エレキde弾き語り_『シロタマを揺らせ』

ギターでの弾き語りといえばアコギです。

が、もちろんエレキでもできます。

エレキのほうが、カンタンで雰囲気が出しやすいです。

かつ、”エレキ弾き語りスト”はとても少ないです。

カッコよくやっているのは吉田あきらくらいのもんです。

Sponsored Link



吉田あきらのライブセッティングはコチラです。

新宿SACT!でのライブセッティング
新宿SACT!でのライブセッティング

 

写真の一番右がエレキギター。

PGM製の白いストラトキャスターです。

エレキギターの左側に置かれている四角いヤツがギターアンプです。

フェンダーのチャンプっていう名前のアンプです。世界一好きなアンプです。

オレは”象”と呼んでます。

中央足元にエフェクターボードが置かれています。

ボードにセッティングされているdemeterのトレモロを多用します。

このトレモロをオンにすると、ホワンホワンという音が出ます。

エレキをポロンと弾いて、ホワンホワンと鳴らすと、それはまるでオルガンのようです。

ポロン→ホワンホワン→ホワンホワン→・・・。

と弾きます。せわしなくガシガシと弾きません。

タイトルにあるように『シロタマを揺らせ』です。

ここでいうシロタマとは音符のことですね。

全音符、または二分音符を指す場合が多いです。

コレがキマるとハマります。

スタジオでも、

『そこのストロークはシロタマでいいんじゃない?』

とか、

『シロタマ系の鍵盤欲しいわー』

とか。

『pad鳴らそか、シロタマで』

とか、何かとシロタマを連呼します。

 

アコギでの弾き語りに飽きてきた方はぜひエレキに挑戦してみてほしいです。

コツはたくさんありますが、カンタンなのはトレモロでシロタマを揺らす、です。

トレモロって何?なハナシは吉田あきら本人に聞いてみてください。

吉田あきらのエレキにトレモロは必須です。

新宿SACT!でなら実演できるのでぜひ第四金曜日におこしやす☆

おまちんぐ。

※ライブスケジュールはコチラ

 

 

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail
akira yoshida
吉田あきら ギタリスト・ソングライター・シンガー 毎月第二金曜日 ライブハウス新宿SACT!でワンマンライブを行っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です