英国からBarbour(バブアー)のライナーがやってきた

もっぱら!

俺のアウターはBarbour(バブアー)のBEDALE(ビデイル)です。

真冬用の対策として、BEDALE(ビデイル)に取り付けられるインナーライナーをゲットいたしました。

 

Sponsored Link

Barbour(バブアー)のBEDALE(ビデイル)とは

イギリスの老舗アウトドアブランドであるBarbour(バブアー)の、BEDALE(ビデイル)という名前が付けられたジャケットです。

着込むごとに『味』が出てきます。

最近はバブアー女子、なんて言葉もちらほら聞きます。

昔から人気のあるアウトドアブランドの人気モデルが、Barbour(バブアー)のBEDALE(ビデイル)です。

 

真冬はこれ!!Barbour(バブアー)のライナー


Barbour(バブアー)のBEDALE(ビデイル)は、真冬のアウターとしてはちょいと弱い。(イタ冷たいのです。)

だから、

「Barbour(バブアー)では寒いなあ。」

な時は、インナーにニットなどを着ましょう、と、通(ツウ)は言うようです。

ユニクロのヒートテックを愛用している人も多いようですね。

いやいや。

ニットもヒートテックも着ません。

俺がBarbour(バブアー)を着るのであって、Barbour(バブアー)が俺を着るのではない。

もちろん俺自身も、自分の体に着用するインナーの工夫をして、より快適にBarbour(バブアー)のBEDALE(ビデイル)を楽しめるようにする。

としたらなおさら、Barbour(バブアー)のBEDALE(ビデイル)側からも俺に歩み寄りを見せるべきである。

Barbour(バブアー)側から俺に着てもらえるように、歩み寄ってきてもらいたいところ。

という理由で購入を決意したモノが、Barbour(バブアー)のライナーです。

先日注文して、先ほどイギリスから我が家に到着いたしました。

 

WARM PILE WAISTCOAT ZIP-IN LINER


アクリルファーなベスト、な佇まいのライナーです。

Barbour(バブアー)のBEDALE(ビデイル)にファスナーで簡単に取り付け・取り外しをすることができます。

ライナー自体は

「おお。軽いな。」

と感じました。

が。

実際に取り付けて羽織ると、

「おお。重たいな。」

と感じました。

どっちやねん・・・。

ええ、重たいな。

立体的で分厚いです。

めっちゃんこヌクヌクのホカホカ。

ぽっかぽか。

このライナーは寒い冬の良き相棒となること間違いなしです。

 

部屋着としても・・・

このライナーのみを着て外出することはおそらくありませんが、部屋着のベストとしてはじゅーぶん使えると思います。

実際、現在Tシャツの上から着ています。

汗かくほどヌクヌクのホカホカ。

ぽっかぽかです。

個人的に「おじいちゃん感」が強いなーといった色とデザインが、なんともニクい&シブい。(若干ダサい。)

ボロボロのヨレヨレになるまで、着るで。着るで。着るで。

 

さて、次は??

「2020年はモノを買わない!」

と決めたのに。

早速1月にこのライナーをゲットしてしまいました。

「買わない。2020年は買わない。今年一年は、何も買わない!!」

と、決めたのに。

男なら、決めたことは守らなければなりません。

当然ですよね。

男なんですから。

もう、買いません。

 
Sponsored Link

吉田あきらのモノ

誰も興味ないことではありますが、”俺のお気に入りのモノ”・”毎日愛用しているモノ”などを今後このブログにアップしていけたらいいなーと思っています。

俺のようなファッションや、俺のようなライフスタイルが、ニッチでマニアックな誰かの参考になるかもしれないし、実際なりつつあるようでして。

愛用品の経年変化(経年美化)を記録できるし、という気持ちもあります。

愛用品をはっきりさせておくと、愛用品以外のモノがはっきりして、良い”断捨離”につながるのでは、という期待もあります。

経年変化を記録する、という意味では。

俺自身の写真をもっとアップできたらいいなー。(ほうれい線がくっきりしてきました。アンチエイジング。たたかうで。)

自分の老い(劣化)も記録できるのでええなあ、と思っているのですが。

自撮りって、難しいねー・・・。

 

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail
akira yoshida
奈良県産 昭和53年式 ギタリスト・ソングライター・シンガー

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です