WILDSWANS(ワイルドスワンズ)を愛用しています



何十年と使用できて、エイジングも楽しめるWILDSWANS(ワイルドスワンズ)製品。10代の頃に財布をゲットしてからファンになり、色んなタイプを愛用しています。先日はC.O.U.銀座で愛用のバッグを手入れしてもらいました

 
Sponsored Link




 

WILDSWANS(ワイルドスワンズ)

俺はWILDSWANS(ワイルドスワンズ)のファンで、財布など20年近く愛用しています。

好きすぎて、俺の手帳はWILDSWANS(ワイルドスワンズ)のHPに載っていたりもします。

>>>http://www.wildswans.jp/cv/blog28.html

 

CIRCULO(サーキュロ)

俺の愛用バッグはWILDSWANSのCIRCULO(サーキュロ)というバッグ。

サラリーマン時代に一目惚れして購入しました。

ほぼ毎日、かなりガンガン使っています。

Tシャツに雪駄という出で立ちでも使っています。

重量がありますが、全然気にならないのはそれだけ気に入っているからだと思います。

これからもサイコーのエイジングを楽しみつつ、ともに成長したいものです。

CIRCULO
CIRCULO

 

雨に濡れるのはちょっと・・・

銀座でのラジオ収録を終えて帰宅しようと松屋銀座の外に出たら、雨が降っていました。

傘を持っていなかったし、革のバッグが雨に濡れるのは嫌やな・・・ってことで小走りでC.O.U.銀座に向かいました。

さっそく汚れを落とし、クリームを塗り込んで、防水スプレーをぶっかけてもらいました。

C.O.U.銀座はWILDSWANSの直営店で、WILDSWANSの製品のリペア・メンテナンスをしてもらえます。

 

でも、雨の日でもガンガン使う

革のバッグや靴が雨に濡れるのは嫌なもんです。

でも、それでも俺はガンガン使います。

ちゃんと手入れをすれば復活するし、多少のダメージも味の一部。

ギターやジーンズもそうですが、”使い込むことによる変化”、つまりエイジングを楽しむのもまた革製品の醍醐味でもあります。

 

使うと自然と磨かれる

WILDSWANSのような革製品はガンガン使ってなんぼ。

傷だらけなのにギラギラとした光沢を放つのがカッコいいのです。

ギラギラとさせるためには「磨く」ことが大切ですが、使っていると自然と磨かれるのです。

こんなふうに・・・。

 
Sponsored Link



 

WILDSWANSコレクション


WILDSWANS製品は上記のバッグを含め、全部で6つ所有しています。

■財布 GROUNDER(グラウンダー)


ほつれを修繕したり、ボタンを交換したりしながら、主にジーンズのケツポケット(右)に20年間入れられています。

※2017年12月、なんと!!新しい長財布『SURFS I(サーフス I)』をプレゼントしてもらいましたー。

https://www.cou-shop.jp/SHOP/products/detail.php?product_id=87

ので、GROUNDER(グラウンダー)はサンプルとして店頭で使ってもらうことにしました。

ぜひそのエイジングを確かめて、製品を購入して欲しいと思います。

モノは安くありませんが、20年使うのなら安いもんです。

 

■キーケース CLIPPER II(クリッパーII) 


キーケースは2代目です。(紛失したのです・・・。)

ジーンズのケツポケット(左)に入れられて、日々磨かれてギラギラした光沢が日々増しています。

 

■システム手帳 GENESIS(ジェネシス)


何度も紛失し、何度も帰ってくるタフなやつ。

覚えているのは、24歳の夏。

公衆電話にて急な用事に追われている時、電話の上に置きっ放しにしたのでした。

でも手帳に「拾ったら連絡ください。ポケットに二千円入れてます。受け取ってください」と書いていたので、戻ってきました。

二千円も、です。

ずーっと使っているので、これからもずーっと使います。

 

■ノートカバー OWL-A5(オウルA5)


何かを考える時、アイデアを見出す時、思考を整理する時、打ち合わせの時、暇つぶしに、気晴らしに、とにかく何でもかんでも書きまくる習慣があります。

ので、ノートは常に持ち歩いています。

とにかく書きたがりなので、ノートは無印良品の5冊200円を愛用しています。

https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4548076316152?searchno=3

そして、ノートをホッチキスでバシっと止めて、ノートカバーにセットして使っています。

 

■名刺入れ GENERAL(ジェネラル)


今は名刺を持っていないので、滅多に使わないけど持っておくべきカードなどを入れて、引き出しに入れています。

 

ときどきブラシを


革製品はブラッシングをするだけで輝きを増します。

豊かなエイジングをサポートするためにも、大きめのブラシを1つ持っておくといいですね!

 

サイコーのものを1つだけ

サイコーのものを1つだけ持って、それをひたすら使いまくるのが好きです。

「お前、それしか持ってないんか?」「いーっつもソレやな、お前は。」って言われるのが至福の喜びでもあります。

継ぎ接ぎだらけのジョンロブやギーブス&ホークスを愛用しているチャールズ皇太子なんてサイコーにかっこいいと思います。

 

ありがとう!の気持ちを込めて

ファッションにおいては『気に入っていないものは持たない』というスタイル。

サイコーだと思います。

というわけで。

  • あまり気に入っていない
  • 修理修繕ができない
  • 今の自分を表すものではない

といった服やその他雑貨系を先日から段ボールにぶちこみはじめています。

「今までありがとう!」という感謝も込めて、もろとも寄付することにしたのです。

昔はガチンコのアメカジ&古着野郎でしたが、趣味嗜好が変わってきたんです。

過去にさよなら。

新しいスタイルを迎え入れる準備は楽しいもんです。

 

おすすめブログ

■エレキギターと万年筆
akirayoshida.com/diary/guitar-fountain-pen

■サントリーオールド
http://akirayoshida.com/diary/suntory-old-whisky

■ワイルドスワンズ
http://akirayoshida.com/diary/cou-circulo

■MOLESKINE(モレスキン)とSTAEDTLER(ステッドラー)
http://akirayoshida.com/diary/moleskine-staedtler

■ギターケースとトートバッグ
http://akirayoshida.com/diary/nazca-llbean

 



Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail
akira yoshida
吉田あきら ギタリスト・ソングライター・シンガー 毎月第二金曜日 ライブハウス新宿SACT!でワンマンライブを行っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です