【試聴できます】4thアルバム 風と郷愁


吉田あきらの4thアルバムは『風と郷愁』です。

吉田あきらのオールアローン作品です。

試聴できます!!!

Sponsored Link




 

サウンドクラウドで試聴できます

■M-1 風の歌を聴け
https://soundcloud.com/akira-the-music/hear-the-wind-singkaze-no-uta-wo-kike
 
■M-6 スタートライン
https://soundcloud.com/akira-the-music/start-line

 

ご購入方法

吉田あきら4thアルバム『風と郷愁』は6曲入り2000yenです。

ライブ会場で販売します。

「ライブ会場に行けないけど欲しい!!」って場合は郵送でも受け付けています。(送料は一律500yenいただきます・・・m(_ _)m)

ご希望の方はinfo@akirayoshida.comまでお知らせください。

ご購入方法などの詳細を返信いたします。

 

オールアローン作品

前作『夜明け前』は、ガットギターと歌の同時録音作品。

いわゆる”ギター弾き語り”、の超シンプルなアレンジでした。

ほぼ全曲が1パツ目のテイクを採用しています。

ギミックなしの、すっぽんぽんのアルバムです。

今回の『風と郷愁』はドラムやベース、ピアノやオルガンの演奏&打ち込みはすべて自分でやりました。

逃げも隠れもできないアルバムです。

聴き比べてください!

3rdアルバム『夜明け前』と4thアルバム『風と郷愁』を聴き比べて感じてもらえたらなーって思います。

んで、そこにある吉田あきらの”超シンプルな音楽愛”を共有できたら嬉しいです。

 

制作方法

CUBASEをベースに、BFD2やKOMPLETEを使いました。

リズムは実際に”手”で”打ち込み”ました。

ボーカルピッチの修正はしてません。

ベースはフェンダーのプレべにフラットワウンドを張り、指で弾きました。

個人的に「歌うたいが弾くベースライン」が表現できて気に入ってます。

シンセのエンベロープなどは、KOMPLETE KONTROLのツマミをいじって作りました。

宅録キッズにも聴いて欲しいし、弾き語りキッズにも参考にして欲しい。

それぞれの演奏やそれぞれのアレンジ、それぞれのミックスに”甘い”ところがあるでしょう。

そこは、「すべて1人でやるというアート」という価値観で楽しんでもらえたら嬉しいです。

すべてにおいてスペシャルな人材を起用したとしても、優れたアート作品には仕上がらないのですから。

ジャケデザイン

CDのデザインは遠藤久美さんと木村昌裕さんにお任せしました。

遠藤久美さんが絵(ジャケット)を描いて、木村昌裕さんが仕上げた共作です。

U2の名盤『The Joshua Tree』をモチーフに、長く愛せるデザインをありがとう。

 

郵送いたします

試聴して気に入った!!というかたはぜひinfo@akirayoshida.comまでお知らせください。

購入方法の詳細をお知らせし、ご入金を確認した後、お手紙をそえて、すぐに郵送いたします。

ぜひぜひお楽しみに☆

 
Sponsored Link



Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail
akira yoshida
吉田あきら ギタリスト・ソングライター・シンガー 毎月第二金曜日 ライブハウス新宿SACT!でワンマンライブを行っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です