工場見学して感じた!ヤイリギター5つの魅力



岐阜は可児市のヤイリギターを訪れました。

ヤイリギターとは世界中のトップミュージシャンたちに愛されている、誰もが認める素晴らしいギターメーカーです。

 

Sponsored Link


 

魅力1.ギター材に対するこだわり


ギター製作に使われる天然木材は、2年から20年自然乾燥させるそうです。

そのため、ヤイリギターの工場は『風通しの良い場所』が選ばれたんだとか。

こだわりのスケールが大きい!

 

魅力2.圧倒的なクラフトマンシップ


ヤイリギターは様々な製作過程を経て、市場に出荷されます。

  1. 使う木を選んで、
  2. 枠組みを作ったり、
  3. 組み合わせたり、
  4. 削ったり、
  5. 塗装をしたり、
  6. 磨いたり、
  7. 検品したり、

などなど。

それぞれにそれぞれの超一流職人が担当されているのだと。

長い修行を積んだ、本物の技術を持った職人。。。

かっこいい!!

ギターが好きで、ヤイリギターが好きで、自分の腕に誇りを持って、黙々と作業をされている姿はとても美しいですね。

 

魅力3.カスタムショップ


ヤイリギターのカスタムショップ・・・とは。

ざっくり言うと、ギター製作におけるすべての工程を1人の職人が担当します。

ヤイリギターのカスタムショップは、

  • 小池健司(マスタークラフトマン)
  • 丹羽雪男(マスタークラフトマン)
  • 道前暁伸(クラフトマン)
  • 松尾浩(リペアクラフトマン)

が在籍し、製作を行っておられます。

 

ヤイリギターの道前さん

道前さんが製作したギターを使わせてもらっている俺。

そのご本人とご対面。

いかがでしょうか。

この、写真を撮られ慣れしたステキな笑顔。(笑笑)

せっかくなので、色々な質問をしました。

ざっくりと、

「何を考えて作ってるの??」

と。

「製作の過程で、どの辺りから音色が見えてくるの??」

とか。

道前さんは答えました。

「わからないよね。だって、木だから。」

と。

そりゃそうだ。

作ってみて、たくさん弾かないと、そのギターの素晴らしさなんてわからないよね。

 

魅力4.板前と調理場を客に見せる料亭のごとく


どんな顔した職人が、どんな工具で作業して、それがどのように出荷されていくのか。

その一部始終をすべて見せてくれる工場見学。

丁寧に解説までしてくれます。

ギター歴が30年近い俺でも、

「見たことないわー」

なトコロまで見せてくれます。

しかも、工場見学は無料。

それは高級料亭のカウンターから眺める、板前の包丁さばきと美しい調理場に似ています。

扉の向こうで、コソコソとレンチンしているファミレスじゃないぜ、ってことです。(ファミレス大好きですよ、俺。笑)

 
Sponsored Link


 

魅力4.遊び心


トラディショナルなハイグレードギターも作るけど、遊び心あふれるギターもたくさん作っているヤイリギター。

一五一会(いちごいちえ)という、BIGINと共同で開発された、「誰でも簡単に弾ける楽器」を作ったり。

一五一会

ボディがお尻のカタチをしたギターを作ったり。(弾きたい、というよりも触りたくなるギターやな。)

楽しんでますよね、ギターを。ギター製作を。ギター販売を。

弾く人も、作る人も、楽しむってとても大切ですよね。

ギターが弾けない、弾く気がない、って人でも、部屋に飾りたくなりますよね。

 

魅力5.永久保証


ヤイリギターは孫の代まで愛用できるギターです。

ギターのメンテナンスは弾きまくるのが一番!!

ですが、弾きまくれば当然不具合は出ますし、消耗品の交換は必要です。

不具合が出たらすかさずリペア。

フレットやナットがすり減ったらすかさずリペア。

ヤイリギターは生涯永久保証です。

■ヤイリギターのリペアはこちら
http://www.yairi.co.jp/user/repair.html

ヤイリギターに興味のある方はぜひ、見学をされてみてはいかがでしょうか。

■工場見学のお問い合わせはこちら
http://www.yairi.co.jp/about/factory.html

工場見学のあとは・・・

下呂温泉

電車に揺れれ、下呂温泉へと連れて行ってもらいましたー!!

あっという間に廃人。

もう人間には戻れませんでしたとさ。

げろげろー

 
Sponsored Link

 

おすすめブログ

■ヤイリギターと、西野春平さんのギター
https://akirayoshida.com/diary/k-yairi-michimae-nishino-guitar

■西野春平さんのアコギ
https://akirayoshida.com/diary/nishino-guitar-2006

■アコギでライブするなら・・・!!
https://akirayoshida.com/diary/acousticguitar-pickup

■アコギの弦で悩んだら・・・!!
https://akirayoshida.com/diary/guitar-strings

 
Sponsored Link

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail
akira yoshida
奈良県産 昭和53年式 ギタリスト・ソングライター・シンガー

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です