『ヨシダアキラ』のソロプロジェクト『FullKish(フルキッシュ)』について

akira yoshida NEW!
吉田あきら
スポンサーリンク

2022年から、吉田あきらは『ヨシダアキラ』となり、ソロプロジェクト『FullKish(フルキッシュ)』の活動を開始いたします。

 

ソロプロジェクト『FullKish(フルキッシュ)』とは

吉田あきらが『吉田あきら』として音楽活動を開始してから、2022年で丸20年となります。

ソレを記念して、

『FullKish(フルキッシュ)』

を立ち上げました。

『FullKish(フルキッシュ)』とは、ヨシダアキラが考えた造語です。

おもしろおかしく、誰もが楽しめるような、ビューティフル(beautiful)でワンダフル(wonderful)で、ソウルフル(soulful)な音楽を、パンキッシュ(punkish)かつファンキッシュ(funkish)にフルパワー(fullpower)でやっていこう!

という意味が含まれています。

 

今までの『吉田あきら作品』はどうなる?そしてこれからは・・・??

吉田あきらは計5枚のアルバムをリリースしてきました。

今後、CD販売/配信ダウンロード等は行われません。

しかし!!

『FullKish(フルキッシュ)のヨシダアキラ』として、『吉田あきら』の歌・曲を再レコーディングする計画があります。

それらは音楽ストリーミングサービスやYouTube等で楽しんでいただけます。

少しお時間をいただきますが、楽しみにお待ちください。

 

現在、アルバム制作中です

2022年から活動を開始する『FullKish(フルキッシュ)』は、現在アルバム制作中です。

”吉田あきらっぽさ”を残しながら、”FullKish(フルキッシュ)らしさ”も取り入れつつ、ポピュラリティのある作品に仕上げようとがんばってます。

ぜひぜひ、応援してやってください。

 

追記

さて。

最後に。

ヨシダアキラの『FullKish(フルキッシュ)』ですが、『FullKish(フルキッシュ)』をどのように発音しようか・・・と悩んでいます。

『FullKish(フルキッシュ)』は『FullKish(フルキッシュ)』でも、

『①.”フ”ルキッシュ』

と、最初の『フ』にアクセントを付けるのか。

または、

『②.”フルキ”ッシュ』

と、関西弁風のアクセントで発音するのか。

または、

『③.fullkish(ふぅーきっ..)

のように、正しく英語発音するのか・・・。

広島風だと、

『④.フルッシュ』

と、”キ”にアクセントが付くというはなし・・・。

ほんでもう1つ。

『FullKish』の表記の件。

今現在は”FullKish”と、「FとKを大文字」としてますが・・・。

  1. Full Kish(間あける)
  2. Fullkish(最初のFだけ大文字)
  3. fullkish(全部小文字)

などなど候補があります。

やれやれ。

どれがいいかなあ・・。

 

コメント