【サウンド検証】大人気!BOSS MS-3でワウ(Wah)を弾いてみた!

大人気のマルチエフェクター・スイッチャーであるBOSS MS-3には数種類のワウモデルがシミュレートされています。

それぞれどのようなサウンドなのか、テレキャスターで実際に弾いてみたので参考にしてください。

Sponsored Link


 

BOSS MS-3

2017年6月に発売されたBOSS MS-3。

それがどんなもんかは、ググれば大量に出てきます。

マルチエフェクターでありながら、お気に入りのペダルを3つ接続できて、カレントナンバーやアサイン機能を使えば仮想8プリセットいけちゃうすげーやつ。

ギターアンプの切り替えから、MIDIの操作までこれ1台でできちゃいます。

歪み系と空間系はあり余るほどぶち込まれています。

エレキギターはもちろん、ベースにもアコギにも超絶愛用している超絶お気に入りのギアです。

(アコギ、に関しては、2017年の森友嵐士ライブ、そして CHIROLYNライブでBOSS MS-3を使いました。)

ボディは小さく重くなく、ギターケースにすっぽり入って、お値段は50,000yen以下。

「絶対に欲しい!」

ということで、初回入荷分を予約してもぎとった戦利品でもあります。

OSS ( ボス ) / MS-3 Multi Effects Switcher
OSS ( ボス ) / MS-3 Multi Effects Switcher

 

WAHサウンドの検証

今回は様々なサウンド、様々な使い方のあるBOSS MS-3の、ワウサウンドを検証します。

■BOSS MS-3の歪み系検証ブログはこちら
https://akirayoshida.com/diary/boss-ms-3-bd-2

■BOSS愛を語るブログはこちら
https://akirayoshida.com/diary/love-boss-pedal

WAHとはワウでありまして、ギター(やベース)をワウワウと鳴らすためのエフェクターです。

俺が最初に買ったエフェクターはワウです。

ワウ、大好きです。

■ワウペダルのブログ
https://akirayoshida.com/diary/wahwah

BOSS MS-3にはたくさんのワウが入ってます。

1つずつチェックします。

ぜひサンプル音源をチェックしてみてください。

 

テレキャスターのセンターP.Uと、RolandのBLUESCUBEを使用

K.Nyui製のテレキャスター、センターのピックアップをセレクト。

■参考ブログ
akirayoshida.com/diary/telecaster

そしてギターアンプは大好きなRolandのBLUESCUBEを使いました。

セッティングはクリーンモードで、EQはできるだけフラットに。

マイクは定番のSHURE ( シュアー ) SM57で、アンプのど真ん中を狙って録音しました。

オーディオインターフェースは抜群の音質で信頼しまくりのRME BABYFACE PRO。

DAWソフトはCubase Pro 9.5です。

録り音がこもっているかもしれませんが、あえてEQ処置はほどこしていませんので、ご考慮ください!

■BLUESCUBEってどんなアンプ??
akirayoshida.com/diary/bluescube

ワウサウンドを出すために、BOSS MS-3にBOSSのEV-30というエクスプレッションペダルを接続しました。

BOSS ( ボス ) / EV-30

シールドはふつーの、その辺のモガミです。

 

CRY WAH

70年代のクライベイビーがモデリングされています。

一般的な、なじみのあるワウサウンドです。

■サンプル音源はこちら。

 

VO WAH

VOX V846がモデリングされています。

CRY WAHよりもおしとやかで、主張がやさしいですね。

■サンプル音源はこちら。

 

FAT WAH

図太い音色のワウサウンドです。

サンプル音源はこもっていますが、本チャンではEQで好みの音色に仕上げたいところです。

■サンプル音源はこちら。

 

LIGHT WAH

クセのない上品なワウです。

クールなバッキングで使えそうな雰囲気があります。

■サンプル音源はこちら。

 

7STR

7弦ギターやバリトンギターの音域まで対応した、可変範囲の広いワウです。

俺は使わないな・・・。

■サンプル音源はこちら。

 

RESO WAH

アナログ・シンセのフィルターを発展させた、独特の効果が得られるワウです。

まー・・・俺は使わないな・・・。

■サンプル音源はこちら。

T.WAH

タッチワウのサウンドです。

スティーヴィーサラスになりきるためには必須のワウサウンドです。

■サンプル音源はこちら。

 

AUTO WAH

オートワウのサウンドです。

エクスプレッションペダルがないときや、踏むのがメンドーな時には便利かと。

■サンプル音源はこちら。

 

まとめ

1つずつワウを持ち運ぶ・・・なんて想像しただけでゾッとします。

便利な時代になりましたね。

サウンドを聞いて、どう感じましたか??

(へたっぴでごめーんねー。)

BOSS MS-3は1台あると泣きそうなくらい便利で、かつサウンドもグッド。

BOSSのサウンドが嫌い!!ってひとでなければ必ず「使い方」があり、「便利すぎー!!」と叫ぶ瞬間が何度もあると思うのでおすすめです。

関連ブログ

テレキャスターが必要な理由
https://akirayoshida.com/diary/telecaster

【ギターアンプ論】Roland JC-120のメリット
https://akirayoshida.com/diary/jc-120

ソリッドステートアンプの代表格『Roland BLUES CUBE』レビュー
https://akirayoshida.com/diary/bluescube

Sponsored Link

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail
akira yoshida
吉田あきら ギタリスト・ソングライター・シンガー 毎月第二金曜日 ライブハウス新宿SACT!でワンマンライブを行っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です