【ギター無窮動トレーニングが楽しい】質より量!弾きまくって体で覚える!

練習みたいなもんは、やっぱり質より量が楽しいですよね。

アタマばっかり使ってたら、面白くないですよね。

 

Sponsored Link


 

練習は”質より量”なモードです

例えば。

『キャベツの千切りをマスターしよう!』とする場合。

「キャベツ 千切り コツ」

といったワードでググって、動画を観ながらスマートに練習するか。

または。

包丁をギラギラに研いで、八百屋でキャベツを5万個買って、指先を血だらけにしながら、ひたすら切りまくるか。

どちらが正しいか・・・、ってことは重要ではなく。

今のボクなら、後者を選びたいモードなんです!

という話なんです。

例えば。

『上手に歌いたい!』

なら、ボイトレの先生を探すことはせず、カラオケに行って、手当たり次第歌いまくりたい。

そんなモードなんですっ!

昭和のオトコの練習はやっぱ、”質より量”っしょ!

というモードのボクにぴったりな、とても嬉しいギター練習本と出会いました。

 

ひたすら弾きまくれ!ギター無窮動トレーニング!

道下和彦さんによる、『ギター無窮動トレーニング 効果絶大のノンストップ練習』というタイトルの教本です。

ラリった坊主がお経を絶叫するが如く、ひたすら延々と弾きまくって恩恵・ご利益を得るという練習方法。

凝り固まったボクの心身に効く!、と感じています。

ギターと仲良くなるためには、もちろん理論的に理解することも大切ではありますが、

「まーまー。まずは指と体に覚えさせましょう。理屈は後から。後から。」

という思想もきっと大切です。

この教本、体で覚えたがりの俺にはめちゃ楽しいんです。

無窮動、とは「むきゅうどう」と読みます。

むかしむかし、パガニーニという変態音楽家が「無窮動 op.11」という曲を作ったそうです。

無窮動は、クラシックでは『常動曲(じょうどうきょく)』と呼ばれている、とか。

休符なしで、取り憑かれたかのようにひったすら弾きまくり、最後まで弾いたら最初に戻って延々とリピートし続けます。

そんな無窮動なギター練習にハマってますよ、というボクなんです。

練習不足でナマっている指に効きます。

退屈な手グセの矯正に効きます。

とりあえずががががーっと指を動かすのでボケ防止に効きます。

無窮動トレーニングを日々の習慣にしよう。

トレーニングの成果が楽しみです。

ボクはもっと、自由にギターを奏でられるようになりたい。

そのための練習量なら、練習の質を犠牲にしてもいいんです。

 

タブ譜なしのギター無窮動トレーニングもある!

ボクが愛用しているのは、タブ譜なしのやつです。

読譜が苦手なボクにとっては実にムズカシイのですが、タブ譜なしはなしで、たくさんメリットがあるような気がします。

「ド」は「ド」でも、ポジションによって響きが異なるってのがギターの特徴です。

「弾きやすさ」や「音の響き」を考慮して、自分なりの運指を探るのもまた楽しいものです。

 
Sponsored Link

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail
ヨシダアキラ(ex吉田あきら)
奈良県産 昭和53年式 ギタリスト・ソングライター・シンガー 2022年からソロプロジェクト『フルキッシュ/FullKish』始動

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です