したいと思います。

     

    弾き語りはアレンジを一元化したものである

    弾き語りをする時のアレンジは、アルペジオかストロークかの二者択一ではありません。

    アレンジとは”テクニックを当てはめる作業”ではないのです。

    バンドにおけるベースやドラム、キーボード、サックスなどなどを『ギター1本で表現する』のが弾き語りのアレンジです。

    ので、各楽器の音色を知り、あらゆる楽曲を細部にわたって聞き分ける耳があれば、より豊かな”弾き語り”を楽しむことができるでしょう。

    さまざまな楽器に触れる

    吉田あきらは高校生時代、吹奏楽部でパーカッションをやってました。

    吉田が演奏できる楽器は・・・

    • ギター(エレキ・アコギ・ガット)
    • エレキベース
    • ドラムス・カフォン
    • マーチングドラムやシロフォン、ティンパニなど
    • ハーモニカ(ブルースハープ)

    などなどです。

    で、楽器じゃないけどDAW/DTMは

    • Cubase

    を完璧に操ることができます。

    ギターだけをシコシコ練習していたとしたら、今のようなプレイスタイルは身についていないでしょう。

     

    鏡の前で練習しよう
    自分がギターを弾いている姿を眺めながら、

    「あー、俺ってかっこいいな!」

    と、うっとりしながら練習しましょう。

    自分よりも上手な人をイメージしながら、プロみたいに弾いている自分を好きになりましょう。

    楽しくかっこよく練習することで、練習をより継続しやすくさせるのではないかと思います。

     
    Sponsored Link



    Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail
    akira yoshida
    吉田あきら ギタリスト・ソングライター・シンガー 毎月第二金曜日 ライブハウス新宿SACT!でワンマンライブを行っています。

    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です