おすすめします!NAZCAとL.L.Beanが最高すぎる理由

愛用のギターケースはNAZCAです。おすすめです。約5年くらい使ってますが、過去最高の使い心地です。L.L.Beanのトートバッグは、言うまでもなく歴史上最強かつ最高の傑作品です。おすすめです。

Sponsored Link


 

ギターケースはNAZCA


アコギ用とエレキ用の2つ持ってます。

NAZCAのギターケースの何がいいって、

  • かなり軽い
  • かなり丈夫
  • 楽器に優しい
  • 上質のリュックばりに背負いやすい

ってところです。

  • ガットギター
  • チューナー
  • ピック
  • カポタスト
  • シールド
  • ストラップ
  • 五線譜と鉛筆

を入れるくらいのレベルなら、NAZCAのギターケースだと『楽勝』です。

重さをまったく感じない・・・ってくらい『楽勝』です。

ケースごと転倒させてしまったとしても、ギターが壊れることはない・・・ってくらい丁寧に守ってくれるのも頼りになるところです。

NAZCAはリペアも丁寧。

カスタムオーダーもできるみたいです。

■NAZCAのギターケース
https://birdlandguitars.com/nazca/

 

L.L.Beanのトートバッグ


トートバッグと言えばL.L.Bean。

ちまたでもよく見かけます。

俺にとってはえーとこだらけのトートバッグです。

なにがサイコーって・・・

  • デザインがシンプル
  • ものすごく軽い
  • ザバザバと洗える(洗うとカチコチになる)
  • デカイ
  • 丈夫すぎる

ってとこ。

気に入っているポイントはNAZCAのギターケースと似ています。

例えば、俺はだいたい、

  • ノート
  • 手帳
  • 本2冊
  • 財布
  • キーケース
  • ペットボトル
  • エフェクター(ブースター・ディレイ・トレモロ)
  • パワーサプライ

をザクっとL.L.Beanのトートバッグに入れて、ザクっと担いでザクザク移動しています。

この、”ザクっと感”を演出してくれるのがL.L.Beanです。

電車でリハに行く時にコロコロを使わない場合はL.L.Beanの一択です。

■L.L.BEANのトートバッグ
http://www.llbean.co.jp/shop/c/c106010/

リハーサルやライブ時の転換などにもおすすめ

街のリハスタなどで、時間の合図でピカピカ光り出す。

スタッフが入ってきてプレッシャーをかけてくる。

そしたら、足元の機材や譜面やペットボトルなどをとりあえずL.L.Beanのトートバッグにぶち込んでスタジオを出て、ロビーでゆっくり片付ける。

これがいいんです。

対バンライブの転換でも、とりあえずNAZCAとL.L.Beanにモノをぶち込んで楽屋へゴー。

ゆっくり片付けるのがいいんです。

ファッションとしても、実用性のある道具としても、NAZCAとL.L.Beanはおすすめしたいギアなのであります。

 

関連ブログ

■サントリーオールド
https://akirayoshida.com/diary/suntory-old-whisky

■ワイルドスワンズ
https://akirayoshida.com/diary/cou-circulo

■MOLESKINE(モレスキン)とSTAEDTLER(ステッドラー)
https://akirayoshida.com/diary/moleskine-staedtler

■エレキギターと万年筆の共通点
https://akirayoshida.com/diary/guitar-fountain-pen

 
Sponsored Link

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail
akira yoshida
吉田あきら ギタリスト・ソングライター・シンガー 毎月第二金曜日 ライブハウス新宿SACT!でワンマンライブを行っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です