【ライブ】トニーニョオルタ@代官山晴れたら空に豆まいて

ブラジルの巨匠、トニーニョオルタ様のライブを堪能してまいりました。

Sponsored Link




 

Toninho Horta(トニーニョオルタ)

俺がトニーニョ様の存在を知ったのはSaigenji(さいげんじ)さんの音楽から。

Saigenjiさんの”Music Junkie”という代表曲があります。

その歌に、”トニーニョのハーモニー・・・”という歌詞が出てきます。

当時トニーニョ様を知らなかったので、”トニーニョ”を調べて、そして知ったというわけです。

 

ライブ中、ディレイかけっぱなし

複雑なテンションコードを織り交ぜての弾き語りライブ。

終始、ディレイがかかってました。

あれ、どーゆー意図があるんやろー。

 

オーディエンスがすごい!!

トニーニョ様がお客さんにコーラスパートを歌わせる、というシーンがありました。

お客さんはコーラスパートを覚え、流暢なポルトガル語でトニーニョ様と一緒に歌いました。

そう。

お客さんのポルトガル語力や、トニーニョ様の歌の歌詞の記憶力に驚きました。

「トニーニョのことが本当に好きな人たちが集まっているんだな」

ということがすぐにわかりました。

 

人柄

音楽が素晴らしいのは言うまでもないけど、やっぱり人柄ちゃうかなー、なんて思いました。

トニーニョ様の人柄は実際知りませんが、”えー人”ってことはわかります。

ピースな人、と言いますか。

じんわり温かくなるようなオーラを持っています。

そして”ギラギラ感”。

まだまだイケまっせ、なギラつきがセクシーさを輝かせているのでは、と思いました。

 

テンションコードとリズム

トニーニョ様のソロプレイは素晴らしい。

絶妙なコード感とリズム感。

ワールドクラスの、トニーニョならではな感じ。

これぞオリジナル!というか。

俺もコードの響きとリズムでオリジナリティを演出できるような渋いミュージシャンになりたいなーと思ったのでした。

 
Sponsored Link



Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail
akira yoshida
吉田あきら ギタリスト・ソングライター・シンガー 毎月第二金曜日 ライブハウス新宿SACT!でワンマンライブを行っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です